肉体関係だけのセフレとの交際で心がけるべき6つの注意点とは?954 views

肉体だけの割り切った関係、セフレであっても人付き合いということには変わりありません。対応をぞんざいにすれば、もちろん印象も悪く、トラブルも起きえます。セフレだとしても相手を一人の人格として接するのは人として最低限のことですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

割り切った肉体関係でも相手への尊厳を忘れてはいけない

セフレの相手を軽く扱ってはいけない理由

セフレとの関係を続ける目的は肉体関係以外にはありません。メッセージのやりとりも簡易的なもので、合う時もホテル集合、そしてホテル解散が基本となる場合が多いでしょう。

そうなると多くの男性が、相手を風俗嬢のように扱ってしまう傾向があるので注意が必要です。何故なら、どれだけ遊びの関係であったとしても、女は男のように完全に割り切っているとは限らないからです。

あなたがセフレとしての関係しか望んでいないから、女はセフレという立ち位置で我慢している可能性もあるのです。相手がどのような気持ちになっているのか、というところまで考え過ぎる必要はありません。

感情的な話を始めると相手が恋人になったように錯覚する可能性もあるからです。したがって肉体関係だけのセフレとの距離感は近くなり過ぎず、それでいて相手の感情を全く無視するわけではない、という微妙な距離感を保つことが大切なのです。

肉体関係と割り切っていても女の心境はいつ変化するかわからない

女の心理状態は山の天気のように移り変わります。そのため割り切った肉体関係だけの繋がりであったとしても、それが長期的に続くと考えてはいけません。

むしろある程度の時間が経過したら、自分から関係性を断ち切るくらいの心構えを持ちましょう。何故なら、遊びと割り切ったオトナの関係であったとしても、女側に情が生まれ、簡単に関係が切れなくなる可能性があるからです。

最悪の場合ですが、最初はただの遊びのセフレだったはずが、いつの間にか女に恋愛感情が芽生え、それがストーカーに発展してしまうかもしれません。

もしくは、恋心が芽生えてしまったにも関わらず、あなたが手に入らないことを思い詰めて自傷行為を初めてしまうかもしれません。割り切った肉体関係を作ることに成功したとしても、このようなリスクが潜んでいることは常に意識することが大切です。

そして一人のセフレに感情移入し過ぎない為にも、ある程度の回数オトナの遊びを繰り返したら、自分から関係を断ち切ることを想定しておきましょう。

そもそも女性にとってセフレはアリ?セフレってあり?恋愛以外の関係に関する女のホンネ

オトナの関係であるセフレのプライベートを詮索してはいけない

セフレとの関係は遊びだと割り切ることが大切

セフレと会話する際は、オトナの割り切った遊びの関係だということは、決して忘れてはいけません。中途半端な情を女に見せると、彼女に昇格できるのではないかと勘違いさせてしまう可能性があるからです。

もしもあなたにセフレに対して、少しでも彼女にしてもいいかな、と思う感情があるのであれば話は別ですが、そういった気持ちがないのであれば、女に期待を持たせるような素振りをしてはいけません。

これはセフレに対する一つのマナーだと認識しておきましょう。例えば自分に気があるような素振りをする女がいて、いざ告白するとフラれてしまったとしましょう。

そうなると、普通に告白してフラれるよりもストレスと違和感が残りますよね。更にそこに肉体関係が既にあったら、もめ事にならない可能性を探る方が難しいかもしれません。 したがって、セフレとの関係はただの肉体関係であり、遊びでしたない、ということを強く認識しておくことが大切なのです。

肉体関係のみのセフレにはプライベートな質問をしてはいけない

肉体関係以上に関係性を発展させる気持ちがない場合、中途半端に情が湧くような情報を相手に与えてはいけません。

そして、ここまでお伝えしたように自分自身も相手の女に情を持たないことは常に意識しなければなりません。
ではその為には、会話において何を意識しなければいけないのでしょうか。それはセフレのプライベートを詮索しないことです。

仕事の内容や、家族構成、今持っている悩み、そういった話題にはできるだけ触れないようにしましょう。女が勝手に話し出した場合は、ただ聞いているフリをして、コメントはできるだけ控えることが鉄則です。

やってはいけないのは、自分からそういった身の上話を尋ねることです。それをされると、今度はそれに答えた女が、じゃああなたはどうなの、と聞きたくなってしまうからです。

セフレとの関係に中途半端な会話は必要ありません。関係を継続させたい場合は、セックスを楽しむことで、そして相手を気持ちよくさせることに集中しましょう。

もし、セフレのことを好きになってしまったら・・・セフレを好きになった先に未来はあるのか?恋人になれる?

