アラフォー独身男“良い結婚をする確率”をアップさせる方法270 views

アラフォーに差し掛かると、そろそろ周囲も結婚し始めて、親からうるさく言われる…もしくは、諦めの声が聞こえてくる頃かもしれません。どうせ結婚するのなら、良い相手と巡り合って「結婚してよかった!」と思いたい!ということで、アラフォー独身男が“良い結婚をする確率”をアップさせる方法についてご紹介したいと思います。

eye
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アラフォーに差し掛かると、そろそろ周囲も結婚し始めて、親からうるさく言われる…もしくは、諦めの声が聞こえてくる頃かもしれません。

結婚したいという気持ちはあるものの、若くて良い女は、やっぱり若くてイケメンの男を見て選んでいるわけで、40に差し掛かったオッサンには目もくれないのでは?

けれど、どうせ結婚するのなら、良い相手と巡り合って「結婚してよかった!」と思いたい!ということで、アラフォー独身男が“良い結婚をする確率”をアップさせる方法についてご紹介したいと思います。

その1:女を外見で判断するのをやめよう

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

まず第一に、多くの男性は「出会いがない!」と言いつつも、実際は“出会っているのに眼中に入れてない”場合が多い、という問題点が挙げられます。

たとえば、「最近、出会いありましたか?」と聞かれても、ブスやババアは、「出会い」の中にはカウントしていませんよね?あと、同じ年代くらいの女性であれば「きっと既婚者だろう」と最初から諦めているので、それもカウントしません。

とくに男性は第一印象でその人の「すべてをわかったような気になっている」人が結構多く、それって言ってみれば“印象による決めつけ”(思い込み)なので、お互いに損をしています。

私(30代女性)も、初見ですっぴんだったからなのか、二回目に会ったときに「今日は化粧してるんですね」などと言われて、まるで“普段一切化粧をしない人”みたいに言われて腹が立ったことがあります。

決めつけや思い込みを捨てた男が勝つ!

とくにアラフォーあたりまで年齢が進むと、人生の経験値がありますから「きっとこうだろう、そうにきまってる」みたいな決めつけや、経験からくる思い込みによって物事を判断します。

仕事や生活において、そういう感覚は必要な場合もありますが、ことに恋愛・結婚の出会いに関しては、それらの「〇〇な女は△△だ」という思い込みは邪魔になります。

「太っているから自己管理できない女だ。きっと部屋も汚いんだろうな」なんて決め付けて、実は料理上手で性格が明るい女性である場合も多いと思います。

良い結婚をする、良い出会いに繋げる、という点から言えば、それらの「〇〇は△△だ」という思い込み、決めつけをリセットする必要があります。

その2:同年代の女性を狙え

アラフォーとは言え、やっぱ結婚するなら20代前半の若い美人の子がいいよな、と身の程知らずの考えが頭をよぎりますが、はっきり言ってやめておいた方がいいでしょう。

選ぶのなら、ちょっと年下のアラサーか、同年代のアラフォーの女性の中からがちょうどいいです。もちろん、遊び半分で「結婚してダメだったら離婚する」くらいの感覚であれば止めませんが、良い結婚とは、“良い生活”をさします。

刺激よりも安定…同年代の女はいいぞ

良い生活、とはどんな生活でしょうか。たとえば、ふと小学生時代に遊んだファミコンのソフトを思い出して、「犯人はヤス」とつぶやいた時に、「ポートピアかよ」というツッコミがすかさず入る生活は、良い生活ではないでしょうか。

このような、思い出の共有というのは、やはり同年代でこそ可能ではないかと思います。逆に、「は?何言ってんの?意味わかんないんだけど」と言われたら、悪いことをしたわけでもないのに怒られた気分になるのではないでしょうか。

同年代であることや、出身地が同じ、また趣味が同じなどの“自分と共通する部分”を持った女性と出会いがあれば、刺激的な会話よりも、安定的な会話が望めます。

その3:親ウケの良い女は良い女房になる

別に親を喜ばせるために結婚するわけではありませんが、「親のメガネに敵う女」というのを侮ってはいけません。親は、あなたを幼少期から見ている存在ですから、実は案外あなたのことを誰よりもよく理解しているのです。

