恋愛が重すぎる女は、恋愛に向いていないのかを考察する544 views

男性からすると、恋愛が重すぎる女性とは、あまり付き合いたくないというのが本音かもしれません。もし、仕事を頑張ると「仕事と私どっちが大切なの?」とか聞いてきて、「そんなのどっちも大切に決まってんじゃん!」なんて軽々しく言える雰囲気ではないのでしょう。

出典:http://www.shutterstock.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性からすると、恋愛が重すぎる女性とは、あまり付き合いたくないというのが本音かもしれません。もし、仕事を頑張ると「仕事と私どっちが大切なの?」とか聞いてきて、「そんなのどっちも大切に決まってんじゃん!」なんて軽々しく言える雰囲気ではないのでしょう。ではそんな女性は、恋愛に向いていないのでしょうか。

そもそも重すぎる女の恋愛とは?

出典:http://www.shutterstock.com/

出典:http://www.shutterstock.com/

①メールの返信が5分以内に来ないと不安になる

重すぎる女の恋愛傾向は、メールの返信が5分以内に来ないと不安になることが多いです。重すぎる女は、いつも恋愛中心で彼氏のことを四六時中かんがえています。また「自分は彼女なのだから最優先されるべき」という考えを持っていることもあるでしょう。

②電話に出ないと浮気しているのでは?と疑う

重すぎる女の恋愛は、電話に出ないと浮気を疑うということが考えられます。せめて5分以内に折り返しがあれば良いですが、そうでないと不安になります。

③「仕事が忙しい」と言うのは別れたいからだと勘ぐる

重すぎる女の恋愛は、「仕事が忙しい」と言われると、相手が別れたがっていると被害妄想に陥ります。とにかく不安で仕方ないのが特徴です。

④元カノや職場女性、女性店員に至るまでヤキモチを焼きまくる

重すぎる女は、元カノに異常なまでの執着心と嫉妬をあらわすことがあります。部屋に元カノのものが残っていたり、大切にとってあったりすると気が狂いそうになることもあります。また職場女性とちょっと話をしただけでもヤキモチを焼いたり、ひどい時には女性店員に笑顔で質問しただけでも不機嫌になることもあります。

⑤生活のすべてが恋愛中心で他のことが手につかない

重すぎる女は生活のすべてが恋愛中心であるということです。仕事や友達との付き合いなどは後回しで、彼氏と会うことばかり考えています。休日は必ず会いたいと思うのも特徴です。

重すぎる女が恋愛に向いていない理由

重すぎる女が恋愛に向いていない理由は、気軽で自由な恋愛を楽しむことができないからです。本来、恋愛はどこかフワフワしたような夢見心地の楽しいものです。それが重くなってしまうようなら恋愛に向いていないのかもしれません。

もちろん真剣に恋愛する人も多いでしょうし、恋愛から結婚へ発展していくものです。だけどすべての恋愛が、結婚に結びつくわけではありませんし、結婚したい相手かどうかを見極めるための恋愛なのです。

恋愛が重すぎると、そんな楽しい関係を築くことがむずかしくなります。はじめのうちはお互いに同じくらいの温度だった気持ちが、だんだん温度差が出てきて苦しくなってくるのです。そんな恋愛になってしまう女性は、どちらかというと、恋愛に向いていないと考えられます。

重すぎる女が結婚に向いている理由

では、結婚ならどうなのか? 恋愛が重すぎる女は、相手に対して一途であると考えられるので、結婚したらうまくいく可能性は高いでしょう。また、恋愛は「いつか別れが来るかもしれない」という不安が付きまといますので、結婚という確かな関係ができ上がれば、安心できる可能性が高いのです。

恋愛が重すぎる部分をのぞけば、彼女のことを好きだというなら、結婚を考えてみるのも1つの方法かもしれません。重くなる理由は、不安だからなのです。関係を変えればうまくいくこともあるでしょう。

まとめ

重すぎる女は恋愛に向いていないという結論ですが、男性側がどんな女性を求めているかによっても変わってくることでしょう。一途に思ってほしいと願う男性なら相性が合うでしょうし、もっとラフな関係で楽しみたいと思う男性ならうまくいかないでしょう。重いか重くないかだけが人を判断する材料ではありませんので、一緒にいて安らぐかどうかで判断すると良いでしょう。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

【5年以内に作家になるライター】壇条 美智子

【5年以内に作家になるライター】壇条 美智子

学生時代に心理学を専攻し、20代には女優を目指して舞台や映画に出演。その後は美容・健康系の資格を取得し、ライターとして始動。元格闘家の夫の食事管理やマッサージなどの経験を活かして、皆様に有益な情報を提供したいと思っております。

現在は、健康、自己啓発、夫婦関係、成功哲学などの記事を執筆しながら作家を目指しています。

ブログ:http://www.danjyomichi.net/

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る