マッチアラーム

エンタメ 旅行

【出会い確実】一人旅のススメ。旅の充実ポイントや出会いのコツも

投稿日:2017年11月25日 更新日:


一人旅にあこがれませんか。あるいはいつもは友人たちと一緒の行動をにぎやかにすることが好きな人でも、一人旅をすることにはまた新しい発見があるのでおすすめです。

そして一人旅には一人旅だからできる女性との出会いの方法もたくさんあるのです。そこでここでは、男性の一人旅のポイントと出会いの方法、そして一人旅をするのにおすすめのスポットをいくつかご紹介します。 

一人旅を充実させるポイントは?

まず一人旅を充実した楽しいもの、自分にとって得るものが多い経験にするためにはいくつかポイントがあります。

自分の興味や価値観に従って計画を立てる

一人旅では「人はどう思うだろう」などの忖度は不要です。

日常生活ではランチの店1つ決める時でさえ、人の意見を聞いている人にとってはなおさら、一人旅だからこそ自分の1番興味のあることは何かということを自分の心に問いかけてそれに沿った計画を立てましょう。

 一人旅のテーマを決める

自分の興味や目的に沿った一人旅のテーマを決めることもポイントです。

たとえば、「中世ヨーロッパを感じる旅」「ドイツビールを飲みまくる旅」「1日1人は知らない人に話しかけてみる旅」など、何でもよいので、テーマを決めてそれに沿って計画を立てるとさらに旅の印象がくっきりしたものになります。 

テーマに合わせて、最低限の「装備」を決める

テーマによって必要なものは変わります。世界史の事典、美術のハンドブック、一眼レフカメラ、ハンモックなど多種多様です。旅で起こる出来事を想定して装備を選びましょう。そこからすでに一人旅は始まっています。 

ノートに記録する

一人旅をする際には万が一のためにパスポート番号、クレジットカードの情報、住所や緊急連絡先などを記録しておくことが必要です。それもスマホなどに入れておくと、自分にトラブルがあった時に助けてくれた人が見られない可能性がありますから、ノートに書きましょう。 

さらに、宿泊場所、使ったお金、食べた料理、感じたことなども書いていきます。それは自分との会話になりますから、普段では思いもかけない自分の考えと巡り合うことにつながります。また10年後に読み返した時には何よりの宝物になるでしょう。 

インターネット環境から遠ざかる 

一人旅の最中に、インターネットとつながっていてLINEやFacebookで友達とメッセージを交わしてしまうと、一人旅のだいご味である「孤独」を感じることができません。

もちろん、何かの調べ物をする場合にはスマホは必要ですが、それにはできるだけ触れないようにしましょう。記録にノートを使うのものそのためです。 

現地の言語を事前に覚える

一人旅の目的地を海外にした場合はできる限り現地の言葉を事前に覚えてから行く方が、現地の人との思わぬ交流ができて、より旅の濃度が高まります。当然出会いのためにも有効です。たとえば、

  • こんにちは 
  • ありがとう 
  • おいしいです 
  • いくらですか? 
  • 私は日本人です 

くらいの簡単な内容を現地の言葉でつっかえつっかえ話すだけでも、相手との距離は格段に縮まります。

 現地の歴史を簡単に勉強しておく

国内でも海外でも、その土地、その国の歴史の延長線上に現在の姿があります。その背景を知っていると、モノの見方がより深くなります。

予定通りではないことを楽しむ

旅は予定通りにいかないことも多いです。日本で予約してた列車がなぜか廃止になっていたり、ホテルの予約が取れていなかったり、思わぬ土砂降りに見舞われたり、などです。

これを災難と思ってしまうと悲惨な記憶しか残りませんが、むしろ、ロールプレイングゲームのように、目の前に現れたトラブルや予定外の出来事を楽しむことが自分の経験値も上がり、充実した一人旅にしていくポイントです。

