週休2日なのに土曜が休みじゃない!?求人に隠された本当の意味697 views

「週休2日制」という求人広告の文言を見て、土日が毎週休みだと思ったことがある方は多いのではないでしょうか。実は「週休2日制」という文言には土曜日と日曜日が休みだという意味は含まれていないのです。詳細の規定は企業ごとに違うので、曖昧な場合は面接時に確認した方がいいのです。

出典:https://www.pakutaso.com
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「週休2日制」という求人広告の文言を見て、土日が毎週休みだと思ったことがある方は多いのではないでしょうか。実は「週休2日制」という文言には土曜日と日曜日が休みだという意味は含まれていないのです。詳細の規定は企業ごとに違うので、曖昧な場合は面接時に確認した方がいいのです。だから土曜日と日曜日が休めるかどうか見極めたい場合は「完全週休2日」と記載されている求人を探さなくてはなりません。このように、求人を見る時には注意しなければならないポイントがいくつかあります。そこで今回は、求人広告もしくは求人票から休日を確認する際に注意すべきポイントについて紹介します。

週休2日制は決して毎週2日休めるわけではない

出典:https://www.pakutaso.com

出典:https://www.pakutaso.com

冒頭でもお伝えしたように、週休2日制の意味は、必ず毎週2日休めるというものではありません。基本的には、毎月1回以上、週2日休める集があれば、週休2日と記載できるようになっているのです。だから実質月の休みが5日しかなかったとしても、週休2日と記載されているのです。いざ入社してから日曜日のみ休みで、土曜日は出勤、というのはよくある話です。また企業によっては「みんな自主的に出勤している」という言い方で休みの日も強制的に出社させている場合があります。これは悪質な企業の一例ですが、週休2日と記載されていたとしても実質会社に出社していない日は月に3日程度しかない、というケースもあるのです。だから週休2日制という記載を見つけた場合は、具体的にどのような意味なのか。現在社員はどの程度のペースで休日をとっているのかを確認することが大切です。

完全週休2日制にも様々なパターンがある

出典:https://www.pakutaso.com

出典:https://www.pakutaso.com

それでは完全週休2日制という文言はどのような意味なのでしょうか。完全週休2日制は、1年間365日で週に2日の休日がある場合に使われている文言です。これは週休2日制と違って、完全という文言があることで、月に8日程度は休めると解釈してもいいでしょう。しかしながら毎週、土曜日と日曜日が休みを意味しているとは限らないので注意が必要です。水曜日と日曜日が休みの場合や、日曜日と他もう1日はランダムで休みがとれる場合もあります。また、シフト制で完全週休2日もあるのです。通常、完全週休2日制と見れば、土曜日と日曜日が休みだと思いやすいので、その辺りは注意して求人広告を見ていきましょう。また祝日の取り扱いに関しても注意が必要です。祝日がある場合、土曜日は出社という会社もあれば、シフト制のような勤務体系だと祝日は逆にほとんど出勤日になる場合もあるからです。安心なのは、いわゆる法人相手に業務を行っているメーカーなどのBtoB企業です。こういった会社はカレンダー通りに休日があり、土曜日と日曜日に更にプラスして祝日も休める場合がほとんどです。このように企業によって休日の規定はかなり違ってくるので、完全週休2日制、という文言を見つけたとしも確認を怠ってはいけません。

ミスマッチを防ぐ為に気をつけるべきポイント

それでは、ここで、週休2日制と完全週休2日制の違いをおさらいしていきましょう。まず、週休2日制の場合は、月の休みで考えた時に、5日程度の場合もあれば8日程度しっかりと休日がある場合もあります。ですから、毎週2日は休める、と思って入社すると、入った後に不満が沸いていてしまう可能性があります。だから週休2日制と書いてある求人に応募する時は、ある程度休日が少ない可能性があることも予想しておいた方がいいでしょう。一方完全週休2日制であれば、よほどイベントや繁忙期などの特別な事情が無い限り、月に8日の休みは確保できると考えておいていいでしょう。しかしながら、祝日が休日かどうかは、それとは別に確認しておく必要があります。これらの休日の規定は、どちらがいいということではありません。例えば、休日など気にせずにバリバリ働いてスキルアップしていきたい、という場合は週休2日制の方がトータルの出勤日数は多くなるのでそういった求人を探した方がマッチする可能性が高いでしょう。しかしながら、その逆に休日は家族との時間を大切にしたい、プライベートを大切にしたいと考えるのであれば、土曜、日曜が休みの完全週休2日制の方がマッチしやすいと言えるのです。だから自分がどのように働きたいのかを明確にした上で、求人は選んでいきましょう。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ORETTE.jp 編集部

ORETTE.jp 編集部ORETTE.jp編集部

女心を掴みたい男性を応援するメディアです。自分を磨いて、パートナーとの楽しい時間を過ごせるリアルで価値ある情報を提供していきます。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る