男30歳独身。結婚、住宅…貯金額はいくらあればOK?

男磨き

男30歳独身。結婚、住宅…貯金額はいくらあればOK?

投稿日:2015年7月21日 更新日:


男性は女性よりも結婚したい年齢が遅いと思いますが、30歳くらいになると、そろそろ結婚しようかな?なんて考えはじめる頃ですよね。独身貴族を良いことに、買い物、外食三昧などしていたら、貯金が少なすぎる!と気づいて焦る人も多いことでしょう。
では具体的に結婚するために必要な貯金額はいくらくらいあればOKなのでしょうか?

結婚に必要な資金

愛があればお金なんてなくても大丈夫!なんていうのは幻想です。女性は男性よりもシビアですから、結婚相手の候補にするかどうかは、貯金額で決めていると言っても過言ではありません。もちろん全ての女性がそうではありませんが、後になって「計算ミスだった」と嘆いている女性もいるはずです。末永く幸せな結婚生活を送るためには、収入と貯金に対する経済観念が必要です。

【結婚資金】

結婚資金には、結婚指輪の費用、結婚式の費用、新婚旅行の費用、新居の費用の他に、家具や生活用品の費用などがあります。婚約指輪も必要であればもっとかかります。
結婚式は200~300万円程度が平均ですが、お祝い金である程度まかなえます。しかしお祝い金をあてにしていると、赤字になりますので、初めから費用として計算した方が良いでしょう。
結婚指輪や新婚旅行はどんなものを選ぶかによってピンキリですが、50万円くらいが平均でしょうか。こればかりは、平均を出すのは難しいです。
新居の費用は50~70万円くらいは考えておいた方が良いでしょう。家具などを新調するなら合わせて100万円くらいはあった方が良いでしょう。
ということで、結婚資金として必要な貯金額は、350~450万円くらいは覚悟しておきましょう。

【住宅資金】

次に必要なのが、住宅資金です。30歳で結婚を考えるなら、すぐに家の購入を検討することになります。なぜなら、女性の年齢は不明ですが、同年代ならばすぐに子作りをすることになるでしょうし、住宅ローンを組むならば、35年ローンで完済が65歳になります。そう考えると、結婚後すぐに購入することになると考えられます。
マンションにせよ、一戸建てにせよ、関東圏内なら3000万~5000万円くらいの物件が多いです。その頭金にするならば、やはり300万~500万円くらいは考えておくべきです。

【結婚に必要な貯金額】

結婚資金と住宅資金をトータルすると、650万~950万円くらいになります。それに加えて子作りをするとなると、出産や子育てのための費用も必要になります。それも合わせると、700万~1000万円くらいになりますので、結婚に必要な貯金額は、1000万円あればOKという結論です。
若いうちに結婚をすれば、夫婦で力を合わせて少しずつ貯金をしていくことも可能ですが、30歳で結婚するなら、それなりに貯金がないと人生設計をたてることができません。女性は計算高いので、結婚するときから老後の心配をするような相手は選ばないのが現実です。

結婚資金についての口コミや相談などを見ると、年収350万~450万円くらいで貯金額が1000万円という人もいます。けれども実際のところは多くの人が1000万円の貯金があるわけではありません。
それでも最低は500万円くらいは貯金がないと、現実的に結婚するのは難しいかもしれません。

また、もしあなたに彼女がなかなかできないのであれば「彼女ができない原因とイケメンでなくてもモテる男の特徴」もあわせて読んでみてください。
彼女ができなかった原因がわかって、今までの人生が大きく変わるきっかけになるかもしれません。


合わせて読みたい記事

【ORETTEがおすすめする出会い系サービス7選】
 あなたのニーズにピッタリの出会い系サービスがきっと見つかるはずです。

 

恋愛したい!彼女が欲しい!そんな方は、「彼女欲しい!!と思ったとき、「出会いの場」どうしてる??」を読んでみてください。

出会いは作る時代!少し意識を変えるだけであなたの求める恋愛はスタートできるんです!

合わせて「こりゃダメだ…彼女ができない人とイケメンじゃないけどモテる人の違い」も読んでみると女性が男性に対して求めている理由がきっとわかりますよ!これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

あなたにおすすめの他の記事



-男磨き
-,

Copyright© ORETTE.jp , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.