一人旅で得られることは非常に多い

そのようなスタイルでする一人旅では得られることも非常に多いです。たとえば以下のようなことです。

小さな幸せに気づく

海外で安いホテルに泊まり続けていると、シャワーはだいたい水です。それが続いて、ある宿でたまたまお湯が出ると本当に幸せになって、それが当たり前である日本の生活の幸せにも気づきます。

新しい興味が生まれる 

現地で過ごしてそこの文化や生活に触れていると、新しい興味が生まれることも多いです。全く音楽に興味のなかった人が、街角で演奏していた楽団の音楽に魅了されたり、食事を通じて実は日本との深い関係があったことに気づかされたり、というようなことです。それは自分の人生を豊かにしてくれます。 

自分のことを改めて誰かに話す機会ができる

現地で知り合いができると、いろいろなことを質問されます。

  • 何の仕事をしているのか? 
  • その仕事は面白いのか? 
  • なぜそれを選んだのか? 

その素朴な質問は改めて自分を客観的に見つめ、そして表現することにつながりますから、自分に関する新たな気づきが生まれます。

 人の優しさを知る

一人旅をしてハプニングに困っている時、意外に多くの人が助けてくれます。

普段仕事で自信満々にバリバリと働いていても、知らない土地で起こったトラブルに途方に暮れていしまった自分を見ず知らずの人が助けてくれることを通じて、人が人に対して優しくすることがある、ということ、そしてそれがいかに相手にとってありがたいことなのか、ということを知るでしょう。それは自分の中での新しい価値観につながります。 

サバイバル力がつき、いい意味でラフでタフな精神が身につく

一人旅をしていると、それまでしたことがなかったような、料理、洗濯、交通の手配などをすることになります。

最初は悪戦苦闘するかもしれませんが、繰り返すうちにどのような場所でもやっていけるサバイバル力と、いい意味で細かいことは構わなくなる精神的なラフさやタフさを身につけられます。

友達ができる

それが異性であればなおさらうれしいですが、同性であっても、また年が離れていても一人旅をすると友人ができることが多いです。

その人とは意外に長く続くかもしれませんし、その時だけの付き合いかもしれません。しかし自分の人生にとっては貴重な彩りになるでしょう。 

一人旅で出会いを求めるには

以上のようなメリットがある一人旅ですが、やはり一人旅のロマンを満喫するには、旅先で異性と出会いをがあることがその嚆矢でしょう。

そのためにはどのようなことをすればよいのか、という点についてご紹介します。

自分から話しかける

知らない人に話しかけるのは、よほど性格がオープンでない限り抵抗があります。しかしそれで拒否されても、相手はその時だけの人です。こちらも多少恥ずかしくなっても、本質的には何も失いません。ですから、勇気をもって話しかけることがまず最初のポイントです。

話しかけることが苦手な人は以下のことを心がけてみましょう。

1つは現地のツアーに参加して、気づいたことを何でも参加者やスタッフの女性に質問することです。こちらがいかにも観光客であれば、親切に対応してくれる人は多いですし、そこから親しくなることも十分にあります。

2めは同じような観光客の女性を狙って、その人が自撮りをしようとしていたら写真を撮ってあげることです。あるいは観光スポットにいたら、写真を撮りましょうかと話しかけてもよいでしょう。

3つめは女性が好きそうな日本の小さな小物を持って行きましょう。道を教えてくれたり親切にしてくれた女性にあげるとそこから親しくなれます。

ホステルに泊まる

ホステルは日本でもユースホステルがあり、海外にもありますが、ほかの女性の旅行者と知り合いになれる格好の場所です。その女性もホステルの泊まるくらいですから、初対面の人と知り合いになることを拒むスタンスは持っていないはずです。

 現地のSNSや出会い系サイトを使ってみる

この時だけはネットの利用を自分に許可しましょう。たとえば日本で鹿児島に行けばFacebookなどのSNSで鹿児島の人を検索できますし、出会い系サイトに登録しておけばそこで現地の人を探すことができます。

海外でもTwitterやInstagramでその場所のハッシュタグを入れて「旅行者ですがどこでご飯を食べたらいいですか」などの問いかけをすると何人かが必ず答えてくれます。それが女性であれば、一緒に食べてくれることを頼むのです。 

