pairs

SEX

SEXしたいから男は恋愛するのか?「恋愛」の男女間の違いとは

投稿日:2016年12月2日 更新日:


男性と女性の間には大きな溝があります。
もともと、脳の仕組みが違うので、仕方が無いといったらそれまでですが、違いを理解しないままお付き合いをすると、付き合った後に「なんか違う」とすぐフラれてしまったり、友達のような関係が続いたりして上手くいかない事も増えてしまいます。
では、男性と女性の間にあるお付き合いの定義の差とはどんなものなのでしょうか?一緒に考えて行きましょう。

女性のお付き合いはジワジワ盛り上がる

女性はその場でSEXというより相手の男性のことを時間をかけて考えます。
女性は、お付き合いをしたいと考えるまでには男性よりも時間がかかります。

ですが例外もあります。それはイケメンに出会ったとき。どうしても最初は見た目重視です。
女性は、本能的に良い遺伝子を求めようとする傾向があるので、もちろんイケメンには弱いんです。(それだけ顔がよければ人生をプラスに歩んでいけると本能が感じるため)
ですから、イケメンでスタイルも良く優しい男性に関しては、その日のうちにベッドインしてしまう女性も少なくありません。

でも、大多数の男性は見た目がそこそこという事が多いので、付き合いたいと思える部分(見た目意外)が見つからないとその気にはなりませんし、その気になれない相手とはSEXだってしたくありません。女性はもし、見た目がそこそこの男性に付き合いたいと思える部分があれば時間をかけて判断したいものなのです。

見た目の部分(「見た目意外の部分」なのでは)は、出会った当日では理解しようがありませんし、自分が生理的に無理と判断した男性で無い限りは、何回かデートを重ねて相手を観察したいと考えます。
「最初は友達から」という女性にはそういった本音も混ざっている可能性があります。
そこで、男性にSEXをせかされたりしようものなら、「コイツはヤリチンだ」「いい加減なチャラ男だ」とマイナスのレッテルを貼られ完全に排除されます。
一度「ヤリチン」「チャラ男」レッテルを貼られてしまうと払しょくするのはなかなか大変です。初めから性欲を匂わせないようにデートでは手をつなぐだけ、話をするだけなど慎重に行動しましょう。

女性と本気で付き合いたいのなら、少しずつ盛り上がる女性の気持ちを理解する努力が必要です。たとえ本音が「早くベッドイン」だとしても、態度や言葉に出してはせっかく恋愛に発展しそうな可能性もゼロに。深い関係になる前に相手からは嫌われてしまうことになりかねません。

急加熱して冷めていく男性の恋愛心理

男性が目の前に居る女性を見た時、付き合えるか付き合えないかの判断は瞬間だと言われます。
視覚的にOKの女と、そうでない女を見極める能力は男性のほうがずっと長けているので、なんとなく、こういった事は女性の方が能力がありそうな印象ですが、意外ですね。
SEXできる相手イコール付き合える相手となる事も少なくないようです。
いわば、男性の恋愛のとっかかりはSEXであり、良いなと思った女性とその日のうちにベッドインできるものならしたい!というのが本音のはずです。
男性は「この女性とならセックスできる=付き合いができる」というのが本当の気持ちといってもいいでしょう。

目的を達成できるのなら、どんなクサイ言葉も、普段絶対にしないような優しさも見せ付けることができますし、ウソだって簡単に付くことができてしまうでしょう。
「愛してる」「この出会いは運命だ!」「君みたいな女に会うのは初めてだ!」などのセリフがどんどん出てくるのではないでしょうか。
でも、中にはベッドインした瞬間、いや、自分に落ちたと思った瞬間に気持ちが冷めてしまう男性もいるようです。
また、セックスをしてみないと本当にお付き合いできるかどうかがわからないという本音を漏らす男性もいます。

