モテ

初めてのナンパでも怖くない!成功の鉄則を教えちゃいます

投稿日:2017年6月20日 更新日:


「ナンパ」

街で見かけた素敵な女の子に声をかける。そんなナンパは非常に緊張するものですし、下手を打つと大変な結末にもなりかねません。初めてならなおさら怖いものです。

この記事では、そんな初めてのナンパでも安心の鉄則の数々をご紹介します。

ナンパはチャラい?

「ナンパ」という言葉は、「軟派」という言葉から来るように、「硬派」の対義語でとにかくナヨナヨチャラチャラした印象を持ちます。

もちろん、ナンパの目的がヤルだけが目的のものはチャラチャラしたものと断言できます。

しかし、街である意味ドラマティックに一目惚れしてしまい、そんな素敵な女性に勇気を出して声を掛けることが果たしてチャラいものなのでしょうか。

いや、決してチャラくない!

街で一目惚れし、真剣に考えて声を掛けることは、決してチャラい「軟派」なものではありません。

もちろん、嫌がる相手に執拗に声を掛け続けるのは、正直あまりよろしいものではありませんが、声を掛けること自体は決して悪いことではありませんし、嫌がるかどうかも声を掛けてみなければわかりません。

自分自身に今一度自問自答し、勇気を出して声を掛けるのは決してチャラいものではないので、自信を持って声を掛けに行きましょう!

初めてのナンパを成功させる、ナンパの鉄則

さて、ナンパの行為自体を正当化したところで、ここからは具体的にナンパを行う上で押さえておきたいポイントをご紹介していきます。

一つ一つのポイントをしっかりと把握した上で臨めば、初めてのナンパもきっと怖くないはず。

ナンパは常に相手の気持ちを考える

そもそもナンパということは、相手の視点に立つと、知らない人から急に声を掛けられるというアクションを受けるものです。どうですか?怖いですよね?

「知らない人に声を掛けられてもついていってはいけません!」と子供の頃に親や先生に言われている通り、文字通り知らない人から声を掛けられることは、人に不信感や恐怖を与えます。

こういった背景をしっかり認識したうえで、相手の視点に立ってナンパをすることを心がけましょう。

まずは身だしなみを整える

あなたがもしも女性から声を掛けられて、その相手の容姿で警戒心も変わると思いませんか?美女ならば多少不思議に思いますが、話くらいは聞こうかと思ってしまいませんか?

それと同様で、声を掛けられる女性にとっても、声を掛けてきた相手の身だしなみをやはり見てきます。

この時、相手に余計な恐怖心や不審な思いを抱かせないようにすることは、とても大切なことです。

髪型や服装は清潔感を持たせる

身だしなみを整える上で気をつけたいのは、とにかく清潔感を持つことです。

相手の女性の好みは基本的にはわかりません。そのため、広範囲で好印象を受け取られやすい、清潔感のある髪型や服装を着て臨むことをお勧めします。

髪型はチャラチャラと髪を長くするより、短く整え、服装もジャケットを軽く羽織った好青年な服装の方が良いかもしれません。

眉なども出来るだけ整え、しっかりと清潔感を持って臨みましょう。

声かけはチャラくしなくてもOK

ナンパと言えば、馴れ馴れしく誘う謳い文句を言って誘うイメージが強いと思います。しかし、ナンパはそんなにチャラくしなくてはいけないルールなんてありません。

普通に声を掛けて友達になる、目的は当面はこれだけでOKです。まずは他人から知り合いになることを目的としましょう。

そこからお互い相手のことを知っていき、仲を深めていこうとすることは、なんら不自然なものではありません。

先述したように、相手は知らない人にいきなり声を掛けられて、警戒心を抱きます。その警戒心を解くためにも、自分も真摯な気持ちで対応しましょう。

ナンパをする目的は?

そもそも、街に一人でナンパをするためにやってきて、声をあっちこっちにかけている人は、普通に考えて頭がおかしいです。不審者と思われても仕方ありません。

そもそもなぜ今この場にいて、どのような状況なのか。こういったことを自然な形で伝え、改めて相手に好意を持ったことを伝えるのが良いでしょう。

個人的には、時間が出来て声を掛けましたなんて言うのは基本的に不自然だし、相手が良い印象を持ってくれるわけがないと思います。

そこで、そういった背景を基に、なぜその女性に声をかけたのかを伝えるとよいでしょう。

「あなただから声を掛けました。」という特別感が大切

なぜその女性に声をかけたのか。もちろん外見を占める割合が高いことは当然で、その他に雰囲気が好きだとか、フィーリング的なものも多いでしょう。こういった相手に好意を持った理由を明確にはっきりと伝えることも大切です。

基本的に人は好意を持たれることにそこまで悪い気はしないものです。もちろん例外もありますが。

なによりも、他の誰かではなく、あなただから声を掛けたという意図が伝わるように話すことが大切です。

要望を伝える

話しかけて少し先述したような内容を伝えた上で、相手が対応してくれているようなら、要件を伝えましょう。

いきなり話しかけてきてウジウジとしていても意味がありません。もちろん、相手に時間があるかどうかもわかりませんので。

相手が明らかに警戒心を解いてくれているようなら、そのまま少しお話しませんかと誘ってみるのもよいでしょう。また、無理にその場で結論を出さずとも、連絡先だけでも交換しませんかと、提案してみても良いでしょう。

あくまで今知り合った関係なので、ここまでスムーズにいくとは限りませんが、少々断られても少しだけなら粘る価値がありますので、がんばりましょう。

意識したい会話の仕方

話す口調ははっきりと!

ナンパをするこちらとしても、やはり知らない人に声を掛けることはドキドキするものです。初めてのナンパならばなおさらです。

そういった時にありがちなのが、緊張のあまりもごもごとしゃべってしまうことや、用件を伝えずにグダグダになってしまうことです。基本的にいきなり話しかけて、もごもごうじうじしている人は怖いです。

爽やかな笑顔を心がけ、はきはきとしっかりと会話をすることを常に意識しましょう。

相手を楽しませる

相手の警戒心を解き、なおかつ好印象を与えるのは、話していてこの人面白いなと思ってもらうことです。会話の中で冗談を交えながら誘うのがとても大切です。

基本的にこういったらああいうという返しが重要ですので、そういった返しが苦手な人は、ある程度シミュレーションを行うとよいでしょう。

相手の気持ちを考えてナンパする

ナンパを成功させる一番のポイントは、やはり相手の気持ちを考えることです。自分自身の一字一句に対して相手がいったいどのように思うのかを考え、ナンパの会話を考えましょう。

自分自身の気持ちを誠心誠意伝わるように、相手のことを考えてナンパをすることがなによりも大切です。


彼女が欲しいと嘆いているのであれば、「こりゃダメだ…彼女ができない人とイケメンじゃないけどモテる人の違い」を読んでみてください。

女性が男性に対して求めている理由がきっとわかりますよ!これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

-モテ
-

Copyright© ORETTE.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.