恋愛

遠距離恋愛の片思いはつらい!LINEを駆使して彼女をモノに

投稿日:2017年1月12日 更新日:


ただでさえ遠距離恋愛はつらいものですが、それが片思いとなると余計に不安になることでしょう。そんな時に頼りになる便利なサービスがLINEです。気軽にメッセージのやりとりができたり、無料通話などもできるアプリです。
今はメールよりもLINEを使っている人の方が多いので、遠距離恋愛でも相手の存在を身近に感じることができます。これをうまく利用して、片思いを成就させましょう。

メールよりも気軽に会話ができる

メールだと返信するのに時間を割かれたり、空いた時間がないと文章を考えるだけでも苦労します。遠距離の片思いをしている場合、LINEだと相手に面倒だと思われにくいという特徴があります。気軽に返信ができるのと、ひとことだけでも返信しやすいからです。
メールだと個人的に送られてきたというプレッシャーで、相手が重荷に感じてしまうことがあります。彼氏でもない人からのメールは、妙に構えてしまうでしょう。

既読のまま放置

01

あまり頻繁に放置すると逆効果になる場合があるので注意が必要ですが、たまには相手を「あれ?」と思わせることが必要です。これはLINEならではの攻略法ですが、既読になっているのに相手から返信がないと、「いつもはすぐに返事をくれるのに何かあったのかな?」と気になります。
いつもはテンポよく会話を続けていたのに、突然返事がなくなることで「どうしたのかな?」と思わせる作戦です。相手の気になる感情を引き出すのです。
ただし続いている会話の途中で突然放置すると、何だか感じが悪いので、少し時間が経ってから来たメッセージに対して放置するようにしましょう。やり方を間違えると、相手の気分を害して遠距離の片思いが成就する可能性が低くなるので気をつけてください。

スタンプだけのやりとりもOK

言葉で返信するのは文章を考えなくてはいけないので、LINEですら面倒に感じる時もあるかもしれません。しかし表情豊かなスタンプなら、感情を表現するだけで良いので簡単です。また、言葉ではなく感情のやりとりをすることで、お互いに心の通い合いを感じることができます。
遠距離の片思いは、表情を長期間にわたって確認する術がないので、表情豊かなスタンプは大切なコミュニケーションになるはずです。

昼間は短文 夜は長文 電話もアリ

あなたには言いたい事、伝えたい事がたくさんあるでしょうが、相手はまだ、あなたに恋心を抱いていません。その場合には、なるべく文章は簡潔に短くした方が良いでしょう。相手の時間を割いて返信するとなると、LINEとはいえ負担になることもあるからです。しかしそれだけでは、あなたの気持ちが伝わりません。
1日1回夜に長文を送りましょう。毎日ではなくたまに「家でくつろいでいたら、何しているのか気になって。」という感じで自然に。ここで「気になった」というキーワードは入れた方が良いでしょう。ただ何となく連絡したのではなくて、あなたの事を考えていたから連絡をしたという事を伝えなくては遠距離の片思いは成就しません。
そして長々と書いていると、「何か話したくなってきちゃったな、電話してもいい?」と聞いてみましょう。たまには直接声を聞くと、より近くに感じることができますよ。

絶対にやってはいけないこと

LINEが既読になっているのに返信がなくても、急かしてはいけません。相手には相手の予定がありますし、返信することが負担になってしまっては、遠距離の片思いが成就することはないでしょう。
もしやっと返信が来た時には「良かった。何かあったのかと心配になったよ。」とか「忙しいのに返信してくれてありがとう。」などの言葉を添えると良いでしょう。

遠距離の片思いを成就させるには、LINEを上手に使って相手の気持ちを引き出しましょう。離れているのにゴリ押ししても良くありませんし、連絡が途絶えがちになったら忘れられてしまいます。
適度な距離感を保ちながら、好意を持っていることを匂わすのが上手なテクニックです。「連絡がないと、何か寂しい」と思わせたら、片思いが実る目前だと言えるでしょう。

LINEで彼女の気持ちを掴みたいのなら



彼女が欲しいと嘆いているのであれば、「こりゃダメだ…彼女ができない人とイケメンじゃないけどモテる人の違い」を読んでみてください。

女性が男性に対して求めている理由がきっとわかりますよ!これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

-恋愛
-, ,

Copyright© ORETTE.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.