SEXの回数は週に1回だと少ない?最適なセックスの回数とは1,977 views

あなたは週に何回SEXしていますか?週1?それは多すぎる?少なすぎる?日本は世界でも有数の性産業国です。しかし、それに反して、男女のSEXの頻度は低く、30代では何と週に〇.〇〇回!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SEXの回数が減ってきたことにより悩むカップルは少なくありません。実際に週に1回程度しかSEXをしていない、というカップルは多いのではないでしょうか。

この週1回というSEXの回数は実は世界的に見ると、非常に少ない回数なのです。では日本の常識に照らし合わせてみるとどうなのでしょうか。今回は最適なセックスの回数と年齢の関係について紹介します。

年齢別のSEX回数は週にどの程度が平均なのか

日本人のSEX回数は世界的に見ても少ない

冒頭でも紹介したように、日本人のセックス回数は世界と比べると少ないと言えるでしょう。

日本人の20代の平均的なSEX回数は週に1回です。これを年間にすると48回です。しかしフランスやイギリス、アメリカの平均的なSEX回数は100回を上回ります。

これはコンドームメーカーが調査した数字ですが、この数字だけを見ても、ヨーロッパやアメリカと比べると年間のSEX回数が半分以下なことがわかりますよね。

年間100回以上のSEXをしている、ということは最低でも週に2回以上はSEXをしているわけです。その数字のインパクトはあまりないかもしれませんが、日本人の平均と比較すると遥かに多いわけです。

昨今不妊の問題がテレビでも多く報道されていますが、その原因は単純にSEX回数が少ないことも関係していると言えるのではないでしょうか。

日本人の年齢別SEXの回数について

では日本人の年齢別のSEX回数は月間どの程度なのでしょうか。それは以下のような数字となります。

  • ・20代は4.11回
  • ・30代は2.68回
  • ・40代は1.77回
  • ・50代は1.38回
  • ・60代は0.97回

※引用元:相模ゴム工業株式会社

この数字を見てどのような印象を受けるでしょうか。30代で月間2~3回しかSEXをしていない、ということは1年間で20回程度しかSEXをしていないわけですよね。

しかしながら夫婦共働きで忙しく会社勤めをしていると、この程度のSEX回数となってしまうのは仕方がないことなのかもしれません。

週に1回だとSEXの回数は少ないと言えるのか

週1回のSEXは日本人なら少ないとは言えない

ここまで紹介したように、世界的に見れば週に1回のSEX回数は、少ないと言えるでしょう。しかし日本では、それが当たり前でもあるのです。

ただ30代で週に1回しかSEXをしなければ、不妊となる確率が高くなるのは想像がつきますよね。

不妊の問題は子宮や精子の健康の状態にフォーカスが当たりがちですが、このSEXの回数が少ないことは確実に影響します。

週に2回のSEXならお互いに身体の負担なく継続できる

日本人のSEXの回数が少ないからといって、いきなり1週間にするSEXの回数を増やすことはできないですよね。何故ならSEXはパートナーがいなければできないものだからです。

したがって、結婚している夫婦や付き合いが長いカップルで、SEXの回数に関して問題意識がある場合は、一度二人でじっくりと話し合うことが大切です。

週に1回のSEXを3回に増やすことは難しいかもしれませんが、週に1回のSEXを週に2回に増やすことはそこまで難しいことではありません。 それはちょっとした食生活やストレス環境を改善することで、達成できることだからです。

では理想的なSEXの回数は週にどの程度なのでしょうか。本当の理想は個人の性欲、体力、生活環境により異なります。しかし仕事をしながら負担がない程度のSEX回数を考えると、それは週に2回程度だと言えるでしょう。

週に2回程度であればお互いに身体の負担がなく定期的にSEXしやすいのです。

SEXの回数が多いことで生まれるメリットとは

SEXの回数は増えれば増える程、愛情は大きくなる

SEXの回数が年齢を重ねるごとに減っていくのは仕方がないことですが、夫婦生活を円満にしたいのであれば、できるだけSEXへの関心は持続させましょう。

何故なら、SEXの回数は増えれば増える程、愛情が比例して大きくなりやすいからです。セックスレスを原因に離婚する夫婦がいるように、SEXは夫婦円満の為には欠かせません。それは子供をつくる時期が終わったとしても同じことです。

SEXは動物学的に見ればただの生殖活動かもしれませんが、そこにはスキンシップやコミュニケーションも含まれているのです。

例えば恋人とかなり激しい喧嘩をしたとします。その場合、あなたはどのようにして関係の修復を図るでしょうか。時間の経過が問題を解決するかもしれません。話し合いが問題を解決するかもしれません。

解決の手段は一つではありませんが、SEXはこういった仲直りの手段の一つでもあるのです。

その為、家庭生活を円満にしたい場合は、決してSEXを軽視すべきではないのです。

SEXが多ければ子宝に恵まれる可能性が高くなる

SEXの回数が多いことによるメリットは愛情が大きくなることだけではありません。それ以外にも、子宝に恵まれる可能性が高くなります。

卵子と精子が受精して着床する可能性は、年齢を重ねるごとに少しずつ低下していきます。しかしながら、SEXの回数を増やせばその低下した確率をカバーできるのです。

どれだけ夫婦仲が悪くなったとしても、子供がいることで支えられることは少なくありません。仕事で辛い思いをした場合でも、子供がいれば頑張れるものです。

何より子供は、年老いてから欲しいと思っても授かれるものではありません。SEXを楽しめる健康的な肉体を持っているからこそ、授かれるものなのです。

どうすればSEXの回数は増やすことができるのか

精力増強の為に牡蠣とキウイを積極的に食べよう

日本人は世界的に見たら、SEXの回数が少ないことは間違いありません。ではどうすればこの世界的に低くなってしまっているSEXの回数を増やすことができるのでしょうか。

その為には様々なアプローチ方法がありますが、恐らく最も取り組みやすい方法の一つが食生活の改善です。

精力増強の為には亜鉛を積極的に取り入れましょう。亜鉛は牡蠣に多く含まれている成分ですが、この栄養素は精子をつくることに直接的に関係します。その為、亜鉛が不足すると、精子が不足して精力の低下にもつながりかねないのです。

また健康的な精力を保つ為には上質なビタミンも欠かせません。キウイはビタミン、ミネラル、食物繊維がバランス良くとれるフルーツの一つです。日常的に野菜や果物が少ない場合は、このキウイを日常的に食べることを検討しましょう。

夫婦がストレスを減らすだけでSEXへの意欲は高まる

SEXへの意欲を高める為には、日常からストレス要因を排除することも大切です。少し想像してみていただきたいのですが、仕事で上司からパワハラとも思えるくらい怒られた日は、とてもじゃないですが、妻を愛そう、という気持ちにはなれないですよね。

それは女性側も同じことです。過度なストレスに晒されるとSEXへの意欲は低下してしまうのです。SEXの回数を増やしたい場合は、ストレス要因を日常から少しでも減らしていくべきなのです。

ここまで、最適なSEXの回数について紹介しましたが、いかがでしたか。結婚してしばらくすれば、SEXが少なくなるのは仕方がないことかもしれません。しかし努力次第でSEXの回数は、増やすことができるのです。

あなたがもし、現在のSEX回数が少ないと感じている場合は、まずはカップルで話し合うことからはじめてみてはいかがでしょうか。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ORETTE.jp 編集部

ORETTE.jp 編集部ORETTE.jp編集部

女心を掴みたい男性を応援するメディアです。自分を磨いて、パートナーとの楽しい時間を過ごせるリアルで価値ある情報を提供していきます。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る