友達に恋愛感情を抱くのは男女どちらが多い?心理から探ってみた

恋愛

友達に恋愛感情を抱くのは男女どちらが多い?心理から探ってみた

投稿日:2016年7月9日 更新日:


友達に恋愛感情を抱いたことはありますか?実際には男女のどちらが友達に恋愛感情を抱きやすいのでしょうか。その男女の心理から答えを探してみることにしましょう。

男性と女友達の場合

女性と男友達の場合

男性の場合は、自分の中で「友達」だと思ったら、そこから恋愛感情に発展する可能性が低いと言われています。
自分の中で、相手のことを異性ではなくて同性のように思うのは、男性の方が多いようです。どう頑張っても男にしか見えない…というように、女友達に対して思う男性も少なくありません。
つまりは、同性の友人と同じように接することが基本となり、それ以外のことが難しいというのが、男性の心理のようです。でも女性としては友達になれたのだから、これから発展が…と期待してしまうこともありますよね。
ところが男性の場合には、その期待はあまり持っていないことになります。それよりも「この女友達を友達として大切にしていこう」というように割り切ることが出来るようです。

女性と男友達の場合

男性と女友達の場合

女性の場合は、一緒に過ごす過程を通して、男友達に恋愛感情を持つようになることが多いと言われています。過程というものが女性にはとても大切なのです。どういう過程を踏むかによって、男友達は彼氏になり得るのです。
それは男女の大きな違いと言えるでしょう。女性の場合は男友達を異性として見ている場合が多いです。もしくは最初はそうではなかったけれど、ふとしたきっかけで異性として意識をし始めるのも、女性の方が多いのです。
そこは、割り切りが難しいと女性は思うのかもしれません。恋愛対象や恋愛する候補として、男友達を入れるのは男女で比較すると女性の方なのです。でもこの女性の心理を知っていれば、今は友達の男性も、彼氏になれる可能性が高いことになります。
自分としては友達だから、それ以上にはなれないだろうと思っていても、女性にとっては違うことが多いのです。これを知ることが出来れば女性へのアプローチが出来るようになるかもしれません。

親友という響き

男性から見ると、仲良しの女友達は親友であり同士のようなものです。仕事仲間ということになると、戦友というようにも思えることが多いようです。そのため女性の場合はいくら男性と仲良くなりたくても、親友になってしまってはまずいことになります。
「おまえは俺の親友だよ!」と言われて、喜んでいる場合では無いこともあるのです。その心理としては、一生恋愛対象外ということもあるからです。でも女性がここでうまく男性に恋愛感情を抱かせる方法としては、やはり男性の本能を活性化させることが必要になってきます。
つまりは「女」を意識させるようなメイクやファッションなどをしたり、行動をするように意識をしてみるのです。それが出来れば、自然に男性は女友達を女性として見てくれるようになるでしょう。
ただ言えるのは、その場だけの本能や性欲という可能性がありますので、そうならないように女性としては、気を付ける必要があるということです。あまり女を売りにしてしまうと、後で悲しむようなことになりますので、その辺りは注意が必要です。

友達という言葉は素敵なものですが、そこからどう発展するのか、全く発展しないのかでは全然感覚が違ってきます。男女の心理の違いを理解しながら行動をするようにしたいですね。

また、もしあなたに彼女がなかなかできないのであれば「彼女ができない原因とイケメンでなくてもモテる男の特徴」もあわせて読んでみてください。
彼女ができなかった原因がわかって、今までの人生が大きく変わるきっかけになるかもしれません。


彼女が欲しいと嘆いているのであれば、「こりゃダメだ…彼女ができない人とイケメンじゃないけどモテる人の違い」を読んでみてください。

女性が男性に対して求めている理由がきっとわかりますよ!これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

-恋愛
-,

Copyright© ORETTE.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.