職場で小馬鹿される人の特徴!小馬鹿にされた時の対処法

人間関係

職場で小馬鹿される人の特徴!小馬鹿にされた時の対処法

投稿日:2016年9月2日 更新日:


職場で、なぜか小馬鹿にされる…と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。何かを発言することにより小馬鹿にされると、もう怖くて発言が出来なくなってしまいます。何が理由で小馬鹿にされるのでしょうか。そしてもしも小馬鹿にされた時には、どう対処したら良いのでしょうか。

小馬鹿にされやすい人

人から小馬鹿にされやすいのは、優しそうなタイプの人が多いです。怒っても怖くないだろうと思われるような人です。こういう人になら、何でも言えると周りから思われたりするのです。
そしておとなしいタイプの人なので、悪く言うと周りからナメられてしまうのです。自分ではそうなりたくないと思っていても、そういうタイプから自分を変えることは、なかなか難しいことですよね。
仕事が出来て嫉妬されやすいような人も、小馬鹿にされることが結構あります。悔しさから小馬鹿にしてくるような人がいるのです。うらやましくて小馬鹿にするというようなことをしてくるわけですが、こういう相手に対しては何か対処法を持っておいた方が良いですね。

小馬鹿にされた時には

職場で小馬鹿にされた時の対処法としては、相手にしないということが一番です。反応をすることにより、それを面白がるようなことをしてくる人がいるのです。反応をしないで、冷静に対応をいていれば、小馬鹿にしている自分の方が愚かだと気が付いて、小馬鹿にしなくなってきます。
ここで、過度に反応をしたり楽しそうにしてしまうと、相手は更にエスカレートしてくることでしょう。これはもう小学生くらいでもこういうタイプの人がいますので、その時のことを少し思い出してみてください。
反応しないでおけば、自然に相手から離れていくようなことが多かったですよね。でも反応すると、それが楽しくて更に小馬鹿にしてくる、からかってくるのです。からかわれることを喜んでいると、誤解してくるような相手もいます。
でも根は単純な人が多いですから、とにかく無反応であまり表情に出さないようにした方が良いでしょう。

相手を責めないようにする

小馬鹿にしてきた相手を責めても、結果としては自分が苦しいだけになります。相当うまく責めないと、相手は自分が責められても対して応えないのです。元々小馬鹿にして楽しむようなタイプの相手ですから、責めても逆効果になります。
でも黙ったままでいることが悔しい、何か言ってやりたいという気持ちを持つこともあると思います。そういう時には自分が今嫌な気分だということを、伝えると良いでしょう。これを言う時には、感情的にならずに腹を立てずに言うことが必要です。
私はこう思うということを相手に冷静に伝えれば、相手は一目置くようになるはずです。それが出来るようになるためには、小馬鹿にされても焦らずに穏やかに接することが必要なのです。

人をからかったり、小馬鹿にすることにより、それをネタにして楽しむようなタイプの人もいます。職場でそれをされると、仕事がしにくくて嫌なものですよね。でもそういうタイプの人は、結局は気が小さいような人が多いのです。
そのため、そういう相手に対しては堂々と接して、自分らしくいられるようにすることが必要でしょう。

また、もしあなたに彼女がなかなかできないのであれば「彼女ができない原因とイケメンでなくてもモテる男の特徴」もあわせて読んでみてください。
彼女ができなかった原因がわかって、今までの人生が大きく変わるきっかけになるかもしれません。


それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

-人間関係
-, ,

Copyright© ORETTE.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.