仕事術

仕事ができる人は想像力が優れている!想像力を鍛える習慣

投稿日:2016年6月11日 更新日:


仕事ができる事を目指すのであれば、単純に業務スキルを鍛えるだけではなく、それ以上に鍛えなければならないものがあります。それは想像力です。昨今は人工知能の台頭があり、想像力を必要としない仕事は、今後仕事ではなくなる可能性がある状況となりました。だからこれからの時代を生きていくビジネスマンにとって想像力は必要不可欠なものとなってきたのです。そこで今回は仕事ができる男になる為に、像力を鍛える習慣についてお伝えします。

行動パターンを意識的に変化させよ

仕事ができる男になる為に想像力を鍛えるのであれば、意識的に行動パターンを変化させなければなりません。つまり行動パターンを変化させることそのものを習慣にしなければならないのです。なぜならそうしなければ人間には恒常性維持機能があるので、どうしても同じ行動パターンばかりを繰り返してしまうからです。そうなると安定的な日常が過ごせるかもしれませんが、想像力を鍛えることができません。想像力を鍛えるためには自分自身に対して様々な角度の刺激を与えていくことが大切なのです。だからこれから仕事で高いパフォーマンスを発揮していきたい場合は、想像力を鍛えることを意識して、行動パターンを変化させる必要があるのです。

読んだことのないジャンルの本を読もう

想像力を鍛えるためには、自分自身の情報の幅を広げることが大切です。なぜなら想像力とは、クリエイティブなアイデアと言い換えることができますが、そういったアイデアは何かと何かを合わせることによって生まれるからです。例えばあなたが介護福祉業界で仕事をしているビジネスマンだとしたら、介護業界や医療業界の情報ばかりを集めていても、想像力を鍛えることができないのです。なぜなら同じ業界であれば、業界独特の視点や物事の見方から抜け出すことができないからです。しかしながら、介護業界にインターネットビジネスのマーケティングの概念を取り入れることができたらどうでしょうか。全く新しい視点の融合となるので、結果として想像力が高まるのです。だからあなたが想像力を鍛えることに関心があるのであれば、まずは読んだことのないジャンルの本を手に取ってみてください。興味がなかったとしても読んでみるのです。そうすることで自分の中に蓄積されていく情報の量ではなく、幅が広がることとなり、結果的に想像力を鍛えることにつながるのです。

食べたことのない国の料理を食べよう

想像力を鍛える為には、自分自身の肉体に対して新しい刺激を与え続けることも大切です。知識や情報ばかりにフォーカスを当てるのではなくそれ以外の感覚にも新しい刺激を与えることが必要なのです。では具体的にどのような方法で五感に刺激を与えれば良いのでしょうか。最も簡単に新しい刺激を自分自身に与える方法があります。それは食べたことのない国関の料理を食べることです。味覚を刺激するのです。例えば普段、フランス料理やイタリア料理、和食ばかりを食べているのであれば、ブラジル料理屋、スペイン 料理を食べてみるのです。そうすることによって、味覚の幅が広がるだけでなく、食物の調理方法に対する認識も変わりますよね。こういった何気ない事においても、自分自身に新しい刺激を与えることが大切なのです。想像力を高めるためには、このように自分自身の幅を広げていく習慣が必要なのです。

ここまで仕事で高いパフォーマンスを出す為、想像力を鍛える習慣についてお伝えしましたがいかがでしたか。お伝えしたことに共通しているポイントは、変化そのものを習慣化させるということです。人間は変化することをやめた時点で、同時に退化していってしまいます。なぜならあなたが変化を拒んだとしても世の中や社会は変化し続けるからです。そういった社会で想像力を発揮していきたいのであれば、あなた自身もまた変化し続けなければならないのです。あなたが今よりももっと素晴らしい成果を仕事で発揮したい場合は、まず、想像力を鍛えることに意識を向ける事からはじめてみてはいかがでしょうか。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

-仕事術
-

Copyright© ORETTE.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.