ハッピーメール

モテ 雑学

絶望的な別れから復縁に繋げる画期的な8つの方法

投稿日:2017年12月8日 更新日:


「これはもう完全に嫌われただろ」という絶望的な別れ方をすると、そこから復縁するのは難しく、どんな方法を使っても彼女の信頼を取り戻すのは困難です。

贈り物をしたり、追い掛け回して話を聞いてもらおうとしたり、友人に説得を依頼したり、様々な方法でアプローチして粉砕した経験のある人もいるのではないでしょうか。

今回は、本来なら修復不可能と思われる絶望的な別れ方をしてしまった場合に、そこからどうにか復縁に持ち込むチャンスを作り出す画期的な8つの方法をご紹介します。

3ヶ月姿を消す

彼女にフラれてからストーカーになってしまった男性を何人も知っています。彼らは、一見普通の人ですし、客観的に見ても優しく常識のある男性でした。しかし、いざ彼女に嫌われ、「捨てられた」と思うと冷静さを保っていられなくなります。

ストーカー化する自分を抑止する

残念ながら、一度信頼を失ってしまうと、そこから信頼を取り戻すのは大変難しく、関係を再構築しようと時間を空けずにアタックすると、余計に信頼度が落ちます。ストーカーのように「俺の話を聞け!」と一方的にアタックすることにより、修復できたはずの関係も修復不可能になってしまいます。

3ヶ月姿を消すことは、彼女に「心配してもらう期間」を作ることではなく、自分がストーカー化することを抑止するための行動です。電話もメールも断ち、彼女と顔を合わせることがないように過ごしましょう。

本当に彼女を愛している人は、ストーカーにはなりません。なぜなら、本当に愛している人は彼女の幸せを願っているからです。ストーカーは「自己愛」が勝っている状態です。本当に愛しているのなら3ヶ月姿を消すくらいの辛抱はできるはずです。

金持ちになる

別れた理由はそれぞれですが、「自分に魅力がないのでは」と思っていませんか?もし、過去の自分より魅力的な男になりたい、と願うのなら、とにかくお金持ちになるのが一番です。

女性はイケメンより金持ちを選ぶ

現金な話ですが、女性にとって魅力的なのは“お金を持っている男性”です。お金持ちの男性となら、多少の我慢はあっても結婚生活を続けていけます。我慢するだけの価値があるからです。女性にとって、彼がイケメンかどうかより、「今後余裕のある生活ができるかどうか」の方が重要です。

彼女にフラれた、ということは、彼女の目をくらますほどのお金持ちではない、ということでしょう。時間はかかっても、彼女に“魅力的な男性”と見直してもらうためには、ある程度のお金が必要です。

反論しないでサンドバックになる

勇気を持って、彼女に「俺の悪いところを言ってくれ」と直談判する男性も多いです。彼女は怒っている理由、信頼を失った理由を話してくれるかもしれません。

反論したら終了

残念ながら、多くの場合、女性の言っていることは正論です。「どうしてお金を払わないで商品を持ってお店を出たの?」という質問に対して、納得させるだけの説明ができる泥棒はいません。答えはひとつ「ごめんなさい」という謝罪のみです。

ここで「だって」「でも」などと一言でも発してしまえば、そこで終了です。彼女は二度と信頼してくれなくなります。彼女の言い分は、感情的な部分も理論的な部分も入り乱れているでしょうが、怒りが空っぽになるまですべて受け止めることです。

しっかり謝罪する

誠心誠意謝罪することは基本中の基本です。仕事でも、取引先が提示した納期に間に合わなかった場合、まずは謝罪します。許してくれるまで謝罪します。

相手がうんざりするほど謝罪する

コールセンターにいると、クレームが寄せられることがありますが、クレームがあった際は、まずお客様の話に耳を傾け、否定せず、ひたすら謝罪します(こちらに非があった場合)。どうしてそのようになったのか経緯を説明するよりも、謝罪を繰り返した方が早く許してもらえます。

謝罪の意思や誠意がある姿を見せるのは難しく、それを証明して見せろと言われても無理ですよね。「あなたが言っていることが正しい、間違っているのは私です」と繰り返すことによって、相手は納得せざるを得ない状況になります。

このとき、ただ適当に謝罪文を並べるのは簡単なので、平謝りに見えてしまいます。「どういう理由で自分が悪く、どのように謝罪したいのか」を自分の言葉で用意しておきましょう。

誠実であることを証明する

浮気がバレて別れに至った場合、「もう二度と浮気しない」なんて言葉には真実味がありません。そのため、この「二度と浮気しない」という言葉に真実味を持たせる必要があります。

