マッチアラーム

恋愛 雑学

絶対に可愛い彼女が欲しい!!かわいい彼女と付き合う為のポイントを紹介!

投稿日:2017年9月6日 更新日:


彼女にしたい女性の条件としてはやはり第1は性格、つまり一緒にいて楽しいということですが、それはあくまで基本条件としてその上で、できれば叶えたいのが「可愛いこと」でしょう。

どうせ彼女を作るなら、見ているだけでうれしくなったり、あるいは友達に自慢したり、一緒に街を歩いている時に振り向かれたりするような女性の方がいいに決まっています。しかし、なかなかそういう彼女を作る機会に恵まれないのもまた事実です。

そこで今回は、そういう可愛い彼女が欲しい人のために、どうすれば可愛い彼女を作れるのか?それに成功した人の方法やノウハウをお教えします。

実は可愛い彼女候補を見過ごしていないか?

彼女を作るためにはまずその候補者を見つけなければなりません。しかし、

  • 女性の少ない職場にいる
  • 大学が男ばかりの理系だった
  • ちょっと可愛いと思ったら彼氏がいた

などなかなかその候補者さえ見つからない、という嘆きもあるかもしれません。

でも、意外にその候補者は近くにいて、それに気づかないだけというケースも結構多いのです。たとえば以下のような女性を彼女の候補者として最初から除外していないかを改めて見直すことから始めましょう。

取引先

自分の職場には女性が少なくても、仕事で行く取引先にはいませんか?

行った時にはどうしても商談の相手ばかりと話してしまいますが、いつもお茶を出してくれる女性、よく見たら意外に可愛い、ということはないでしょうか。

外国人

相手を日本人に限定していませんか。仕事関係、卒業した学校の関係、近所でよく会う人、知り合いなどの中に、欧米人だけではなくアジアの外国人も含めて、見落としている人はいませんか。

言葉が最初は上手く通じなくても、お互いにコミュニケーションを取ろうという気持ちがあれば何とかなるものです。

苦手意識から無意識のうちに候補から除外している、実は可愛い外国人の女性がいるかもしれません。

大学生

自分が社会人だからと言って、相手も社会人ばかり考えていませんか。逆に大学生から見たら自分なんてオジサンだから、と最初から彼女候補として除外していませんか。

しかし意外に大学生からしたら社会人の方が、頼りがいがあって彼氏としてふさわしいと思っている可能性もあります。今度、大学祭にも行ってみたらどうでしょう。

痩せたら?コンタクトにしたら?

1番よくあるケースが、「実は〇〇したら可愛かった」というケースです。

一昔前に、ダサいOLがメガネを取ったら実が美人だった、というような漫画やドラマがよくありましたが、しかし実際にそういうことも多いのです。

  • この子が痩せたらどうなるだろう?
  • この子がコンタクトにしたらどうなるだろう?
  • この子におしゃれをさせたらどうなるだろう?

そういう風に、ひと手間加えたら可愛くなる、素材として可愛い女性が普段接している中にもいるかもしれません。

彼女ができる確率を上げる鉄則

しかし魚のいない池で釣りをしても、絶対に獲物はつかまえられません。以上のように自分の中の彼女候補のストライクゾーンを広げたら、次には候補者がたくさんいそうなところを探しましょう。

ただし、候補者という魚がたくさんいる池に行っても、すでに自分よりも高級な装備を用意した釣り人がたくさんいたら、自分のところに獲物は回ってきません。

ですので、候補者がいる場所に行くにしても、以下の鉄則を守ることが彼女ができるポイントです。

男性比率の少ない環境を狙う

どんなにイケメンでも、たった1人の女性をたくさんのライバルで争ったら勝率は下がります。

しかし逆に、女性が多くて男性が少ない環境であれば、ほどほどの男性でもいろいろな可愛い女の子から言い寄られます

ですので、以下でご紹介する出会いの場にしても、あるいはこれから自分で探す出会いの方法にしても、男女比が女性に偏っている環境を狙って入り込むようにしましょう。

出会える場所へ自分で行く

また当然ですが、待っていてもチャンスは向こうからはやって来ません。自分から出会える場所をリサーチして、積極的にそこへ飛び込んでいくことが重要です。

全てトライすればどれかはヒットする!出会いの方法6選!

