マッチアラーム

転職

30代の転職活動!20代に差をつける服装1つでデキる男に見える方法

投稿日:2017年2月16日 更新日:


30代で転職活動をする時には、服装もかなり重要なものになります。服装を意識することにより、デキる男に見えることも多いです。デキる男に見える服装選びについてお伝えしていきましょう!

デキる男のスーツとは?

30代で転職をする時にクールビズの季節の場合でも、ネクタイやジャケットを身に付けた方が良いでしょう。クールビスの格好をして面接に行ったとして、面接官が服装やネクタイを締めていたとしたら、とても気まずいことになってしまいます。

基本的には、ネクタイやジャケットは必要というように思い、面接に行く方が賢明でしょう。

30代なら転職活動の時にはリクルートスーツは出来れば着用しない方が良いでしょう。転職活動の際、新卒の就職活動で着ていたリクルートスーツを着てくる人がいます。第二新卒の転職者にはこういう人が多いのですが、これは避けた方が良いでしょう。

なぜなら、リクルートスーツが似合うのは新卒者だけだからです。これはマナーやルール違反というわけではないですが、転職者としては好ましくないのです。自分の経験や実績をアピールするためにも、社会人としてふさわしいスーツを着て転職の活動をした方が良いですね。

会社説明会の時にデキる男を演出するには

企業セミナーや説明会の時にもスーツを着て行くようにしましょう。30代の転職活動での企業説明会で「採用試験の日ではないから普段着にしよう」と思う人もいるかもしれません。でもそうすることで、困ることになる場合もあるのです。

企業説明会と言いながらも、その場で面接や筆記試験を行う会社は結構多いです。説明を聞きに行っただけのつもりなのに、選考が始まるということもあるのです。この時に普段着を着ていると、面接官相手に普段着で面接をすることになってしまいます。

説明会といっても侮ることなく、スーツをきちんと着こなしていくようにしたいですね。転職活動の時には、いつ面接が始まっても大丈夫なように、いつでもスーツを着ておいた方が安心感もあります。人と会う時にはスーツで話を聞くことが、社会人のマナーだと言えるでしょう。

「私服でお越し下さい」のパターン

面接や筆記試験などの採用試験が始まったらスーツであることが必要です。でも企業によるのですが、「私服でおこしください」という一言があるようなこともあります。でもこれを聞いて、じゃあ普段着でいいんだ!と思ってはいけないのです。

転職者の私服というのはスーツのことを言います。そのため私服でということなら、基本としてはスーツで行くことが必要なのです。

でもアパレル企業などの場合は、私服でという意味が違ってくることもあります。この時には、センスを試すということがあるのです。そのためスーツを着ていかない方が良いでしょう。

その時に選ぶ私服としては、その服を着て仕事が出来るかということです。私服と言われて迷った時には、自分が応募先の企業で働いている姿をイメージするようにしましょう。そしてその職場で働いている人の服装をチェックできる機会があれば、参考にするのも良いですね。

おわりに

30代にもなれば、スーツが似合うようになっていたところですが、自分に合うスーツを転職活動用に用意すると良いと思います。それによってモチベーションアップにもつながります。

自分に似合うスーツを着ることにより、仕事のデキる男に見えることも多いのです。

関連記事

もし今の職場環境や年収に不満があるなら‥

スキルアップをして年収を上げたい、今の給料では将来が不安、職場の人間関係や仕事内容が合わない、という方は転職するというのも一つの手です。

大手転職サイト「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

転職成功実績NO.1のリクルートエージェントなら、豊富な実績とノウハウであなたの市場価値を第三者の視点で見出し、 転職先への年収交渉も代行して行ってくれます。土日、祝日、平日20時以降の相談もできるので、年収アップのためのサポートも万全で働きながらでも安心して転職活動に専念できます。

リクルート公式サイト非公開求人はこちら

-転職
-

Copyright© ORETTE.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.