個性的な人は好かれる?嫌われる?その境界線を知る677 views

個性は大事、とはよく言いますが、実際社会生活において「自分らしさ」と「個性」をどこまで表現していいものか、その加減はなかなか難しいもの。個性が受け入れられる場合もあれば、受け入れられないこともあり、その境界線を知ることも大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個性的な自分を思いきり表現すれば好かれることがある反面、嫌われる可能性があります。例えば学生生活で個性的な自分を発揮したらどうなるでしょうか。協調性が求められる義務教育の中では嫌われる可能性が高いのです。では一体個性はどの程度まで表現すべきなのでしょうか。実は個性を表現する時はTPOまで配慮する必要があるのです。今回は個性を表現する境界線について紹介します。

個性的な人が好かれる原因とは

一般的に個性的な人は周囲から好かれる可能性が高くなります。なぜなら個性的な人しかリーダーになることはできないからです。逆にいえば個性的な人はリーダーになるくらい大勢の中で突出した存在にならなければ嫌われるリスクがあります。出る杭は打たれるという諺がありますが集団の中のリーダーでも何でもないポジションで個性的な自分を表現すると、他の同列のポジションの人達から嫉妬や妬みの対象となりやすいのです。これは集団的な人間の持つ性質だともいえるでしょう。だから自分が個性的な人だと自覚がある場合は周りの人と同じ、という環境から抜け出すことが大切です。。例えばサラリーマンという職業で個性的な自分を発揮すれば歯車からはじかれてしまう可能性がありますが、クリエーターやアーティストであれば個性的な自分を表現することそのものが賞賛の対象となるわけです。このように個性的な人はそれが生かされる立場に立った時、周囲の人から好かれるようになるのです。

個性的な人が嫌われる原因とは

個性的な人はある意味では特別な立ち位置にならない限り嫌われることを避けることはできません。例えば何の技術も持たないサラリーマンとして生きることを決めたのであれば個性的な人はその個性を殺さなければなりません。そうしなければ社内で嫌われるだけでなくその職場の中での居場所する失われる可能性があるからです。その傾向は大企業であれば尚更です。基本的に現在の日本の教育は優秀な大企業の歯車をつくる為の教育です。大企業の歯車に個性は必要ありません。個性よりも多少嫌なことでも黙っていうことを聞いてくれる従順な人材を求めているのです。これは表現を変えれば個性的な人が、個性を殺すことが良しとされる環境に入った時に嫌われるということなのです。

個性的な自分はどの程度表現すべきなのか

では個性的な人は一体どの程度自分を表現すべきなのでしょうか。それは自分がどのような環境に身をおくのかで決めた方がいいでしょう。例えば経営者や音楽家、画家、映像クリエーター、作曲家、作家、役者、芸人、セミナー講師、カウンセラー、こういった職業を選択した場合は個性的な自分を存分に発揮すべきです。そうすることでよりクリエイティブな仕事ができるようになり、仕事により得られる報酬も高くなっていくでしょう。それにこれから人工知能の発達により非クリエイティブな仕事はどんどん無くなっていくと予測されています。だから自分が持つ個性を発揮して仕事していけばこれからの時代な流れる可能性があります。しかしながらクリエイティブな仕事をせずに労働者として生きることを決めた場合、仕事中は逆に個性的な自分を出さないことが必要です。しかしそれだけだとストレスが溜まる可能性があるので、趣味やプライベートな時間で個性的な自分を発揮する場面は作っておいた方がいいでしょう。そうすることでバランスをとりながら生活していけるのです。

まとめ

ここまで個性的な人は好かれるのか、嫌われるのか、その境界線についてお伝えしましたがいかがでしたか。個性的な人はその自分をどの程度発揮するのがいいのか、それを環境に見極めた方がいいことをご理解いただけたのではないでしょうか。個性的な人は環境により好かれる場合がありますが、嫌われるリスクも常に付きまとっているのです。だから自分が個性的だという自覚がある場合は慎重に見せ方を演出することが大切なのです。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ORETTE.jp 編集部

ORETTE.jp 編集部ORETTE.jp編集部

女心を掴みたい男性を応援するメディアです。自分を磨いて、パートナーとの楽しい時間を過ごせるリアルで価値ある情報を提供していきます。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る