アラサー童貞君たちよ、SEXは怖がらなくても大丈夫1,851 views

最近の男性は「草食系」と言われ、女性に対してガツガツしていない男性が増えてきたと言われます。でも、今は草食系をさらに上回る「絶食系男子」なんていう部類の男性も現れ注目されていますね!

出典:https://www.pakutaso.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の男性は「草食系」と言われ、女性に対してガツガツしていない男性が増えてきたと言われます。でも、今は草食系をさらに上回る「絶食系男子」なんていう部類の男性も現れ注目されていますね!

昔では考えられない事ですが、最近ではアラサーになっても童貞を守り通している男性も結構多いみたい。今回は、アラサー童貞男子!最初の一歩を踏み出す方法を伝授します。

アラサー童貞になってしまう人の特徴

出典:https://www.pakutaso.com/

出典:https://www.pakutaso.com/

家族に女性は母親だけ・・・マザコン状態の人

童貞を守りきってしまう男性は、家庭環境が影響するという報告もあります。男兄弟の中で育って、家族の中に女性が母親だけという状態になると、女性=母親という流れが出来上がり、マザコン状態になる人も多いみたい。

自分で自分をマザコンと思っている人は少なく、周りに言われて初めて自分がマザコンだったという事に気が付く人もいるようです。母親の言う事を常に聞いてしまう、料理は母親の作った物が一番美味しいと思う、母親見たいな女性と知り合いたいと思う人は完全にマザコン状態です。

女性は綺麗なモノ!女性に幻想を抱きすぎている人

男性の中には、女性を妖精のように考えている人も居ます。女性はウンチもしなければ、オナラも出ない・・・なんて思っている人は極端な例ですが、「女性が綺麗なモノ」という感覚が強い男性も多いようです。

そのために、好きになった女性がちょっとでも自分のイメージと違う行動をしたりすると、途端にガッカリして気持ちが冷めてしまうんです。そういう人はお付き合いに発展する事が難しく、もちろんセックスも遠くなります。

恋愛そのものに興味が持てない

冒頭でも少しお話しましたが、最近の男性には「絶食系男子」と呼ばれる恋愛に全く興味の持てない男性が増えてきていると言われます。世の中に楽しい事が溢れすぎ、色々な趣味を多彩に持つ事ができるようになった現代社会において、もはや恋愛は「楽しい事」ではなくなりつつあるようです。

男性は人生のベクトルを恋愛に置く人がそもそも少ないので、恋愛なんてしなればしないで生きて行けると考える人も多いみたい。しかし、女性はいまだに恋を熱望している人が多いので、そこで温度差が生まれてしまうわけです。恋愛をしなければ女性は足を開きません。

恋愛そのものに興味がない男性は、セックスも出来ないという事なんです。

アラサー童貞を卒業する最初の一歩は?

アラサー童貞を捨てるのに一番良いのは風俗だと思います。女性の多くは「アラサー童貞男子」に対して厳しい意見を持っています。中には「気持ち悪い」「何か欠点があるのでは?」と童貞を告白しただけでドン引きしてしまう人もいるからです。

年上の女性であれば「あらっ。可愛い」なんて思ってくれる人も中には居るかもしれません。でも、殆どの年上女性は気持ちよいセックスがしたいと思っている人ばかり。童貞の人気はここでも高くありません。

そうなると、1回目のセックスはやはり風俗が好ましいという事になりますよね。風俗も、最初から本番アリの所に行くとビックリしてしまう人もいるかもしれませんね。

ですので、最初は触ってもらう程度から・・・口に入れてもらう所、最後は本番アリという順を追った流れで童貞を卒業するのが良さそう。

いかがでしたか?

恋愛に幻想を抱きすぎている男性は、童貞を脱ぎ捨てるのも遅くなります。でも、女性は子宮で考える生き物なんです。セックスが出来ない男性なんて、正直お呼びじゃないんです。

アラサーを過ぎて童貞を卒業できないなんて、一生誰ともできませんよ!大切な人を作るためにも、童貞を勇気を出して卒業しましょう♪きっと幸せな未来が待っているはずです。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

亀ぱんだ

亀ぱんだ

朗らかおおらかいつもニコニコ!亀ぱんだです。
色々な人と知り合うことで人生をジェットコースターのように生きてきました。
色々な考えを持つ人がいて、だからこそステキな出会いが会って。人間っていいなって心から思います♪貴方の心を癒せるようなそして、ステキな恋に導けるようなそんなライターになりたいなと思います。よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る