褒め言葉でもタイミングと使い方を間違えるとパワハラになる?!750 views

褒め言葉だと思って伝えても、それがパワハラになってしまうこともあるのです。ではそれはどういう言葉なのでしょうか。普段何気なく使っている言葉の中にもそういったリスクが潜んでいることもあるかもしれません。

褒め言葉でもタイミングと使い方を間違えるとパワハラになる?!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

褒め言葉だと思って伝えても、それがパワハラになってしまうこともあるのです。ではそれはどういう言葉なのでしょうか。普段何気なく使っている言葉の中にもそういったリスクが潜んでいることもあるかもしれません。

仕事が出来るねー!俺も見習わなきゃ。

褒め言葉のつもりで言っているのかもしれませんが、職場でこれを言うことにより、能力的に一杯一杯の場合は、無理をさせることになりかねません。仕事が出来る自分になろうと、相手が必死の場合もあるのです。
これを言われることにより、かなりプレッシャーを感じることがあります。なぜここまで言われるのだろう…と悪い方に考えてしまうこともあるのです。ただ相手を褒めただけと思っていても受け取る側からすれば、能力以上のものを求められているように思い、苦しくなることがあるのです。気を付けて発言をした方が良いことになります。

出来ないことが多いと思っていたけれど、これは出来るんだね!

褒めているつもりで言っていても、聞いている側からすれば、精神的にとても傷つく言葉です。何をやらせてもダメだな…と平気で言うような人もいます。これを相手に言う事により、相手はかなり落ち込むことになるでしょう。
でもこれは出来るんだね、と言われても全然褒め言葉には聞こえてきません。なんだか馬鹿にされているように思い、パワハラだと感じることもあるでしょう。出来ないことが多いという言葉は、本来は思っていても言ってはいけないのです。
出来ないことがあったとしても、それを温かい目で見てあげることが必要になるのです。パワハラのつもりで言っていないことでも、パワハラになることが結構多いのです。

君は賢いからアイツと話さない方がいいよ

このようなことを言うことにより、相手から隔離をしようとしていることになります。賢いからと言われても、その後の言葉の方が気になることも多いでしょう。人間関係において間に入ってくるというのも、パワハラの特徴なのです。
君はこうした方がいいよ、というように言うことにより自分は満足かもしれませんが、言われた方は嫌な気持ちなるものです。その人の人間関係にまで立ち入らない方が、本来は良いのです。人間関係で悩んで相談を受けた時ならまだしも、相談も受けていないのにこういうことを言うのは、余計なお世話であり、パワハラでもあるのです。

○○君なら、これぐらい十分出来るよね

このように言われて、評価が高い!と思い喜ぶ人はほとんどいないでしょう。相手を過大評価するような言動も、パワハラの一つなのです。これを聞いたことにより、ありがたいとは、あまり思えないですよね。
本来は、その人の能力としては無理なことでも、平気でこういうことを言ってくると、これは十分パワハラになるのです。上司だから部下にこれを言っても良いわけではありません。タイミングや状況をよく見た上で伝えることが必要なのです。

パワハラといえば、暴力や暴言だけだと思っていませんか。パワハラ予備軍のようなことは、世の中にたくさん潜んでいます。そうなると言葉を言いにくいと思うかもしれません。
でもこれを言われて自分ならどう思うのか?それを考えてから言えば大丈夫な場合は多いです。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

香月 みほ

香月 みほ

B型の好奇心旺盛なライターです。
恋愛や男女の心理についての文章を書くことが好きです。
日々様々なことを吸収しながら、お役に立てる情報をお届けしていきたいと思っています。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る