遊びで手を出したセフレとの別れ方

最後は元気に明るく相手が幸せになることを願っていると伝えよう

セフレは肉体関係だけの刹那的な関係です。その終わりは意外と早く来るものです。それは相手の女に本命の彼氏ができたからかもしれません。または引越しや転勤で気軽には会えなくなるからかもしれません。

いずれにせよ、セフレの関係はお互いが都合よくセックスを楽しむだけの関係です。相手から関係の終焉を告げられた場合は抵抗せずに受け入れましょう。

ただ1年以上の長期に渡るセフレとなったとしても、場合によっては女側からは、関係を終わらせたい、という声が出てこないかもしれません。その場合はあなたから別れを切り出すことも検討しましょう。

そしてその際に大切なことは、明るく元気にまるで別れ話ではないかのよう振る舞うことです。笑顔で、仕事が忙しくなるなどの理由をつけて、彼女を送り出すような雰囲気で話しましょう。決め台詞は「今までありがとう」そして「幸せになることを願ってるよ」このようなニュアンスのフレーズを使いましょう。

そうすることで、暗い雰囲気にならずに関係を終わらせることができます。

セフレを作りたいなら出会い系が一番!安心の運営!サクラ無しの国内会員180万人以上の出会い系サービスとは?

どうしても断ち切れない場合は音信不通になることも一つの手段

男と違い女は、肉体関係を持つと、相手の男に対して情を抱きやすくなります。男は女を抱いた瞬間に感情が冷める傾向があるわけですが、女は基本的に真逆の性質があるわけです。

したがってどれだけ割り切った関係で付き合っていたとしても、セフレとの縁切りがスムーズにいかない場合があります。もし何度か関係を終わらせることを提示しても、女が拒否した場合は、音信不通になることも検討しましょう。

連絡手段が無くなれば相手の女も諦めざるを得ないからです。しかし実名を伝えている場合、音信不通でも関係が途切れない可能性があります。

何故なら、SNSで本名を検索すれば、自分のデータは簡単に見られてしまうからです。SNSをそもそもやっていなければそういう心配はないかもしれませんが、実名でSNSをやっている場合は注意が必要です。

また今住んでいる家の住所を教えてしまっている場合は、家まで押しかけられるかもしれません。そうなると、音信不通になったとして簡単に関係は終わらせられませんよね。 したがって、新規にセフレができた場合は、必ず相手をプロファイリングしておきましょう。

ストーカーっぽくなりそうな依存体質の女の場合は2回以上会わない、等のルールを決めておくのです。そうすることでトラブルを予防しながら、セフレとのオトナの関係が安全に楽しめるようになるのです。

ここまで、肉体関係だけのセフレとの交際で気をつけるべき注意点について紹介しましたが、いかがでしたか。セフレと純粋に肉体関係を楽しむのであれば、女の性質と心理を理解することが大切です。そうすることで、お互いの都合のよい割り切った関係になれるのです。

またこれからセフレを作りたい場合は、ナンパだけでなく出会い系マッチングアプリの活用が効果的です。なぜなら短時間で複数の人にアプローチできるからです。

もしまだこのような出会いを試したことが無い場合は、新規の出会い活動に出会い系マッチングアプリを取り入れることも検討してみてはいかがでしょうか。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ORETTE.jp 編集部

ORETTE.jp 編集部ORETTE.jp編集部

女心を掴みたい男性を応援するメディアです。自分を磨いて、パートナーとの楽しい時間を過ごせるリアルで価値ある情報を提供していきます。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る