付き合う前のデートは〇〇〇が重要!彼女をオトすためには1,213 views

気になる女性と付き合う前にデートすることってありますよね。それってかなり重要な恋のステップです。付き合う前のデートで失敗すると、取り返しのつかないことになってしまいます。では、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか。

出典:http://www.shutterstock.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気になる女性と付き合う前にデートすることってありますよね。それってかなり重要な恋のステップです。付き合う前のデートで失敗すると、取り返しのつかないことになってしまいます。では、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか。

付き合う前のデートの服装や身だしなみ

出典:http://www.shutterstock.com/

出典:http://www.shutterstock.com/

付き合う前のデートでもっとも大切なのは、服装や身だしなみと言って良いでしょう。見た目の印象は、その後の恋のゆくえを左右しますし、それ以外にも女性がチェックしている部分はたくさんあります。

服装はシンプルで清潔感のあるものが良いでしょう。オシャレな男性が好きな女性もいますが、多くの女性はシンプルな服装が好きなのです。ふつうにシャツとチノパンとかでOKです。アクセサリーは、「元カノからのプレゼントかな?」とか余計な詮索をさせるので、つけていかない方が無難です。

当り前のことですが、ちゃんとお風呂に入って、髪も整えていきましょう。爪をきれいに切るとか、靴を磨くなど、ちょっと忘れがちな部分は気をつけてください。女性って、けっこう靴を見ていますよ。服もシワシワではいけませんね。

とにかく付き合う前のデートは、「清潔感」が重要です。これに尽きます。個性のない服装で良いのです。個性を出したいなら、トークなどで発揮させましょう。女性はふつうを求めているのです。

付き合う前のデートは割り勘?奢る?

付き合う前のデート代をどうするかというのは、男性が頭を悩ませるところでしょう。基本的には男性が奢った方が無難と言えます。だからといって、あまり気張り過ぎることはありません。ふつうに居心地の良いお店を選べば良いのです。

もし食事の前に、映画やアミューズメント施設などに遊びに行くなら、その分は割り勘でも良いでしょう。食事は基本的に男性が奢った方が良いと考えられます。

でも女性の中には、奢られることが嫌いな人もいます。たいていの女性は、「私も払うよ」と言ってきますが、2回まで断りましょう。

「私も払うよ」
「いいよ、ここは」
「でも悪いから」
「本当にここは大丈夫だから」
「そう?ごちそうさまでした」

という流れが基本です。もしそれ以上に払おうとしてきたら、割り勘にすると良いでしょう。付き合う前のデートなのに、奢ってもらう理由がないと思う女性もいます。ちょっと可愛げに欠けますが、しっかりとした女性です。人に借りをつくるのが嫌いなのかもしれません。

付き合う前のデートで気をつけるポイント

付き合う前のデートでとくに気をつけるポイントは、女性への気遣いです。付き合う前はデリケートな関係ですので、相手の言動に一喜一憂します。だからなるべく女性を安心させてあげて、「この人と一緒にいると落ち着く」と思わせることです。

トキメキを求めることもありますが、安心感があれば少なくとも「もう会いたくない」と思われることはありません。まずはデートの回数を重ねて、関係を深めることです。そして頃合いをみて告白しましょう。3回目くらいが妥当です。

ちなみに1回目のデートと2回目のデートは、1ヶ月も空けないでください。1~2週間以内には2回目のデートの約束をしましょう。

まとめ

付き合う前のデートは、お互いに探り探りなので、ちょっとしたことで大きく反応することも多いです。だから慎重に行動することが必要です。デート場所はどこでも良いですが、なるべく気まずい雰囲気にならない場所にしましょう。たとえば静かすぎて会話できない場所や、待ち時間が長すぎて間がもたないような場所は控えることです。

お互いに自然な会話が楽しめて、美味しいものを食べられる場所が良いのではないでしょうか。公園デートや軽めのアウトドアも良いですね。川や山へ散歩程度のハイキングなどはいかがでしょう。デートプランはちゃんと伝えて、女性が服装を選びやすいようにしてあげましょう。それも気遣いです。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

【5年以内に作家になるライター】壇条 美智子

【5年以内に作家になるライター】壇条 美智子

学生時代に心理学を専攻し、20代には女優を目指して舞台や映画に出演。その後は美容・健康系の資格を取得し、ライターとして始動。元格闘家の夫の食事管理やマッサージなどの経験を活かして、皆様に有益な情報を提供したいと思っております。

現在は、健康、自己啓発、夫婦関係、成功哲学などの記事を執筆しながら作家を目指しています。

ブログ:http://www.danjyomichi.net/

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る