マッチ・ドットコム

モテ

彼女へのプレゼントバイブル!人気ブランドと相場、演出法も!

投稿日:2017年9月1日 更新日:


誕生日やクリスマスなどの時に、彼女へ何をプレゼントすればいいのかは多くの男性が悩むところです。

誕生日祝いだけではなく、女性によっては「2人が初めて会った日」などのマイ記念日まであったりするので、なおさら悩むことが多いのです。

もちろんそれには何をあげればよいのかということと同時に、予算の問題もあります。

その時の気分や趣味に沿わないもの、流行を外しているもの、年齢に合わないもの、相場より安いものをあげてしまうと、こちらはそんなつもりがなくても「私に対する気持ちはその程度なの?!」と、モノ=気持ちで評価され、機嫌を悪くさせてしまい、非常にそのあとのケアが大変です。

また「また花束?」など、陳腐なものや同じものばかりあげてもイエローカードを出されてしまいます。本当に困ったことです。

そこでここでは、彼女に何をプレゼントすれば喜んでもらえるのか、そして相場的にはどの程度を考えればよいのか、といった男性最大の悩みを解決するためのガイドラインをご紹介します。

彼女が喜ぶ正統派プレゼントとおすすめブランド

最初に、彼女が確実に喜ぶテッパンのプレゼントアイテムと、そのおすすめのブランドをご紹介します。

彼女にあげるテッパンのプレゼントアイテムランキング

彼女の年齢にもよりますが、以下のものからプレゼントを選んでおけばまず間違いはありません。

1位 ブランド腕時計

最近は腕時計ではなくスマホで時間を見る人が増えていますが、しかしだからと言って腕時計が廃れているわけではありません。

むしろファッションアイテムとしてはまだまだ人気です。特に働いている彼女にとっては確実にうれしいプレゼントでしょう。

2位 アクセサリー

プレゼントの定番と言えばアクセサリー、ジュエリーです。特にブランドネックレス、ブランドピアス、指輪、ブレスレットなどは確実に彼女の心をヒットするでしょう。

ただし大切なのは素材、またはデザインはゴールドであることです。さらに、それをちょっとおしゃれなジュエリーボックスなどに入れて贈れば、評価の爆上がりは間違いなしです。

3位 ブランドバッグ、ブランドポーチ

女性はたくさんの小物を持ち歩いています。男性のようにバッグ無し、全てポケットに収納、というわけにはいきません。

ですので、バッグやメーク品などを入れるポーチも喜ばれます。

4位 ブランドグッズ

そのほかいつも使うような小物関係もプレゼントとしては最適です。

ブランド財布やキーケース、仕事をしている彼女であれば名刺入れ、秋口であれば冬に備えたブランドマフラーもよいでしょう。

彼女が絶対に喜ぶおすすめブランドランキング

では、そのようなアイテムはどのブランド物で選べばよいのでしょうか。

もちろん、高級ブランド、ハイブランドであればよいですが、しかしそれにも流行り廃りがあって、同じ女性ブランドでも人気ブランドとそうではないものがあり、それを外すとよい評価はもらえません。

アイテム別にそれらは細かくあるのですが、ここでは代表的なものをランキングでご紹介します。

まず腕時計なら以下のものがよいでしょう。これは女性に「腕時計をもらうならどのブランドがいいか」というアンケートの結果です。

腕時計ブランドランキング

1位 カルティエ(45%)

2位 セイコー ルキア(18%)

3位 ロレックス(14%)

4位 シチズン xC(クロスシー)(8%)

5位 オメガ(7%)

6位 エルメス(6%)

7位 SHEEN (シーン(2%)

彼女年代別おすすめジュエリーブランド

さらにジュエリーの場合は人気ブランドでも彼女の年齢やステータスによって、合うブランド変わります。ネックレスを例にとってご紹介します。

まず彼女が10~20代の場合です。

何といっても最初に上がるのはティファニーです。誰でももらってうれしいテッパンブランド。予算的には30000円~70000円です。

またもう少し予算を抑えめにするのなら4℃(ヨンドシー)もよいでしょう。日本の中では歴史のあるブランドですが、魅力は色あせません。予算は20000円~50000円です。