それではいよいよどこに行けば可愛い彼女候補に出会えるか、ということで出会いの方法を6つご紹介します。

ただし、以上の鉄則に基づいていることが前提ですが、だからと言って選り好みをしないで、この中のできるだけすべてを1度は実行してみましょう。

どこに出会いが待っているかは誰にもわかりません。

1 ネット婚活

まずすぐにできるのは、恋活アプリ、婚活アプリに登録することです。これは今や彼女を作るうえでのマストアイテムです。メリットは、

  • 多くの候補者が探せる
  • 自分の条件にあった人を選べる
  • 顔写真で可愛いかどうかわかる

ということです。もちろん、それは相手にとっても同じなので、相手から選ばれるかどうかはこちらの腕次第ですが、しかしやってやれないことはないはずです。

その中でおすすめの恋活アプリ、婚活アプリをご紹介しておきます。

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結びは、結婚情報誌のゼクシィが始めた、婚活サイト、結婚相談所、婚活パーティーのサービスがワンストップで受けられるサービスです。このサイトの特徴は、

  • 毎日4人の候補者を紹介してくれる
  • 検索機能が学習してより適切な相手を紹介してくれるようになる
  • 候補者が見つかったらデートの時間や場所の調整を代行してくれる

など非常に充実している点です。

ゼクシィ縁結び公式サイトはこちら

ペアーズ

出会い系アプリとしてペアーズは会員数が600万人いる最大級の規模です。会員は年齢層が20代~40代まで、職種も女子大生、OL、公務員など幅広くいますので、出会いの可能性は高いと言えます。

このようなサイトはサクラや業者がいて、課金だけさせられてだまされるケースも多いのですが、ペアーズは実名制のFacebookを利用し、登録時に年齢確認も行っていますので、顔写真や年齢に嘘がなく安心して使えます。

また業者が入り込まないように、24時間365日の監視体制を敷いていますのでこの点でも安心です。

ペアーズ公式サイトはこちら

with(ウィズ)

テレビで有名なメンタリストDaiGo氏が監修のwithは、DaiGo氏のメンタリズムをベースに作られたマッチングシステムで、登録されている異性を無作為に紹介されるのではなく、自分と異性の趣味や趣向・共通点などをメンタリズムの観点からペアを探すシステムになっています。

そのため、自分の理想の相手と出会える可能性が高く、もちろん同じ共通点を持っているわけですから、出会った後も会話が弾みやすく恋愛に発展する可能性も高いということです。

ユーザーサポートも徹底していて、24時間365日監視をしているので、サクラだけでなくマルチ商法の勧誘など、そういった心配もありません。

使い方についても、ペアーズと同じように気になる女性にいいね!を押して相手に自分を気に入ってもらえればマッチングが成立し、やり取りがスタートするといったシンプルな流れなので、初心者の方でもすぐに使えると思います。

with(ウィズ)公式サイトはこちら

 

マッチブック

こちらはリクルートグループが運営する会員数1400万人のおそらく国内最大のマッチングアプリです。

これもFacebookアカウントでの登録ですが、さらに「友だちが10人」以上いることが条件なので、サクラや業者はほぼ排除されていると言ってよいでしょう。当然、入会時に年齢確認も行われています。

エン婚活

転職サイトで有名なエンジャパングループの運営している婚活サイトです。

2016年7月スタートなのでまだ会員数は少ないですが、婚活サイトでありながらネット上で結婚相談所並みの手厚いサービスを受けられるので、おすすめです。

以上のほかにも婚活アプリ、恋活アプリはたくさんありますので、自分に合ったものを探してとりあえず1つには登録しましょう。ただしその時のチェックポイントとしては、

  • 無料会員ではなく有料会員の会員数が多いこと
  • ネット上の口コミで評判を確認すること
  • 自分に合った年齢層が多いかということ
  • 入会時に年齢確認があること
  • サクラを排除する仕組みがあるかどうかということ

です。

2 婚活パーティー

またリアルに顔を見て可愛いかどうか判断できるのが、婚活パーティです。このメリットは今書いたように、

  • 加工した写真でだまされる可能性が低いことと
  • 実際に話してみてフィーリングが合うかどうかの判断もできること

です。一方でデメリットは、最近は特に

  • 男性有料、女性無料の場合はただで食事ができることだけを狙ってきている女性がいること
  • 男女とも会費を払っていても参加している女性が男性の年収などのスペックしか見ていなくて、がっついている感じでげんなりする可能性があること

です。ただし、稀には「婚活パーティズレ」していない、可愛い女性が混ざっていることもありますので、食べず嫌いをせずに参加してみましょう。

3 友達

また1番手っ取り早いのが友達に紹介を頼むことです。

ただし男性の友達に頼むと「可愛い女の子」は自分でキープしておきたいのでほぼ紹介してくれませんし、女性に頼んだ場合は「女性から見て可愛い」という「雰囲気可愛い」女性を紹介してくるケースが多いので注意しましょう。

とはいえ、間口は広い方がいいですし、頼んで損はありませんので声はかけましょう。

4 ナンパ

ナンパはなかなか勇気と図太さがなければできませんが、慣れてくると平気になるものです。

1番いいのは何といって実際に見て可愛いと思える女性に声をかけることができることです。美人に限ってみんなが敬遠するので声をかけると成功する確率が意外に高いのも特徴です。

ただし、チャラい男だと思われると先に進みませんので、あくまで紳士的に声をかけましょう。

5 合コン

合コンは相手も彼氏を探しに来ていますので、マッチングの確率は高いです。

ただし、可愛い女性がいたとしても男性の中での競争になりますから、その中で勝ち抜くスキルは磨く必要があります。

6 街コン

街コンは、1つのエリア内で提携した飲食店を回り、そこで同じイベントに参加している女性と親しくなるものです。

婚活パーティとやや似ていますが、それよりも相手のレベルが高いことが多いので、期待してもよいでしょう。

ただしこの場合も、ナンパや合コンと似ていて、ある程度の図太さとコミュニケーション力は必要です。

彼女候補を「彼女」にするには?

