年下上司・年上部下とのぎくしゃくしない関係の作り方1,535 views

中途採用が多くなった現在、同期なのに年上とか、同期なのに年下、ということは珍しくありません。さらに、年下上司や、年上部下の存在も拍車をかけて複雑なことに。 「年齢を考えれば年上の人を持ち上げたい」しかし、「年下の上司もどうやって扱えばいいかわからない」と、混乱します。

出典:https://www.pakutaso.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中途採用が多くなった現在、同期なのに年上とか、同期なのに年下、ということは珍しくありません。さらに、年下上司や、年上部下の存在も拍車をかけて複雑なことに。

「年齢を考えれば年上の人を持ち上げたい」しかし、「年下の上司もどうやって扱えばいいかわからない」と、混乱します。

そんな、複雑怪奇になってしまった職場で、ぎくしゃくしない関係の作り方をご紹介します。

1、年下上司の接し方

出典:https://www.pakutaso.com/

出典:https://www.pakutaso.com/

まず、年下上司ですが、この場合、周囲をよく観察してください。ほかの人は、年下上司に向かってどのように接しているでしょうか。

まず間違いないのは、仕事上は敬語を使うことです。これは、たとえ同僚でも年上年下関係なく“さん付け”で呼んだり、「ですます」口調で話したりすることと同じです。

また、飲み会などのちょっと砕けた場所では、おそらく誰かが年下上司にキャラクター付をします。そのキャラクターに逆らわないように、扱うことがメインです。

年下上司にも、偉そうに振舞う人、もしくは逆にすごく腰の低い人など、様々です。けれど、仕事をするということに関して言えば年齢は関係ありません。

年下上司であろうと、リーダーの職に就いているだけですから、彼には彼の仕事があります。「年下だし気軽な感じで仲良くなろう」とか「年下のくせに生意気な」とは思わないでください。

適度な距離を保った状態の関係でいられることがベストです。

2、年上部下の接し方

出典:https://www.pakutaso.com/

出典:https://www.pakutaso.com/

これまたセンシティブな問題ですが、年上部下は“すごく気を使う人”か、もしくは“年上であることをアピールしてくる人”に分かれると思います。

中には、卑屈になって「どうせ俺のことなんか、年上のくせに年下にこき使われてるオッサンだと思って馬鹿にしてんだろ」と心の中で思っている人もいます。

プライドが高い男性に多いのですが、年齢の上下関係のルール、みたいなのにすごく縛られてきた人がいるので、取り扱い注意です。

では、年上部下とはどのように接すればいいか、と言えば何も深いことは考えず、“年上として”接してあげてください。

たとえば、コピーをお願いするとして、部下だから「これやっといて!」ではなく「すいません、お願いできますか?」と敬語を使いましょう。

「俺の方が偉いんだぞ!」というマウンティング(動物社会における順序確認の行為)をする人がいますが、実際はこの行為が人間関係を複雑にします。

確かに「俺が上司でお前が部下!だから口答えするな!」と言いたくなる気持ちもわかりますが、仕事は結果がすべてです。

年上部下は、時として「俺の方が経験が豊富だし、あんたは上司かもしれないけど偉そうにするなよ」という態度に出ることもあるでしょう。

しかし、そのような誘いに乗っては負けです。どちらかが上、どちらかが下、ではなく、一緒に仕事をしている仲間だからです。

あえて周囲にマウンティングするような男性は、実力がなくて怯えていて、自分に自信がないことを露呈しているだけです。

年上であろうか、年下であろうが、部下にも誠実に接することができる大人の男性は素敵です。

3、ぎくしゃくしない職場の人間関係の作り方

まったく違う人間が一緒に仕事をしなければならない…当然、ぎくしゃくもします。というか、ぎくしゃくして当たり前です。

むしろ、ぎくしゃくしないことが奇跡のようなことで、「職場のみんなが仲良しです!」なんてのは、珍しいくらいです。

ぎくしゃくするのは、本音と建前があるからです。腹に一物抱えた人間が「クソ」と思いながら、無理してニコニコするからぎくしゃくします。

しかし、それを「やめろ」と言ったところで、全員が一緒に拳銃を下ろさなければならないように、誰かひとりでも裏切り者が出れば撃たれてしまいます。

重要なのは、たとえ自分ひとりだけでも、銃を構えて人間関係の中に突入しないことです。疑えばきりがありませんし、詮索しても本音を知ったところで良い気分にはなりません。

年齢関係なく、上司にも部下にも、同僚に対しても、落ち着いて余裕のある態度で、誠実に対応することを心がければ、いくら周囲がぎくしゃくしていても、その中で平気な顔で生活していけるはすです。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る