好きな人の気持ちを確かめたい・・・そんなとき何をすればいい?1,581 views

好きな人が自分の事をどう思っているのかを知りたい・・・。そう思うのは普通のことですよね。ストレートにはなかなか確かめられないものですが、ある程度コミュニケーションを重ねることで推しはかれることもあります。

出典:http://www.shutterstock.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

好きな人の気持ちを知りたいけれど、どうしたら良いのか分からない…そういう時にはかなり悩むものですよね。もしも好きな人の気持ちを確かめたいのであれば、何か行動をすることが必要になります。それはどのようなものかについてお伝えしていきましょう。

好きな人とよく話すようにする

出典:http://www.shutterstock.com/

出典:http://www.shutterstock.com/

好きな人と、話をよくするようにしましょう。話をした時の相手の態度や答え方などで、気持ちが分かることは多いのです。気があるのか無いのかも見えてくるかもしれません。そのため、もしも好きな人の気持ちが知りたい時には、よく話をするようにしてみましょう。

緊張して話せない場合もあるかもしれません。でも相手とやりとりをしないことには、相手の気持ちを知ることは難しいのです。出来るだけ好きな人と話す時間を作るようにしてみましょう。

他の女性と仲良くしてみる

目の前で他の女性と仲良くしてみることで、その時好きな人がどういう反応をするのか見てみましょう。ヤキモチを焼くようなこともあるかもしれません。平然といているように見えても、心の中ではイライラしていることも。

そう考えると出来るだけ他の女性と仲良くしているところを、目の前で見せるようにして相手の気持ちを探るようにしてみましょう。ただあまり過度にやり過ぎるとトラブルになりかねませんので、ほどほどにしておいた方が良いですね。

好きと分かるような行動を取ってみる

いわゆる脈ありサインを見せるようにしてみることで、相手はこちらの気持ちを「もしかしたら…」と分かることが多いでしょう。その後に相手がどう対応をしてくるのかを見ることで、相手の気持ちを知ることが出来るのです。

こちらが先に好意を見せることにより、相手も素直に好意を見せやすいでしょう。そして好意を見せることにより、相手との距離も近くなることが出来るかもしれません。何も行動をしないままでいると、どうしても相手の気持ちが分からないままになってしまうことも。

そうならないように、好きと分かるような脈ありサインを見せるようにしてみましょう。相手の目をじっと見つめたり、出来るだけ近くに行くようにしてみたりして脈ありアピールをしてみると良いですね。

連絡を多くしてみる

今までよりも連絡頻度を多くしてみることで、相手の反応が変わってくるかもしれません。連絡頻度が多い=気があると思われることも多いでしょう。そしてそれに対して相手がどういう返事をしてくれるかが重要です。

返事をかなりよくしてきてくれるようなら、相手もこちらのことを思ってくれている可能性が高いです。好きな人に対しては連絡を出来るだけ多くしたいと思うのは、男性だけではなくて、女性も同じですよね。

そのため、まずはこちらから連絡頻度を多くしてみて相手の返事を待ってみるようにしましょう。この時には、相手の返事をあまり催促しないようにすることをお勧めします。

一緒に過ごす時間を増やす

一緒にいる時間を長くすることにより、相手の気持ちが分かりやすくなることは多いでしょう。一緒にいることにより、相手の思いが分かることは多いですから、出来るだけ一緒にいる時間を長くするようにしてみましょう。

その上で相手が楽しそうにしているのか、普通にしているのか、とてもクールなのかにより、相手の気持ちが見えるようなこともあるでしょう。

まとめ

好きな人の気持ちを確かめることは、そんなに難しいことではありません。ただどのようにして接するかが重要なのです。相手に対しての接し方により、好きな人の気持ちを知ることが出来るようになるでしょう。

出来るだけ工夫をして相手に対して接するようにしてみましょう。そうすれば直接聞かなくても、好きな人の気持ちが分かりやすくなるのです。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

香月 みほ

香月 みほ

B型の好奇心旺盛なライターです。
恋愛や男女の心理についての文章を書くことが好きです。
日々様々なことを吸収しながら、お役に立てる情報をお届けしていきたいと思っています。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る