このような方法でめでたく可愛い彼女候補が見つかったとしても、そこからが本当の勝負です。

相手もこちらをすぐに気に入ってくれればいいですが、そうでなければこちらを振り向かせ、好きにさせる必要があります。

そのためには以下がポイントです。

可愛い彼女を作るためのチェックポイント

一般的には、可愛い女性は過去、あるいは現在もほかの男性からアプローチを受けていると思ったほうがいいでしょう。ですので、男性を見る目は肥えているはずです。

その「お眼鏡」にかなうだけの自分の魅力をしっかりつけることがまず必要です。そのれができているかどうか、以下のチェックポイントで確かめましょう。

1 女性が求める男らしさがあるか

この「男らしさ」はマッチョということではありません。

  • 女性に優しく接することができるか
  • トラブルがあったら女性を守ることができるか
  • 何かあっても言い訳しないで潔いか

というようなことです。

2 清潔感があるか

女性は意外にイケメンが彼氏にする必須条件ではない場合が多いのですが、しかし清潔感は必須です。

毎日シャワーを浴びる、爪が伸びていない、定期的に美容院に行っている、着る服は清潔でしわが寄っていない、などです。

3 包容力があるか

これは1と似ていますが、女性が多少わがままを言ったり甘えたりしても、それを受け止められるだけの精神的な余裕があるか、ということです。

4 コミュニケーションスキルはあるか

このコミュニケーションスキルは「面白い話をする」ことではなく、「女性の話を聞く」スキルです。

女性は基本的に自分の話を聞いてもらって、共感してほしい性質を持っていますから、それをしっかり満足させることです。

恋愛経験を積む

以上のことが今できいない場合は、「将来への投資」として、可愛くない「普通のルックス」の女性との恋愛経験を積むこともおすすめします。やはり、上の4つの点だけではなく、

  • 女性を楽しませるスキル
  • デートでリードしてあげられるスキル

なども含め、経験を積まないと見につかない部分があります。ですので、可愛い彼女候補に出会うまでの「練習問題」として、とにかく恋愛経験を積みましょう。

好きアピールは匂わす程度で

彼女候補ができて、何度か2人でデートするまでの関係になったら、急いで告白したくなりますがここは我慢です。

相手をじらしてドキドキ感を与えることが、こちらへの好意を醸成する心理的な効果もありますので、匂わす程度の好きアピールを何度かしましょう。こちらのキャラクターにもよりますが、たとえば

  • 「君といると楽しいな。できればずっと一緒にいたいよ」
  • 「今度は何をして遊びたい?」
  • 「美味しいレストランを見つけたら、なぜか君の顔が浮かんだんだ」

などが適度な匂わせ方でしょう。

最後のキメはストレートに

相手がこちらに好意を持っているということが、その反応で分かるようになったら、最後のステップとしていよいよ告白です。これは今までとは打って変わってストレートに行ったほうが効果的です。

  • 「好きです。付き合ってください」
  • 「ずっと一緒にいたい。彼女になってください」

などのストレートな言葉の効果をさらにアップさせるためには、夜景の見えるレストランや夕日のきれいな海辺の公園など、ロマンチックなシチュエーションを選びましょう。

もしも振られても、リベンジの余地を残す

ここまで用意周到にしても断られる可能性は当然あります。しかし忘れていけないのは、相手にも相手の都合があり、そしてその都合は変わることもある、ということです。

たとえば、今彼女にはほかに気になっている人がいるので断られた場合、それが期待外れだった、となることもあり得るわけです。その時に敗者復活できるように、断られてもよい余韻が残しましょう。たとえば以下のような反応です。

「残念だけど、正直に言ってくれてありがとう」

女性にとっては、告白も大切ですが、告白した後の男性の態度も見ています。その態度によってNoがYesに劇的に変わることも十分にあります。

ですので、断られてもまだ勝負は続いている、という気持ちを忘れないようにしましょう。そのようなある種の粘りや執念がなければ、みんなが狙っている可愛い彼女などは絶対に作れません。

まとめ

いかがですか。

美人と付き合っても3日で飽きる、という言葉がありますが、実際にはそのようなことはありません。会うたびに新しい魅力を発見して、さらに好きになることの方が現実には多いのです。

ですので、可愛い彼女を作るにはいくつものハードルがありますが、しっかりとそれをクリアして、見事に目標を達成させてください。


彼女が欲しいと嘆いているのであれば、「こりゃダメだ…彼女ができない人とイケメンじゃないけどモテる人の違い」を読んでみてください。

女性が男性に対して求めている理由がきっとわかりますよ!これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

あなたにおすすめの他の記事



-恋愛, 雑学
-

Copyright© ORETTE.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.