彼女の要求はすべて実行する

上記のように、浮気してしまった場合「もう二度と浮気しない」ということを、証明するためにはどうしたらいいのか。これは、彼女が要求したことをすべて実行する必要があります。「坊主にする」であったり、「引っ越す」ことであったり、「転職する」であるかもしれません。

「彼女との復縁には、要求を実行する価値がある」という証明になり、また彼女側も「実行されてしまったら復縁せざるを得ない」と感じることから、どんな要求であっても飲む価値があるでしょう。ただし、彼女から要求がない場合は潔く諦めましょう。

なぜダメだったのか知る=勉強する

今の頭の中にある知識をフル回転しても、彼女がどうして怒っているのか理解できない場合は、そのまま考え続けても一方通行のままです。彼女が怒った理由、なぜ自分が嫌われたのかを知るためには、新しい知識を身に付ける必要があります。

誰かに答えを教えてもらおうとしない

最近多いのが「なんで怒ってんの?ねえ」と彼女を追い掛け回すタイプのストーカーです。考えてもわからないので、彼女から答えを聞き出そうとしますが、残念ながら彼女から納得のいく説明を受けることはできません。

実はこのとき、彼は“知識不足”で彼女の話を理解できない状況です。日本語しかわからないのに、英語で説明されても理解できないのと一緒で、彼女が一生懸命説明しても理解できるはずがないのです。

今はネットでなんでも調べることができますから、まずは自分で調べて知識を得ることが大事。手っ取り早く誰かに質問して、簡単に答えを教えてもらおうなんて甘い考えです。また、ネットにはない知識が本には書かれていますから、本を読んで調べる必要もありそうです。

納得がいかない部分をしっかり見る

彼女と別れることになって、納得できない部分がいくつかあると思います。「なぜ自分が怒られているのか」とか、「どう考えても彼女のほうが悪い」などです。

客観的に物事を整理してみる

「復縁したい」という気持ちは、感情です。感情とは別に、出来事や事実を客観的に整理してみる必要があります。物事を整理していくと、「どう考えてもおかしい」というアンフェアな事象が浮かんできます。ここにこそ解決の糸口があります。

カップルというのは、相性もあるのですが、「彼は〇〇で彼女は△△なのだから、こういう付き合い方をしたほうがいい」みたいな、ふたりだけに当てはまる法則というのが存在します。その法則を見つけるまでは、同じ失敗を繰り返すことになります。

たとえば、人によっては「むしろ一緒に住んじゃったほうがうまくいく」という場合や、「1ヶ月に1回だけデートした方がお互いにとって都合がいい」みたいなこともあります。導き出した法則を彼女に提案してみてはいかがでしょうか。

利益のある存在に生まれ変わる

ここで言う「生まれ変わる」とは「一度死んで生まれ変わる」という意味ではありません。「心を入れ替える」という意味ですが、これを実行できる人はそう多くはありません。

復縁=利益

彼女にフラレた男性に「なぜ復縁したいの?」と質問すると、多くは「復縁すれば自分が幸せになるから」と答えます。「じゃあ自分が幸せであれば、彼女は不幸でもいいの?」と質問すると、そこからは答えが続きません。

彼女に復縁してもらいたいのなら、“彼女にとって復縁が何かしらの利益”でなければならないでしょう。よく「こんな俺と付き合ってくれた彼女には感謝している」と言いながら、復縁を迫る人がいるのですが“こんな俺”と復縁することによって彼女に利益は発生するのでしょうか。

彼女にとっての復縁が利益になるためには、“こんな俺”を卒業しなければいけません。あなたは彼女にどんな利益をもたらす存在ですか? もしひとつも利益を発生させることができないのなら、今からでも“利益のある存在”に生まれ変わる必要があるでしょう。

おわりに

復縁は難しいものですが、本人の努力次第で不可能を可能にすることもできます。彼女が「絶対無理」な場合は、もう望みはありませんが、1%でも可能性があるのなら、そこに向かって努力してみてもいいのではないでしょうか。

ただ、最近は「彼の方から一方的な復縁を迫る」というケースが増えているため、彼女の反応を無視することは、絶対にあってはいけません。恋愛はひとりで行うものではなく、相手があって初めて成立します。努力の矛先を見誤らないようにしましょう。


恋愛したい!彼女が欲しい!そんな方は、「彼女欲しい!!と思ったとき、「出会いの場」どうしてる??」を読んでみてください。

出会いは作る時代!少し意識を変えるだけであなたの求める恋愛はスタートできるんです!

合わせて「こりゃダメだ…彼女ができない人とイケメンじゃないけどモテる人の違い」も読んでみると女性が男性に対して求めている理由がきっとわかりますよ!これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

あなたにおすすめの他の記事



-モテ, 雑学
-

Copyright© ORETTE.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.