マッチアラーム

転職

仕事を辞めたくなった!そんなときはこれで乗り越える!

投稿日:2016年8月19日 更新日:


仕事は続けていれば誰もが一度は辞めたいと感じるものです。しかしそこで辞めずに乗り越えることができればその先に出世や昇給が待っているものなのです。そこで今回は仕事を辞めたいと感じた時にそれを乗り越える方法を紹介します。

なぜ辞めたいと感じたのかを自己分析しよう

仕事を辞めたいと感じた時はなぜ辞めたいと感じたのか、その理由を自己分析することが大切です。強烈に辞めたいと感じている瞬間に冷静になることは難しいかもしれませんが紙に書き出して後から見つめ直せば意外と冷静になれるものです。そしてそこで思いとどまることができる可能性があるのです。何にせよ仕事を辞めたい衝動にかられた時はそのまま勢いで仕事を辞めてはいけません。仕事を辞めたいと感じたとしても、一度冷静になることが大切なのです。

恣意的に今の職場の良いところを探してみよう

仕事を辞めたいと感じている時は、職場の嫌なところばかりが目についていたはずです。だから仕事がどうしようもなく嫌になった場合は、逆に職場の良いところを探しましょう。頭で考えても出てこない場合は紙に書き出していくのです。それはちょっとしたことでも構いません。例えば駅から徒歩5分圏内にあるとか、分煙がしっかりされているとかそういうことを書き出していくのです。すると他の仕事を探そうかと考えた時に以外と駅から5分以内で分煙されている職場は少ないことに気がつくかもしれません。そうやって今の職場の良いところにフォーカスしていけば仕事を辞めたい衝動を乗り越えやすくなります。

転職活動の大変さを思い出そう

仕事を辞めたいと感じて辞めてしまうことは簡単ですが、辞めた後のこともしっかりと考えなければなりません。よほどの貯金が無ければ仕事を辞めた後すぐに転職活動が必要になります。しかし転職活動は決して簡単なものではありません。前職の勤続年数が3年未満であればより転職のハードルは高くなるでしょう。更によほど技術のある仕事をしていない限り転職で年収アップするのは簡単なことではありません。このように仕事を辞めたい感情が出てきたら、転職活動は決して楽ではないことを改めて認識することが大切です。それを思い出すことで現職に踏みとどまる抑止力となるのです。

休暇を取得してストレス解消しよう

仕事を辞めたいという衝動が極限まできた時は、思い切って仕事を休みましょう。これは仕事で穴を空けてはいけないと考えている人ほど試してみる価値がある方法です。これは一度休むと分かることですが、あなたがどれだけ業務の中で重要なポジションの仕事をしていたとしても、意外と休んでも問題なく会社は回るのです。だから安心して休暇を取得しましょう。そして思いきりストレスを解消すれば、仕事を辞めたい衝動が収まる可能性があります。

心が折れそうなことを職場の上司に相談しよう

どうしても仕事を辞めたいと感じた時は、仕事を辞めると決断する前に同僚や上司に相談しましょう。全ての上司が親身になってくれるわけではありませんが、良心的な上司なら職場環境を改善してくれる可能性があるからです。場合によっては違う職務を与えてもらえるかもしれません。もちろん過度な期待は禁物ですが、実は中間管理職にとって部下の退職はそのまま給与査定に響く場合が多いので最も避けたいことなのです。だから職場環境が原因で辞めたい気持ちになった場合は上司に相談することが大切なのです。

まとめ

ここまで仕事を辞めたいと思った時に乗り越える方法を紹介しましたが、いかがでしたか。仕事は永く続けていれば誰もが一度は辞めたいと考えてしまうものです。辞めたい衝動が起きた時、その感情を整理する方法をあらかじめ認識しておくことが大切です。そうすることで長く一つの会社で勤めることができ、安定的な生活を手にすることができるのです。


もし今の職場環境や年収に不満があるなら‥

スキルアップをして年収を上げたい、今の給料では将来が不安、職場の人間関係や仕事内容が合わない、という方は転職するというのも一つの手です。

大手転職サイト「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

転職成功実績NO.1のリクルートエージェントなら、豊富な実績とノウハウであなたの市場価値を第三者の視点で見出し、 転職先への年収交渉も代行して行ってくれます。土日、祝日、平日20時以降の相談もできるので、年収アップのためのサポートも万全で働きながらでも安心して転職活動に専念できます。

リクルート公式サイト非公開求人はこちら

-転職
-

Copyright© ORETTE.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.