付き合ってからは関係が逆転する

恋人となり付き合いはじめると、男女の関係や思いは逆転します。その理由を探ってみましょう。
男性は、最初はSEXが目的であっても、本気でお付き合いする女性に対してはそれほどSEX欲をあらわにしません。
それはなぜか。男性は女性との付き合いを「癒し」と捕らえる人が多いからです。
ですから最初からSEXしたいという目的や本音を前面に押し出してこない男性は、その女性のことを真剣に思っていると言えるのです。

会社で緊張した自分を優しく迎えてくれる、帰ってくる場所を求めるからでしょう。一緒にいて安心感のある、そんな女性との付き合いを本気の時は求めています。会社から帰って笑顔の女性が待っていれば、緊張はほぐれ、心からほっとできる場所になりますよね。

そしてSEXしたいときの男性の気持ちと女性の気持ちにも違いがあります。
男性は、好きの気持ちとSEXしたい気持ちが同じベクトルの上にはなく、欲情したからSEXしたいと思いますよね?

でも、女性は逆です。好きだからSEXしたいんです。
相手の愛情を目に見える形でもらいたいからSEXを望みます。
そのために、相手からSEXしてもらえなくなると「愛されていない」と思い込み落ち込みます。
付き合ってからのセックスレスが増えるのも、実はここがかなり関係していると考えられているんです。セックスレスになってしまうと、ますます「愛されていない」という思いが大きくなり気持ちが覚めていってしまいます。
女性は、愛情を求めSEXをする。男性は性欲を満たすためにSEXするんです。
癒しを求めSEXをないがしろにすると、女性から振られる可能性が高くなります。
付き合ってからは、義務的でも定期的に彼女と体の関係を持つ事が大切です。

そこを理解すると女性と上手に付き合える

SEXの価値観の違いを理解する事で、女性にモテる男性に代わる(変わる)ことが出来ます。男と女は違うもの、そこをしっかり理解しましょう。
女性はSEXに愛されている証拠を求めているわけですから、その気持ちを満たす世(よう)に行動するんです。

この女性の気持ちは、付き合う前も付き合ってからもさほど変わりません。
付き合ってもずっと愛情を注ぎ続けてもらえるという幻想を女性に抱かせない事には「いいな」と思ってもらえないんですね。
それにはどうしたら良いと思いますか?それには安心感を与えることです。しっかり安心感を女性に与える、ということが大切なのです。
焦ってSEXに持ち込もうとする焦りは女性にとって恐怖でしかありません。

女性が求めるような態度をとっても、1、2回焦らすくらいでちょうどいいんです。デートでそういったシチュエーションになったとしても、です。
「僕はセックスをするために君と付き合うんじゃない」というスタンスを守りきることで、女性の頑なな気持ちを解きほぐす事ができるでしょう。「話をするだけでもいい」「顔をみるだけでも幸せ」などというと、彼女は運命を感じてしまうかもしれません。自分は本当に真剣でSEXだけじゃない、ということを伝えましょう。女性への愛情は言葉と行動で示すのです。

いかがでしたか?
私は、男性じゃないので男性の気持ちを根本から理解する事はできません。
ですから、セックスを焦って求めてくる男性を理解できない部分も正直あります。
でも、それでも良いと思う時もあるんです。
一瞬でも、私の事を本気してくれるそぶりを見せてくれたら・・それだけでも救われる気持ちがあるからです。「自分は愛されている」これが女性の心を満たし、癒すのです。

男女はもともと体の構造も、生理も、そしてその心理も異なるもの。これを頭に置いておきましょう。
女性の「愛されたい気持ち」を上手に満たす事が、スムーズなお付き合い成功へとつながるのかもしれません。面倒がらずに、女性の愛されたい気持ちに愛情をもって満たす、このことで男性自身も女性とのいい関係を保つことができ、モテ男になるのです。


彼女が欲しいと嘆いているのであれば、「こりゃダメだ…彼女ができない人とイケメンじゃないけどモテる人の違い」を読んでみてください。

女性が男性に対して求めている理由がきっとわかりますよ!これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

あなたにおすすめの他の記事



-SEX
-, ,

Copyright© ORETTE.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.