Wi-Fiのある飲食店で旅行者を探す

すべての旅行者はWI-Fiを必要としています。ですから無料のWi-Fiを提供しているスターバックスやマクドナルド、バー、ラウンジに行けば、ほかの旅行者にほぼ間違いなく出会うことができます。

旅行者は一目でわかりますから、その中でこれはという女性に声をかければいいのです。

ここは行っておくべき!一人旅で行くおすすめスポット

一人旅でいくべきスポットの選び方は2つです。1つは現地の女性と出会うことを基準に考えることです。海外の場合はほぼこれでよいでしょう。国内でもたとえば博多弁の女性と出会いたければ中洲に行くことはおすすめです。

もう1つは特に国内で女性の旅行者との出会いを求める場合は、自分も観光スポットに行くことです。その観光地が自分の興味ともぴったり合っていれば、そこを訪れる女性旅行者との話も合うはずですから、仲良くなれる確率は上がります。

そういう観点で選んだ場合の国内3カ所、海外3カ所のスポットをご紹介します。

国内編

知床/北海道

北海道の知床は北海道らしい雄大な大地と北海道ならではのグルメが楽しめるスポットです。特に流氷のころは非常に寒いですが、それを見るために訪れる女性観光客も多いです。

屋久島/鹿児島県

鹿児島県の屋久島は、ジブリのアニメ「もののけ姫」のモデルになった屋久杉が生える島としても有名ですが、実は強力なスピリチュアルスポットとしてもブームのエリアです。したがって、そのようなことに興味がある女性、特に男性との出会いを願いに行く女性が多く訪れていますから、出会うためには絶好の場所です。

福岡市中洲/福岡県

中州は福岡市の最大の繁華街です。特に中洲川沿いの屋台は博多ラーメンやもつ鍋などだけではなく、本格的なフレンチやバーまでありますからグルメ目的でも楽しめます。またそういう場所がよければ「夜のお店」もたくさんあります。特に福岡の女性の博多弁は可愛いのでおすすめです。

海外編

バンコク/タイ

バンコクは物価も安く一人旅には最適です。昼間は寺院、王宮、水上マーケットを観光し、夜はゴーゴーバーやクラブ、カラオケなどに行けば現地の女性と知り合うことができます。またカジノも実は一攫千金を狙う男や失意の男を対象にした女性がたくさんいます。

デリー/インド

インドを旅すると人生観が変わると言われるほど、一人旅にはぴったりなのがデリーです。物価も安く、観光スポットも目白押しで、かつその日本とは全く異なる生活環境には驚くでしょう。女性は非常に美人で、英語が通じ知性的なことが多いですから、積極的に声をかけましょう。ただし、道を歩いていると「ガンジャ」の押し売りがきますが、これは大麻のことですから絶対に断りましょう。

ハノイ/ベトナム

ベトナムは首都のホーチミンもいいですが、かつての首都でアジアの熱気と、フランス統治時代の優雅な雰囲気を楽しむのならハノイがおすすめです。ベトナムはアジア1美人が多い国、とも言われていて、何よりアオザイという民族衣装はベトナム女性のスタイルのよい身体の線が出て、男性にとっては最高です。

まとめ

いかがですか。

自分を成長させるためにも、人生観を広げるためにも、そして女性と出会うためにも一人旅はおすすめです。ただし国やエリアによっては、観光客狙いの犯罪者予備軍がいますから危険そうなことからは必ず自分を遠ざけるようにしましょう。


恋愛したい!彼女が欲しい!そんな方は、「彼女欲しい!!と思ったとき、「出会いの場」どうしてる??」を読んでみてください。

出会いは作る時代!少し意識を変えるだけであなたの求める恋愛はスタートできるんです!

合わせて「こりゃダメだ…彼女ができない人とイケメンじゃないけどモテる人の違い」も読んでみると女性が男性に対して求めている理由がきっとわかりますよ!これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

あなたにおすすめの他の記事



-エンタメ, 旅行
-

Copyright© ORETTE.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.