マッチ・ドットコム

転職

30代は転職するか起業するかの分かれ道…その選び方とは?

投稿日:2017年1月17日 更新日:


30代で転職や起業をする男性としては、様々な悩みを持っているでしょう。ここでどういう道を選ぶかはとても難しい選択。でも自分の中で以前から考えていたことがあるのなら、現実化するチャンスでもあるのです。

こういうチャンスはあまり無いので、ここで自分の望む道を選ぶのも良いことだと言えるでしょう。

30代になると、転職をするか起業するかで悩む男性も増えてくるでしょう。この年代は仕事について真剣に考える年代でもあるのです。ここでどういう選択をしたかにより将来が大きく変わると思うと、かなり慎重になるものでしょう。この分岐点であなたらどの道を選びますか?

今の会社でキャリアを積む

とにかく今働いている企業でキャリアを頑張って積もうとする男性もいます。なぜキャリアを積もうと思うのかというと、そこには理由があるのです。

方向性を定めたいから

自分の中で方向性が見えていない場合には、尚更キャリアをしっかり積もうと思うでしょう。方向性を定めることが出来るには、自分はまだまだキャリア不足…と思う男性もいるのです。

キャリアを積むことしか、今の自分には出来ないと思う場合もあるでしょう。だからこそとにかく今はここで頑張ってみよう、それから考えても遅くはないと思う気持ちもあるのです。

自分が欠けていると思っているから

今転職や起業が出来るような人間ではないと思うと、キャリアを積もうと思う気持ちになります。自分の欠けている面をなんとか克服したい思いもあるでしょう。

自分が欠けていると思うタイプの男性は、今のままどちらかの方向に向かうなんて許されないと思ったり、自信が持てなかったりするのです。そのため自分がもっと出来る人間になるためにキャリアを積もうと思うのでしょう。

どちらにしてもキャリアが必要だから

この場所で頑張っていくとしても転職や起業をするにしても、キャリアは必要!とポジティブに考える人もいます。こういう人も出来るだけキャリアを積もうとするでしょう。

人から見たら、この仕事がよっぽど好きなんだなと思われるかもしれません。でも自分の中では、自分の行きたい道に進むためにキャリアを積んでいるという意識があるため、人に何と言われようと努力を重ねることが出来るのです。

ベンチャー企業を起業

ベンチャー企業に対して、いつも憧れているというような男性もいます。いつか自分も起業をしたい、するのならベンチャー企業と決めている場合もあるでしょう。この思いをもって起業をする人はとても多いのです。

憧れで終わらせないために

まずはベンチャー企業を自分で起業するために、何が必要になるのかを考えてみましょう。

  • 事務所をどうするのか
  • 資本金をどうするか
  • 登記についてはどうなのか

などを考える必要があります。

起業に対して興味や憧れがあっても、知識を得なければ起業は難しいでしょう。仮に起業が出来ても、いざという時に慌てることになるでしょう。

コンサルを受ける

コンサルタントにコンサルを受けてから、起業をする人もいます。自分だけでは不安だと思うのであれば、コンサルをしてもらっても良いでしょう。でもコンサル会社にも悪徳な会社があります。

例えば知り合いが起業する時に依頼をしたコンサルタントに、お願いをするのも良いかもしれません。口コミがネットに載っている場合もありますが、情報としては少ないでしょう。

そしてホームページが派手で良いことばかり書いてあるからと言って、高いお金を払いながらも、ちゃんとコンサルをしてもらえないケースもあります。ある程度やりとりをしてから、実際の依頼をするようにしましょう。

経営者になるためには

経営者にはなろうと思えば誰でもなれるでしょう。でもその器が自分にあるかを知る必要があります。ところがこれを自分で知っている人はあまりいないのです。

後から考えたら、経営者には向いていなかったという人も少なくはありません。自分自身について理解をするようにしてみましょう。経営者としてやっていけるかどうか、それは勢いだけでは決められないことなのです。

転職をしてキャリアアップ

転職を30代でするのもちょうど良い時期でもあるでしょう。40代の時の転職よりもスムーズな場合もあります。なぜ30代の転職がちょうど良いのでしょうか。

ある程度の経験を積んでいるから

会社に勤めてある程度の経験を積んでいるような人が多いですから、転職をしたとしても即戦力として使えると思い、雇ってもらいやすいのです。既卒で仕事につかずにいた人よりも年齢は重ねていますが、経験を積んでいるという点で強いでしょう。

この経験が自信になっているので、転職をしようと思う30代も多いのです。

スキルを持っている

スキルについても、今までに会社勤めをして持っている30代は多いでしょう。スキルを持っていることは、かなりに強みです。そのためスキルを積んでいることで、転職に成功しやすいと思う男性は多いはず。

スキルにも種類があります。転職先に対して活かすことが出来るスキルもあれば、そうではないスキルもあるでしょう。例えば同じ職種に転職をするのなら、スキルも活かしやすいでしょう。

でも異業種に転職をする場合には、このスキルが使えるかどうかを考える必要があります。自信満々に面接で言っても無駄になってしまうケースもあるのです。

採用される可能性について

転職をしたいと思うけれど、採用される可能性があるのかはとても気になるところです。今の会社に勤めながら転職先を探す人もいるでしょう。そうなるとあまり余裕の無い転職活動になってきます。でも収入の面では困らないでしょう。

でも、退職をしてから転職をすると時間や心に余裕は出てくるかもしれませんが、金銭的に余裕が無くなってくるため、焦りが出てくるかもしれません。採用される可能性が高い企業を選ぶのには、転職エージェントを活用するのが一番手っとり早いでしょう。

転職エージェントは自分一人ではできない、給料や待遇の交渉をしてくれます。採用される側なのに、給与をもっと上げてくれとは言いづらいものがありますよね。そのように言いにくいことも、しっかりと企業と話し合ってくれますし、自分の魅力を最大限プッシュしてくれます。

転職するのはもちろんあなた個人ですが、転職のプロセスにおいては、必ず誰かの助けが必要なのです。転職エージェントを利用することをお勧めします。

本気で転職を成功させたいと考えるなら、リクルートエージェントをおすすめします。

業界トップクラスの求人数を誇るリクルートエージェントでは転職サイトに掲載されていない非公開求人の紹介や、言いだしづらい年収交渉まであなたに代わってサポートしてくれます。

転職を考えている方はこのような転職エージェント活用すると良いでしょう。リクルートエージェントの無料登録はこちらからどうぞ。

まとめ

30代で転職をする場合も、起業をしようとする人もそれなりに勇気が要るものです。自分の中では、ゆっくりと過ごしたい思いもあるため、このままの会社で勤め続けようかと思うこともあるでしょう。

でも、ここで転職をしたり起業をしなければ、もうチャンスは無いかもしれないと思い、勇気を出す30代男性も多いのです。これからの将来どのように過ごしていきたいかを、じっくり考えてみましょう。

よく考える良い機会がこの30代という年代とも言えるのです。

関連記事

もし今の職場環境や年収に不満があるなら‥

スキルアップをして年収を上げたい、今の給料では将来が不安、職場の人間関係や仕事内容が合わない、という方は転職するというのも一つの手です。

大手転職サイト「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

転職成功実績NO.1のリクルートエージェントなら、豊富な実績とノウハウであなたの市場価値を第三者の視点で見出し、 転職先への年収交渉も代行して行ってくれます。土日、祝日、平日20時以降の相談もできるので、年収アップのためのサポートも万全で働きながらでも安心して転職活動に専念できます。

リクルート公式サイト非公開求人はこちら

あなたにおすすめの他の記事



-転職
-

Copyright© ORETTE.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.