元カノの結婚に対して思う…男としての5つの気持ち1,176 views

元カノが結婚すると聞いた時、元彼としてはどんな気持ちになるものでしょうか。元カノの結婚に対して、複雑な気持ちを持つことが多いでしょう。元彼としてどのような気持ちになるのかを、一緒に考えていきましょう。

出典:http://www.shutterstock.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元カノが結婚すると聞いた時、元彼としてはどんな気持ちになるものでしょうか。元カノの結婚に対して、複雑な気持ちを持つことが多いでしょう。元彼としてどのような気持ちになるのかを、一緒に考えていきましょう。

切ない気持ち

出典:http://www.shutterstock.com/

出典:http://www.shutterstock.com/

元カノに対しての未練があったのかもしれない…と思うような切ない気持ちを持つこともあるのです。切ないという思いを自分が持つなんて…と男性としては驚くこともあるでしょう。

でも、元カノの結婚というものは、案外男性にとって胸に来るものがあるのです。そして切ない気持ちを持つこともあるでしょう。切ないな…と思いながらも相手に連絡が出来ないままでいることは多いでしょう。

連絡をして、おめでとうと言う勇気がまだ持てないようなこともあります。ただ自分の中でその切なさをかみしめているようなこともあるでしょう。

お祝いをしたい気持ち

元カノの結婚に対して「良かったね!おめでとう」と思うことが出来る男性もいるでしょう。結婚願望が強い彼女だったけれど、自分はそれを叶えてあげることが出来なくて別れたこともあるでしょう。

そういう時には、彼女の願いが叶ったことになりますので、素直におめでとうと言う言葉を言えるかもしれません。そしてメールなどで「おめでとう」と伝えることもあるでしょう。実際に会うようなことは無くてもただメールでは伝えたいようなことがあるのです。

会いたいと思うよりは、ただお祝いのメッセージが伝えることが出来れば良いと思っているのです。

会いたい気持ち

元カノともう一度会いたいと思うような気持ちになることもあるかもしれません。結婚してからはもう会えないと思うため、結婚する前には一度は会いたい思いもあるでしょう。そして会うことにより、自分の本当の気持ちを確かめたくなるようなこともあるのです。

そのため、元カノの結婚の話を聞いた時には、会いたい!と一番に思うような男性もいるでしょう。結婚というものを聞くことで、もうその女性は他の男性のものになってしまう、その前に一度会っておきたい思いを持つのです。

会って何かが変わるかは分からない、そして変えたいという思いを持っているかどうか自分でも分からない、ただ会いたい思いを強く持つことがあるでしょう。ここで会っておかないと後悔をする…と思い、会いたいという気持ちを持ち元カノに連絡をすることもあるでしょう。

でもその時には「会いたい」と伝えるのではなくて「お祝い」をさせてというように伝えるこが多いでしょう。

自分も頑張ろうという気持ち

例えば今自分に彼女がいない場合には、出会いに向けて頑張ろうと思う気持ちもあるでしょう。そして彼女がいる場合には、そろそろ結婚のことも考えようかな…と思う場合もあるかもしれません。

今のままの自分に比べて、元カノに先を越されてしまったような気持ちを持つこともあるのです。そのため今の自分を見つめ直すような気持ちになる男性もいるでしょう。

驚く気持ち

結婚って!と思ってただ驚く気持ちを持つこともあるでしょう。あの子が結婚なんて考えられない、というようにイメージに合わないようなこともあるのです。元カノと結婚が結び付かないような場合には、ただ驚きしか無いこともあるのです。

ただ驚くだけのため、ここから何かをしようとは思わないこともあるでしょう。この驚きの気持ちを友達と分かち合いたくなるようなこともあるかもしれません。

まとめ

元カノの結婚について、男性が思う気持ちは様々です。でもこの複雑な気持ちの中にも、未練を強く持ち、復縁を願うようなこともあるかもしれません。そしてこれをきっかけに復縁がしたくなるようなことも実際にあるのではないでしょうか。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

香月 みほ

香月 みほ

B型の好奇心旺盛なライターです。
恋愛や男女の心理についての文章を書くことが好きです。
日々様々なことを吸収しながら、お役に立てる情報をお届けしていきたいと思っています。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る