親が好きそうな感じの子を選べ

今まで何度か恋愛したことがあると思いますが、どれも成功だった…とは言い難いのではないでしょうか。現に今独身であることが証拠ですよね。

そういうときは「自分の目は節穴である」とあっさり認めてしまった方が楽です。そして「ああ、自分の好みで選んじゃいけないんだ」と自覚すると、良い出会いに恵まれる、ということがあります。

親が好きそうな感じの子、と言えば、「親を大事にしてくれそう」「性格が明るい」「美人じゃないけど愛嬌がある」「言葉遣いが丁寧」「礼儀正しい」「体力ありそう」みたいな感じでしょうか。

「タイプではないけど、悪くない」くらいの感じの、親ウケの良さそうな女性と一緒になることによって、結果的には成功するんだと思います。

その4:性的興奮は二の次と心得よ

結婚する、ということは、暗に夜の営みのことも指すわけですが、出会いの時点で「この人とセックスするのか」と考えてはいけません。

結婚とセックスは、最初の段階では切り離して考えた方が良さそうです。というのも、女性の場合は体の機能として、「自分と遺伝子の相性がいいオスを探し出す嗅覚」みたいなのがあるそうです。

しかし、男性にはそれがありません。男性はあくまで“選んでもらう側”なので、「セックスしたい相手を落とす」という攻撃型よりも、「結果的に一緒になった相手とセックスすることになった」くらいの姿勢がいいと思います。

セックスよりも災害時を想定せよ

結婚するときに、相手のどこを見たらいいのかな…と疑問に思う人もいると思いますが、一番よく見なければいけないのは、「いざという時に強さとしなやかさがあるかどうか」だと思います。

何かと災害が多い日本ですが、災害に遭遇したときに、近所の人と団結して明るく乗り越えられる人であったり、家が壊れても前向きに行動できる人であれば、“強く賢い女性”と言えるのではないでしょうか。

そして、「ああ、この人のことを尊敬できるな」と夫の立場で思えるのかもしれません。結婚相手は、セックスの相手ではあるのかもしれませんが、その女性に性的興奮を覚えるか否か、についてはさほど重要ではありません。

それよりも、パートナーとして“力を合わせて一緒に生活していけるかどうか”に重きを置いて判断すべきでしょう。

その5:慎重な女性を大切にすること

すでに経験のある人も多いと思いますが、“ノリの良い女”は地雷である場合が多いのではないでしょうか。「デートしようよ!」と誘って、「いいよ!」とついてくるような女。

一見すると、このような女性とならすぐに結婚できそうなもんですが、そうではありません。このような簡単な女はやめておいたほうがいいのです。

なかなか落とせない女ほど結婚したら良い女である可能性

結婚したいな、と思っても、焦ってそのへんの女とスピード婚するのは危険です。スピード婚が悪いのではなく、“焦って決める”ことがよくないのです。

世の中は何かとインスタントで、お金を出せばなんでも安く、早く手に入ります。まさか、「お腹すいたな、ごはん食べよう」と言って、火おこしから始める人はいないと思います。

インスタントな感覚で、結婚したい!じゃあ相手はこの人にして、書類書いて提出!はい結婚生活!…という、スピード感は、そのままゴール(離婚)へ一直線のような気がしてなりません。

もし「この人だ!」という人を見つけても、仲良くなるまでにはジワジワ時間をかけなければいけない場合もありますし、なかなか乗り気になってくれなくても、諦めずに誘う必要もあるでしょう。

誠意を理解してもらえるまでに時間がかかる、ということは、相手の女性は“警戒心を持っている女性”ということです。この警戒心こそ、“家を守ることができる女性の証”でもあります。

アラフォーだからこそ結婚に妥協しない

そろそろ良い年だし、誰でもいいから結婚したら?と言われることもあるかもしれません。また、すでに結婚した友人から「結婚は地獄だ」とか「結婚してよかった」などの話も聞くでしょう。

結婚を良いものにするのも、悪いものにするのも、自分次第です。また、自分だけ幸せになれば相手の女性を犠牲にして良いものではありませんし、アラフォーまで来たからわがまま言えない、ということでもないと思います。

いろんな結婚の形がありますが、「妥協すべきところ、妥協してはいけないところ」のポイントを間違わないように出会いに繋げていくことが、幸せな結婚の確率を上げることになります。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る