奥をぐりぐりして♡~女性を気持ちよくする新常識~13,301 views

こんにちは!ラブコラムニストのラヴィンみやです。 女性をイカせたい。その方法が知りたい。 そんなすべての男性にお伝えします。女性を気持ちよくする新常識です♩ 女のカラダは例えるならば 例えるならば、あなたは「火」。 ヤカンでお湯を沸かすとき、火はどんな風に働いているでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!ラブコラムニストのラヴィンみやです。
女性をイカせたい。その方法が知りたい。
そんなすべての男性にお伝えします。女性を気持ちよくする新常識です♩

女のカラダは例えるならば

例えるならば、あなたは「火」。
ヤカンでお湯を沸かすとき、火はどんな風に働いているでしょう。
「変わらず、同じ強さで、火がお湯になるのを待つ」
これが火の姿勢。
早くお湯にしたいからといって強火になったところで、水に熱が伝わる時間はそう変わりません。
一定の熱量で待つ。この姿勢が実は女性と男性が融合するときに必要なこと。
水をお湯にするのには、じわじわと温めるしかありません。
女の体も同じです。女のカラダは例えるなら流動的な「水」。
興奮もじわじわとやってきます。
男性のように下から「ぐわっ!!」と上がってくるものではないのですね。
ハートで感じてそれが下半身に降りて濡れていきます。

男性だからできること

男性は元来、与えることに喜びを感じるようにできています。
もしも、与えることに抵抗があるとしたら、それはまだ「与えることの喜び」を自分に許していないから、に過ぎません。
与えることで傷ついたことがあったのかもしれない。
与えることで相手に影響を及ぼすことが怖いのかもしれない。
思うように与えることのできない無力さを感じたくないのかもしれない。
どんな言葉で取り繕っても、どんな理由を探しても、「本当は与えたい」という男性の本能は変わらないのではないでしょうか。

性器の形を見てみればそれは一目瞭然。
男性のペニスは、余っている。余っているから女性にあげることにした。
女性の穴に入れたらお互いが完璧になる。凹と凸がハマって□になる。
女性は男性に与えられる器。男性は女性に与えるものを持って生まれています。
精子も男性が注ぐもの。女性は注がれて、そこから新たなものを生み出す。
男性と女性は互いの存在でバランスが取れています。
もしも男だけで、女だけでいいのならば、どちらかだけしかいなかったはずです。

ということで、セックスの際も、男性は女性に与えることができる。
精子だけではなくて、悦びを。

NO!ピストン

ピストン運動は、男性が気持ちいい動き。
ペニスにとって気持ちいい動き。
女性はその時、男性の気持ちよさを受け取っている。
相手が好きな男性ならなおのこと、相手の喜びは自分の喜び、として肉体の気持ちよさを超えて感じている部分がある。
だから楽しめてる。

女性が悦ぶ新常識✩

実は本当に肉体的に気持ちがいいのは、挿入して亀頭で膣奥をぐりぐりされること。
ぐりぐり、を言葉で詳しく表現すると、挿れて行き止まりになったところを亀頭で擦り付ける。「突く」のではなく、こする。

こすりつけながら、ねじる。前後、上下にこすりつけるのではなくて、一箇所をこすりつける。ぐりぐり。
亀頭って勃起してパンパンになっても柔らかいんですよね。つるりとしていて。
それは女性の柔らかい膣に挿れて、女性と融合してぴったりとはまるため。
女性の膣壁は男性のペニスに合わせて密着します。
だから「突く」のではなくぴったりと挿れたまま、その場所を0度として亀頭を左右15度くらいずつひねる。
それを15分くらい続ける気持ちで。
途中萎えそうになったら、ピストンの動きをして持続。
これなら、男性にとっても心地よい刺激になり、早漏対策にもなるかもしれません。
アダルトビデオのようには、刺激的でなく、アクロバティック的でもないので喘ぎ声はそんなに出ないかもしれませんが、じわじわと高まっていきます。

ゆっくりと昇りつめて行く。これが女性の体がなせる技です。
あなたのペニスと膣が一体になり、女性があなたのペニスで本当にイク時、それはあなたを受け入れた証でもあり、相手の女性が自分自身を受け入れた証でもあります。
ペニスだけで交わったふりをするセックスもいいですが、そろそろ全身全霊のセックスもいかがですか?
気持ちいいセックスを♡

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ラヴィン みや

ラヴィン みや

1日で97000PVを集める人気の性愛コラム、「東京ラブコラム」を執筆するラブコラムニスト。
女性の性や生を表現する水彩画家でもあり、30年に渡り、絵や文章で自分を表現し続けている。女性が、自分らしい女らしさに目覚めて 幸せにキモチよく生きていくことは 男性にとっても歓び。女として生きること、そして セックスが 女性と男性をつなぐものであり 心と体を満たすものであるように日本のセックスが悦びだらけになりますように。

【活動履歴】
◆日刊ゲンダイ「私のヰタ・セクスアリス」掲載
◆東京ときめきアカデミー恋愛セックス担当講師
◆「Rebirthing〜Love My Vagina」を花と絵のコラボ展として、代官山のUPSTAIRS GALLERYにて開催
◆個展「密やかな戯れ」を東京雑司ヶ谷のBar Tsujiyaにて開催
◆「聖なる性の性教育講座」のためのイラストを提供。
◆女性向けセクシャルセミナー「女神のたしなみセクシャル講座」開催
◆女性向け恋愛セミナー「女神のたしなみラブ講座」開催
◆女性向けセミナー「魅たされ女子のつくり方」コラボ開催

カウンセラー メンタルケア心理士 恋愛/セクシャル講座講師 インナーチャイルドワーク アートWS講師

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る