上司が自分をライバル視?部下としてうまく立ち振る舞う方法1,514 views

上司が自分をライバル視?部下としてうまく立ち振る舞う方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上司が自分のことをライバル視している…と感じる時には、うまく立ち振る舞う必要があります。そうしないと社内での人間関係がこじれてしまう可能性があるからです。部下として、どのように上司に振る舞うかについて、一緒に考えていきましょう。

上司を立てる努力をしましょう

上司という立場から見て「部下には負けたくない!」というようなプレッシャーを感じていることも多いと思います。ライバル視することにより、自分を苦しめているようなこともあるでしょう。
そういう上司の気持ちを察したのなら、出来るだけ上司の良いところを褒めたり、尊敬の念を伝えるようにしてみましょう。少し相手に譲るということも、時には必要なことなのです。
そうすることにより、上司は安心感を持ちライバル視をすることもなくなるかもしれません。

上司と仲良くなるようにしましょう

上司だから部下だからというような壁や枠を取り除くように、仲良くなるようにしてみることも一つの方法です。仲良くなるためには、たまには二人で飲みに行ったり、女性を交えて飲み会を開くようにしてみると良いですね。
そうすることで、いつの間にか部下という立場ではなくて、使えるやつというように思われることになるのです。負けるが勝ちではないですが、相手にとって居心地の良い相手になることにより、相手が接することを楽だと思うようになることは多いのです。
自分自身が少しでもその上司のことを人間的に好きなら、そのようにしてあげると良いかもしれません。いつでも味方というようにして見せることも一つの作戦と言えるでしょう。

上司の性格によって態度を変える

上司がこちらに対して偉そうにしてくる、そして性格が良くないと思うようならば、ライバル視してくるその姿勢に対して、受けて立つということも出来るかもしれません。もちろん会社に損失を与えるようなことはしない形で、ライバルとして戦う覚悟をするのです。
でももしも上司がある程度良い人で、性格も良いのならライバルとして争うのではなくて、一緒に社会で戦う戦友のようになることも、出来るのではないでしょうか。相手によって態度を変えたくない気持ちはあるかもしれませんが、そこは臨機応変な方が良い場合もあるのです。
誰に対しても、お人好しでいる必要はありません。そして、敵対心を持つようなこともないでしょう。やはり相手がどういう人なのかを見た上で、自分の立ち位置や接し方を決めるようにしてみれば、良い方向に行くことが多いはずです。

出世に対しての思い

出世を強く望むタイプと、そうでもないタイプがあります。自分がどちらのタイプなのかによって、上司にどう接するかが変わってきます。もしも上司に対して自分もライバル視をしているような時には、望むところと思うかもしれません。
そしてライバルと呼べるような相手がいた方が、仕事に対するモチベーションがアップすることもあるのです。上司の態度をうまく使って仕事に対するヤル気に変えることが出来るのも良いですね。

男性同士は、女性同士よりもどちらかというと、さっぱりとした付き合い方が出来るものです。そのため上司が部下をライバル視しているとしても、そんなにしつこい感じではないと思いますので、さらっとかわすのも良いかもしれません。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

香月 みほ

香月 みほ

B型の好奇心旺盛なライターです。
恋愛や男女の心理についての文章を書くことが好きです。
日々様々なことを吸収しながら、お役に立てる情報をお届けしていきたいと思っています。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る