電気をつけてやりたい人限定!Hの時に彼女に了承してもらう方法5,124 views

男性は視覚でHを楽しみますよね。 女性は、どうしても恥ずかしい気持ちが先にたつので電気を消したがります。 できれば電気をつけて彼女の体を見ながらHしたいと思う時、どういう風に誘えば彼女からOKがもらえるのでしょうか?

出典:http://weheartit.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性は視覚でHを楽しみますよね。
女性は、どうしても恥ずかしい気持ちが先にたつので電気を消したがります。
できれば電気をつけて彼女の体を見ながらHしたいと思う時、どういう風に誘えば彼女からOKがもらえるのでしょうか?
今回は、電気をつけてやりたい人限定!Hの時に彼女に了承してもらう方法を一緒に考えて行きましょう。

最初は暗く徐々に明るくしていく

出典:http://weheartit.com/

出典:http://weheartit.com/

お付き合いが長くなれば話は別ですが、それほど仲良くない女性だと電気をつけてやるHに抵抗を示す場合が多いです。
「恥ずかしい」とか「見られたくない」なんて、のらりくらり交わされて結局いつもと変わらない薄明かりでのHになるのがオチ。
電気をつけてHを楽しみたいのなら、最初からMAXの明るさでするのではなく、徐々に明るくしていく方法を取ったほうが◎。
体位を変える時のタイミングで、少しづつベットサイドの電気の調節を明るいほうへと動かしていけば大丈夫です。
女性は、最初すら恥ずかしさを感じるものですが、興奮して居る時は電気の明るさなんてそれほど気にしない人も沢山いますよ。

言葉で電気をつけたHに誘導してみる

出典:http://weheartit.com/

出典:http://weheartit.com/

何も言わずに「今日は電気を明るくしてHするから」なんて宣言されてしまうと、女性は身構えてしまうものです。
でも、「体を良く見てHしたいんだ」とか「可愛い顔をもっと見せて欲しい」なんていいながら明るい部屋でのHをお願いして見ると、女性の反応はちょっと違ったものになるはずです。女性が可愛い下着を着てきたら、その下着にかこつけて誘うのもアリでしょう。
「今日の下着とても可愛いね。よく見せて」と言いながら電気を明るくしてみるのも誘い文句としては良いかもしれません。

朝Hで彼女を慣れさせて行く

彼女とお泊りデートをする機会が多い男性は、朝Hで彼女を明るさに慣れさせるのも1つの方法だと思います。
女性の殆どは、電気をつけられてするHは苦手と答えているのに、彼氏と朝イチャイチャするのは大好きと答えるんですよね。
朝の優しい光の中で、彼女を沢山相手してあげる。最初はセックスというよりはイチャイチャする感じを続けたほうが彼女も安心できるかも。
朝、何気なくカーテンを開けた状態で、「寝起きの顔もすごく可愛い」と誘えば彼女もOKしてくれるはず。
朝の明るさになれてくれば、そのうちに電気をつけるHにも抵抗がなくなるはずです。

変わったプレイの1つとして彼女を誘ってみよう

お付き合いが長くなって、Hにもなんだかマンネリが・・・・というカップルには。
「今日は変わったプレイをしてみよう」と電気をつけるHを提案するのも良いかも知れません。
マンネリを打破するためと思えば、女性は割りとすんなり色々なHに答えてくれるもの。電気をつけることくらいお茶の子さいさいにこなしてしまうはずです。
ちょっと刺激的なプレイとしては、電気をつけて彼女のアソコをじっくり見ながら、おもちゃでイタズラしちゃう事です。
普段は余り見せてくれない部分ですが、彼女の濡れ濡れになっているアソコをじっくり見ながら新しい快感に貴方も目覚めてしまうかもしれませんよ!

まとめ

電気をつけてHをする事を当たり前と思ってもらうためには、貴方の努力も必要になります。
「とても綺麗だよ」とか「体のラインが見えてすごくセクシーだよ」と彼女を褒めてあげる事が大切です。
女性は褒められることが大好きなので、好きな人にまた優しい言葉をもらえるなら、何度でも電気をつけてしたくなるものですよ!
女性の中には、男性の体や、感じている顔を見るのが癖になる人もいるみたい。
電気をつけたHを楽しみたい場合、少し大げさに感じている顔を彼女に見せてあげるのも彼女を喜ばせる1つの方法なのかもしれませんね。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

亀ぱんだ

亀ぱんだ

朗らかおおらかいつもニコニコ!亀ぱんだです。
色々な人と知り合うことで人生をジェットコースターのように生きてきました。
色々な考えを持つ人がいて、だからこそステキな出会いが会って。人間っていいなって心から思います♪貴方の心を癒せるようなそして、ステキな恋に導けるようなそんなライターになりたいなと思います。よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る