【ヤレる男コラム】やっぱり女は嘘をつく〜演技と本気の境界線〜1,911 views

SEX時に気持ちのいい演技をする女性をどう思いますか?・・・え?そういうの回りくどいことはやめてほしい?そう思う人、結構多いかもしれませんね。 でも演技をする女性の気持ちが少し理解できると、きっと見方も変わりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤレる男候補生の男性諸氏、ごきげんいかが♪ ラブヘルスカウンセラーの小室友里です。
すっかり夏ですねぇ。夏を迎える準備は進んでいますか?

「っあちぃ…」

だけで何の意識もせず履くと、トンデモナイ目にあうハーフパンツ。今年も最も危険なファッションアイテムとなっておりますよ。
短足に見えるわ、すね毛が不潔感を漂わせるわで(生えてるんだからしょ〜がないとわかっていても、生理的に受け付けない人は受け付けないです)。ヤレる男候補生の男性諸氏は、ハーフパンツ厳禁です。履くならオトしたい女性がいないシチュエーションでお願いしますね♪

さて、先日私のところへ、こんな相談が舞い込んできました。

************************
女性はセックスの時に感じる演技をするのは本当ですか?
なぜ演技をするのですか?
男を喜ばせるためならやめてもらいたいです。
************************

なぜ…ねぇ。(ふう、とため息をつく私)
なぜ?と聞かれたら。

「男を喜ばせたいから」

の一言に尽きますよ、ええ。他の理由なんてないです。

その「男を喜ばせたい」気持ち。実はコレ、ふたつの女性心理が隠されています。
なにそれ?意味わかんねー!? ええそうですね。これが女性心理の難しいところで。これがわかんないから、男と女は永遠の謎を抱えたまま生きていくし、理解しようとして火傷するんですけどね。

さて。「男を喜ばせるための演技」。それにはこんな二つの意味合いが含まれています。

  • ・傷つけないために
  • ・自らの悦びを伝えるために

この二つ、結論からするとどちらも『演技』です。

「気持ちいい」

感じている快感以上の言葉や表情、リアクションで、快感を伝えます。簡単に言うと『盛ってる』ってやつです。
女性心理がわからない男性も、ここまでは理解できますよね?

問題は、この先です。なぜ傷つけないために、あるいは悦びを伝えるための『演技』が別物になってしまうのか。

男性を傷つけないために演技をする女性の言い分です。

「頑張ってるのにイカなかったら申し訳ないじゃん?」
「彼は気持ちよさそうなのに、私は気持ちよくないなんて言えないし」
「相性合わない人とは演技しないと盛り上がれない」

まぁ好き放題言ってますが、これが女性が思う『男性を傷つけないための演技』の本音です。 男性に対する愛情、優しさとも言えますね。

対して。自分の悦びを伝えるための演技はどうでしょう。

「いつも気持ちいいけど、いっぱい感じている風にしたくて」
「男の人って、声出してくれたら嬉しいんでしょ?だったら声出すし」
「感じている自分を見て喜んで欲しいから」

前者の男性を傷つけないための演技とどう違うの?
わかりづらいですよね〜。どこに差があるのか、ちんぷんかんぷんだと思います。

その答えは次週に。

ひっぱりますよ、ええ(笑)。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

小室 友里

小室 友里

90年代を代表する元トップAV女優。引退後は、雑誌や新聞にセックスにまつわるコラムを中心に執筆する傍ら、自身の結婚経験や心理カウンセラーの資格を活かし、性の悩みを解消する『ラブヘルスカウンセラー』としての活動も本格化。「セックスとはお互いを知ること」をモットーに、男女の性、特に男女間におけるセックスアピール、セックステクニック、セックスコミュニケーション(心の繋がり)について、「経験」と「知識」を兼ね備えた説得力のあるアドバイスは分かりやすいと高い評価を得ている。

★あなたの恋と性活を豊かにする『性活ブログ』毎日更新中☆
http://blog.livedoor.jp/yuriwan/

★あなたのの恋と性活が豊かにするセクシャルトークバラエティラジオ『小室友里の夜サプリ☆』では、あなたのお悩みを解決します。人に話せない恋愛やセックスの悩みなら、小室友里に相談しましょう。
メール:yuri@soraxniwa.com
Twitter:#夜サプリ

=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る