マッチ・ドットコム

コンプレックス 雑学

もう薄毛に悩まない!目的に合わせたおすすめの薄毛治療のご紹介!

投稿日:2017年10月31日 更新日:


近年、ストレス社会と言われている事もあり、 薄毛に悩まれている方が多くなってきています。その中でも薄毛の種類によって治療方法が異なるのはご存知でしょうか? 

「単純に育毛剤を使用する」 

「植毛を行う」

などでは解決する事はありませんし、しっかりと目的別対処しなければ、 薄毛が進行する事も十分に考えられます。

この記事では目的別の薄毛治療について詳しく説明しています。まずは薄毛治療とは何なのか?以下からご覧ください。

薄毛治療とは?

その名の通り薄毛の治療を行う事を言います。薄毛治療といってもそれぞれに合った治療法があります。 

育毛

まずは育毛の薄毛治療についてです。育毛治療の目的は、現在生えている毛を育てる事です。また、毛の寿命を延ばしてあげる事です。

一般的な認知としてはそこまで浸透していないのですが、 頭皮にある毛穴の数は生涯変わる事はありません。 

よって、通常通り毛が生えて来て通常通り育てば髪の毛は減らないという事になります。 

こちらのサイクルが、遺伝、頭皮の状態悪化、男性ホルモンの影響などにより、 髪の毛のサイクルのうちの【成長期】でうまく髪の毛が育たないという事が起きます。 

これが、髪の毛が少なくなったと感じる仕組みです。 

こちらの仕組みを整えてあげる事が、育毛治療の目的であり、 現在生えている毛を育てる事に繋がり、毛の寿命を延ばしてあげる事になります。 

発毛

発毛治療の主な目的は、脱毛してしまった頭皮から髪を生えさせることです。既に様々な原因によって脱毛状態になってしまった状態から、髪の毛を増やすこと。それが発毛の目的です。 

発毛には、ヘアサイクルが重要であると言われていて、 サイクルは、成長期⇒退行期⇒休止期の3つを順番に繰り返しています。このサイクルには4~6年の歳月が伴うといわれています。 

また、発毛に影響してくるのが食生活です。一般的に添加物が多い食材や油っこい食べ物は頭皮に悪い影響を与えます。 

これにプラスαの要素として、主に海藻類の摂取が不足するとホルモンバランスが乱れ発毛の妨げになります。パーマやカラーなども頭皮に強い影響を与えますので、控えるようにする事が大切です。 

具体的な治療法は後述して行きますが、 日常生活においても発毛を妨げる行為がある事、またそれらは本来発毛する事に遠ざかっている事を理解しておいてください。 

植毛

そもそも植毛とは、外科手術により実際に頭皮に毛を植える方法です。現在ではほとんどが自毛植毛です。 

植毛の本来の目的としては、自然な仕上がりと密度を保ち、植毛を受けた本人が満足し、 一番大事なのは、周りの人からも薄毛と思われないような密度を確保する事です。 

植毛のメリットを挙げるとすれば、 自分の毛なので成長します。ほとんど元ある毛と同じようにサイクルしますので、メンテナンスの手間もかかりません。 

デメリットは、保険が適用されないので大きな資金が必要になるという事と、 一度に多くの毛を移植する事が難しく数回に分けて手術を行う必要があるという事です。 

また、植毛後すぐには根付く事はありませんので、 誰にも気づかれたくない場合は頭を隠してあげる必要あります。 

次に薄毛治療を行う前に知っておきたい事、やるべき事を記載した後、 目的別に紹介した治療法の順番通りに、各治療方法について詳しく説明して行こうと思います。 

薄毛治療のご紹介

それぞれの治療において最も現代で使用されている治療法は薬などを使用した治療法です。医学の発展に伴い、育毛、発毛、植毛、それぞれ大きな進化を今もなお遂げています。 

ですが、まずは身近な部分から変えていかなければ健康な髪を手に入れる事は不可能です。もしかすると治療を行わずに健康な髪を入手する事が可能かもしれません。 

例えば、 

  • 日常生活において食生活を変える 
  • 睡眠をしっかりとる 
  • 適度な運動を行う 

これらを日常から変えてあげるだけで、予防にもつながり、 自然治療ともなりえるという事です。 

具体的に、食生活においては油っこい食べ物を控えて、大豆などに含まれるたんぱく質、ビタミンEやミネラル。これらを日ごろから摂取する事によって、髪の毛を強く保ち、美髪に繋がるとされています。 

