彼氏じゃない男からはできればもらいたくないプレゼント1,020 views

プレゼントをもらうと誰でも嬉しいものですが、お互いの関係値を無視したようなプレゼントは正直どんないいものでも困るものです。特に男性からもらうプレゼントに関しては、色々な思惑が見えてしまいそうで正直受け取るのにためらってしまうものも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性はプレゼントをもらうと嬉しいものですが、くれる相手が彼氏じゃない男だと何かと警戒してしまいます。気軽な感じで「良かったら使って」みたいなノリならギリギリセーフですが、それでも内容によっては「もらいたくないプレゼント」認定されてしまいます。では女性が彼氏じゃない男からはできればもらいたくないプレゼントを5つご紹介します。

①アクセサリー全般|とくにNGなのは指輪

彼氏じゃない男からもらいたくないプレゼントは、アクセサリー全般ですが、その中でも指輪はとくにNGです。明らかに恋人へのプレゼントの定番ですし、それをつけたら「彼女」と認めることになりそうだからです。
何よりも彼氏じゃない男からアクセサリーをプレゼントされること自体が気持ち悪いです。ピアスだろうがブレスレットだろうが、肌につけるものですし、それなりに高価でもありますよね。何か見返りが欲しいのかと勘ぐってしまうでしょう。

②セクシーランジェリーじゃなくても下着はNG

彼氏じゃない男からもらいたくないプレゼントは、セクシーランジェリーじゃないとしても下着はNGです。ギャグで買ったキャラクターのパンツとかでも無理です。「コイツ一体わたしに何をさせたいんだ」とツッコミたくなるのを我慢しながら「変態決定」です。
彼氏からもらっても「ちょっと微妙」と思う女性もいるくらいなのに、彼氏じゃない男からもらったら変態以外の何者でもありません。どんな女性へのプレゼントでも、下着だけは良く考えた方が良いでしょう。

③高価すぎる物は逆にコワイ

彼氏じゃない男からもらいたくないプレゼントは、高価すぎる物です。数十万はするであろう高級時計やバッグ、ダイヤなどの高価なアクセサリーは逆にコワイです。それを喜ぶのは男をお金でしか判断していないような安い女か、質入れ目的の水商売の女くらいでしょう。
女はお金をかけないと振り向いてくれないと思っている男性は、根本的に間違っています。そうかと言って、安すぎる物や手づくりの物なども引きますよ。そもそも彼氏じゃないんですからね。安すぎる物というのは、時と場合によります。

④自分が持っている物とお揃いの物

彼氏じゃない男からもらいたくないプレゼントは、自分が持っている物とお揃いの物です。「これすごく気に入ってるから○○ちゃんにもどうかなと思って」と言われても、「あなたの気に入っている物に興味はありません」と心の中で叫んでますよ。
しかもそれを使ったらあなたとお揃いになってしまいます。それを好きな男性にでも見られたら誤解されてしまいます。たとえもらってくれたとしても、使わない可能性が高いですよ。お金の無駄です。

⑤身につける物やキーホルダーなど

彼氏じゃない男からもらいたくないプレゼントは、身につける物やキーホルダーなどです。身につける物は彼氏以外からもらっても嬉しくないですし、キーホルダーなんて目立つのでつけたくありません。
お守りやパワーストーンなどは女性がよろこぶ嬉しいアイテムの1つですが、彼氏じゃない男からもらったら「何か念が入ってそう」と怖くてもらえません。女性からあらかじめ頼まれていた場合以外は、身につける物や持ち物につける物などはやめた方が良いでしょう。

まとめ

彼氏じゃない男からもらいたくないプレゼントは、大きく分けて2種類です。それは高価すぎる物と身につける物です。自分に置きかえて考えてみてください。わかりやすいように極端な例を挙げてみましょう。
触れることすら不快に思うような女性からビキニパンツをプレゼントされたらどう感じますか?気持ち悪いですよね。そういうことです。逆にもらってもOKなプレゼントは、文具など仕事で使う物や、ティッシュや消しゴムなどの消耗品関係です。その類でおもしろグッズやトレンド便利グッズなんかは話題性があるのでオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

【5年以内に作家になるライター】壇条 美智子

【5年以内に作家になるライター】壇条 美智子

学生時代に心理学を専攻し、20代には女優を目指して舞台や映画に出演。その後は美容・健康系の資格を取得し、ライターとして始動。元格闘家の夫の食事管理やマッサージなどの経験を活かして、皆様に有益な情報を提供したいと思っております。

現在は、健康、自己啓発、夫婦関係、成功哲学などの記事を執筆しながら作家を目指しています。

ブログ:http://www.danjyomichi.net/

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る