モテ

女性ウケ抜群!モテる男の清潔感のある身だしなみを伝授!

投稿日:2017年6月15日 更新日:


同性から人気のある人や、女性からモテる人は清潔感のある人と言われますよね。

では、その清潔感とはどういった事なのでしょうか?また、清潔感を出すにはどうしたら良いのか気になると思います。

今回のこの記事では清潔感のある身だしなみや服装、立ち振る舞いなどについてお伝えします。

そもそも清潔感とは何か?

清潔感とは、その言葉にもあるように綺麗な身だしなみや服装の事や、爽やかな雰囲気の事を指します。キチンとした身だしなみをしていて、綺麗な洗濯のシッカリしてある、しつこくない服装をしている人。そういった点を他人は見ています。

周りの人を観察していて、こういう人は不快だなと感じる場面などがあると思います。

  • ビジネスシーンで人に会うのに中途半端に髭が生えている
  • 鼻毛が出ている
  • 服装が場に全く合わない

後は広義の清潔感になるかもしれませんが、静かな場で大きな声で話して騒ぐような人もスマートな大人とは言えない事でしょう。マナーの話に通ずるかもしれませんが、音を立てて食べてはいけない物を音を立てて食べる人などは、どうかなと思います。

社会で生きて行く上で周囲から評価されるのは、きちんとしたTPOに合わせた振る舞いができる人間です。

例え話ですが、

  • 友人の結婚式で新郎が白いタキシードを着て、新婦がドレスを着るような場面で本人たちより目立つ服装をしてきてしまう
  • 葬儀で革ジャンを着て現れる

などはTPOに合わない振る舞いですよね?

そういったわかりやすい場面ならば、きちんとした振る舞いができている人でも日常生活では望ましい身だしなみや服装ができていない場合があります。清潔感とはある意味、社会性やTPOをきちんと合わせられる事ができる能力とも言えるでしょう。

清潔感とは広義で言えば、場の事を考える能力や目の前の人の事や周囲との兼ね合いを考える事ができる能力と言えるでしょう。マナーについて勉強をしていけば自然とそういった事ができるようになると思います。

清潔感のある身だしなみ

清潔感のある身だしなみは何かというと、シンプルで万人受けをする身なりをする事です。

  • 頭髪は黒髪で短く切りそろえる
  • 髭はきちんと剃り残しが無いように剃る
  • 眉毛を不自然ではない程度に整える
  • 鼻毛などがはみ出さないようにする事

が重要です。

学生でも無いのに頭髪を明るめの茶色や金髪にしたがる人をたまに見かけます。そういった人は音楽家などのアーティスティックな職業や、アパレルのスタッフ・美容師などならば職業柄成立するとは思いますが、一般的なビジネスマンではTPOに合わない身だしなみと言えるでしょう。

頭髪の他に男の印象を決めるのは肌。スキンケアはきちんとしましょう。朝に洗顔をする事と寝る前に肌の手入れをするのは勿論の事ですが、大切なのはキチンとした食事と運動、そして睡眠をとる事です。煙草を吸うと肌が汚くなるので喫煙はやめましょう。

男性では髭を伸ばしたがる人もいますが、先述した事と同じ理由で職業柄そういったスタイルが認められる職業以外の方は剃った方が良いです。ビジネスの世界では髭を剃るのが常識です。特に髭は顎やもみ上げの近くの剃り残しをしてしまう人が多くみられます。

職業柄、髭を伸ばす事が許される人以外は必ず髭を毎朝剃る事を推奨します。

眉毛の処理ですが、眉毛を綺麗に整える事により目元の印象が大きく変わります。目元を比較する画像などを見ると、眉毛を綺麗に整える事により目が大きく見える効果もあるようですね。

美容院などでは頭髪のカット以外にも眉毛のカットを行っているお店もあるので積極的に利用すると良いと思います。

鼻毛は多くの人が見落としがちですが、ヒョロリと出ていると異性のみならず同性同士でもガッカリしてしまう部位です。その日たまたま出ているだけなら気にもならないのですが、会う度に出ている人からは清潔感を感じられないですね。

服装の選び方

http://i2.wp.com/

人気のある人や付き合いたい人というと「清潔感のある人」という項目が必ず上位に出てきますよね。日常から清潔感のある服装を心掛けると良いでしょう。

では、清潔感のある服装とは何か?と問われると難しく考えてしまう人も多いかもしれませんね。

多くの人は個性を出そうとし過ぎています。自分の好みを前面に押し出そうとし過ぎていて、ファッションは相手や周囲がありきという事や、TPOをわきまえていない印象が強いです。場に合ったキチンとした服装をしましょう。

ファッションを考える上で大切なのはキレイめとカジュアルの兼ね合いなのですが、多くの人はこの兼ね合いを間違えます。キレイめに偏り過ぎるとビジネスパーソンと間違えられるような風貌になりますし、カジュアルに偏り過ぎると、これからスポーツの試合でもしに行くの?と勘違いされる事になります。

ファッションを考える上で大切なのは、場に合った服装を自分の体形に合ったサイズの物をキレイめとカジュアルの兼ね合いのバランスを取る事です。

革靴にスラックス、襟シャツにテーラードジャケットといったキレイめに偏り過ぎた服装をすると、仕事中なのかと勘違いされますし、半端に崩していると街中のチンピラのような装いになります。

また、ダボダボのルーズなパンツにTシャツにベースボールキャップなどのアイテムを合わせると、一昔前に流行ったB-BOYのようになりますよね。

上がジャケットや襟シャツなどのキレイめアイテムならば、下はカジュアルにデニムパンツを履いてみる。下がスラックスで革靴ならトップスには、ややカジュアルなTシャツを持っていくなどのバランス感覚が重要です。

まとめ

清潔感やファッションについて突き詰めて考えると、落ち着く場所はどこかというと、自分自身は何者か?という事、場やTPO・相手について考える事だと思います。

例えば、長髪や金髪、髭などは清潔感があまり無いとお伝えしました。しかし、それはあくまで一般的なビジネスパーソンのケースです。

逆にフランクな皆から親しまれるラーメン屋や居酒屋の店員が接客中にフォーマルの格好をしていて、物凄く丁寧な言葉遣いをしているのも違うと思います。

場のコンテキストに合っているならば、一般的に良いとされている慣習以外のものが当てはまる場合もあります。

一般的なウケを狙いたいのであれば、今回のこの記事でお伝えしてきた通り、黒髪短髪の頭髪で、髭を伸ばさずきちんと剃り、ムダ毛の処理もしていれば良いと思います。ファッションも無難なショップでキレイめとカジュアルのバランスを考慮して購入すれば良いでしょう。

社会生活をしている上でトータルを通して生きやすいのは無難な癖の無い人間です。清潔感のある身だしなみで、社会性のある服装をしている、言葉遣いや振る舞いも丁寧だと更に良いですね。

いかがでしたでしょうか。清潔感とは突き詰めると、雰囲気が良い人の事や社会の場やTPOに合わせた身だしなみ、服装、振る舞いができる人の事だと言う事がお伝えできたと思います。

社会にはコンテキストに合わせた振る舞いが求められる場面が多々ありますが、清潔感とはそういった事をそつなくこなす能力があるという事を示せるという事ですね。

広義の清潔感になりますが、相手の立場になって考える、場の事をきちんと考えられる能力が求められているという事ですね。


-モテ
-

Copyright© ORETTE.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.