睡眠においては、基本的に22時~深夜2時に育毛に作用する成長ホルモンが分泌されるとされています。この時間に睡眠をシッカリ取るという事も大変重要となっています。 

適度な運動においても、血液の循環を良くする作用があります。これにより、細胞が新しく生まれ変わり、頭皮の細胞も新しい細胞に変わってくれるのです。 

上記はほんの一例にすぎませんが、 髪を健康に維持してあげるのには不可欠であると言えます。まずは日常生活から自分自身の髪と向き合うようにしていきましょう。 

それでは次では実際に育毛、発毛、植毛に置いて最適な治療法を取り上げて行こうと思います。 

育毛に最適な治療

さて、育毛に最適な治療について説明して行こうと思います。育毛治療で現在注目されているのは、 飲む育毛剤です。 

商品名はプロペシアRなどで出ています。こちらはホルモンバランスに大きく影響を与える薬であるため、医師の処方がないと服用する事はできません。 

また現在では世界60か国以上で販売されているAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。医師の診断を受けてこちらの治療薬を使用し治療するのが一般的であると言えます。 

発毛に最適な治療

続いては発毛においての最適な治療法です。メソセラピーという治療法、発毛剤による治療法、幹細胞再生治療などがあります。 

メソセラピーとは育毛に有効な栄養成分、発毛薬を直接頭皮に注入する治療法です。 

金額は全額自己負担なので高額となっている事と、アレルギーのリスクがあるため、進行度やプラン内容によって異なるので医師に相談して決めて行く必要があります。 

発毛剤の治療法としては、主にフィナステリド、ミノキシジルなどが一般的です。のみ薬や塗り薬などとして処方される事が多く、フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)を抑制し、ミノキシジルは毛っこ促進する効果があります。 

どちらともに言える事ですが、医薬品なので副作用を伴います。フィナステリドは勃起不全などの恐れがあり、ミノキシジルは多毛症のリスクがあると言われています。 

しっかりと医師と相談してから使用するのかどうかを検討する必要があると言えます。 

最後に、幹細胞再生治療についてです。一般的にAGA治療に使用されるもので、独自に調合した幹細胞成長因子を散布する事で、身体の中に幹細胞を成長させて発毛を促進する治療法です。

雑誌やニュースなどで取り上げられている事もあります。 こちらも脱毛の具合によって変化して行きますので、 医師としっかり相談をして決めて行く必要があると言えます。 

植毛に最適な治療

続いては植毛に最適な治療についてです。先程も説明した通り植毛治療とは、外科手術により実際に頭皮に毛を植える方法です。 

こちらは最終手段として使用される事が多く、先程お話した、フィナステリド、ミノキシジルなどもお試しいただき、それでも効果がない場合に手術を行い自分の後頭部などの毛を直接植え込みます。 

全額自己負担で金額も高額であり、期待している効果を望めない場合もあるため、こちらも医師と相談後納得をしてから治療を行う必要があります。 

1人で悩まずまずはご相談から

育毛、発毛、植毛など、 調べれば沢山の情報を入手する事が可能です。実際の体験談なども交えてお話をしてくださっている方も中にはいます。 

ですが、一番大切なのは、 まずは医師に相談する事です。相談する事で、もしかするとそのような処理を行う事なく解決する場合もあります。 

また、どの治療をするにしても、市販の薬を試すにしてもやはり相談して決めるのが一番の解決の近道になります。 

無料相談なども行っている事もありますので、一人で悩まずまずは相談から試してみて下さい。 

まとめ

これまでに育毛、発毛、植毛などの具体的な治療法を記載して行きました。その中であなたにあった治療法はどれでしょうか? 

おそらく自問自答をしても、どの治療法を試せばよいのか分からないはずです。それは、専門的でありデリケートな問題だからです。 

少しでも気になるようでしたら医師に直接相談を行いましょう。また記事内でも挙げましたが、 日常生活でも自分の髪と向き合う必要性があります。 

あなた自身の髪の毛を今後どうしていくのかはあなた自身が決める事です。

この記事を見て、あなたが前向きに検討していただき、少しでも参考になれば幸いです。


彼女が欲しいと嘆いているのであれば、「こりゃダメだ…彼女ができない人とイケメンじゃないけどモテる人の違い」を読んでみてください。

女性が男性に対して求めている理由がきっとわかりますよ!これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

あなたにおすすめの他の記事



-コンプレックス, 雑学
-

Copyright© ORETTE.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.