また男性は知らないかもしれませんが、最近人気が高まっているのがヴィヴィアンウエストウッドです。定番は土星をモチーフにしたネックレスです。予算は30000円~50000円です。

ほかには以下のようなブランドでも確実に喜んでもらえるでしょう。

サマンサティアラ/サマンサシルヴァはフェミニンなテイストで人気です。可愛い系が好きな彼女ならピッタリでしょう。予算は30000円~50000円です。

スワロフスキーは予算が20000円~40000円とお手軽ですが、高そうに見えるのでコスパがよいです。

ザ キッス(THE KISS)も予算が20000円~30000円ですので、彼女が高校生や大学生の場合でもアクセサリー負けしません。ペアネックレスもたくさんありますので、お揃いで購入してもよいでしょう。

さて、次に20代でもバリバリ働いている彼女から30代、40代にあげるのにふさわしいブランドです。

1つは何といってもカルティエでしょう。一生モノとして使えるので、ここぞという時のプレゼントには最大の効果を発揮します。予算は150000円~300000円以上ですが、それだけの価値は十分にあります。

それより少しだけお手軽なのがシャネルです。とはいえ予算は100000円~300000円ですが、幅広い年代で使えます。カルティエがやや保守的なのに対してこちらは少しとんがった女性向けです。

女性は今も昔も花が好き

また、フラワーギフトも花と価格の選択を間違えなければ、喜んでもらえるプレゼントになるでしょう。

花束といえばバラが定番ですが、しかし定番すぎるので普通のボリュームではインパクトはありません。せめて彼女の年齢の本数にするとか、思い切って100本買うとかくらいの演出が必要でしょう。

代わりに最近はファッションビルなどに入ったおしゃれなフラワーショップも増えています。数千円の予算でシックな花束をと頼めば、センスのよい花束を作ってくれますので、ぜひ利用しましょう。

いくらなら満足?彼女年齢別平均プレゼント相場

ネックレスを例にとって、彼女の年齢別に人気ブランドとその価格帯をご紹介しましたが、プレゼント全体で考えた時にどのくらいの予算を考えるのが平均相場なのでしょうか。

以下にその目安をご紹介します。

大学生で18~19歳

この年代の彼女はブランド物や、アクセサリー自体への経験値が低いので、10000円〜15000円くらいのアイテムでも十分に喜んでくれます。

ケイトスペードやサマンサタバサなどがよいでしょう。

大学生で20〜22歳

予算の相場は15000円〜30000円です。

30000円の予算が可能なら、コーチやルイヴィトンなどのハイブランドのアイテムも可能ですので、検討してみましょう。

社会人3年目くらいの24~25歳

予算は20000円〜40000円くらいを考えましょう。この予算であれば、20代半ばの女性の人気ブランドもある程度妥協せずに購入できます。

また、イオンドライヤーなどの、アクセサリーではなく20代女性の間で話題になっていて、しかし自分では買わないような高級美容用品にすれば10000円でも可能です。

予算が厳しい時は、1回だけであればこちらで逃げるのもアリでしょう。

20代後半〜30代以降

この年代の女性は、自分でもある程度のものが買えますし、過去にほかの人から色々なプレゼントをもらった経験があるでしょうから、それに見劣りしないレベルのものが必要です。

予算的には最低でも30000円以上、可能なら50000円以上は見ておきましょう。

時には大人のウィットや気持ちを伝えるプレゼントも

女性は毎回アクセサリーやブランド物のプレゼントでも十分に喜んでくれますが、しかしある意味それが「予定調和」になると、プレゼントをもらったうれしさもだんだんとは薄れていきます。

それではせっかくお金をかけている意味がありませんから、時には少しひねって、ブランド物ではない、大人の男性のウィットや気持ちが伝わるものを選んでみてもよいでしょう。

たとえば以下のようなプレゼントはいかがですか。

体験型プレゼント

美容好きな彼女であれば、都内やおしゃれなファッションタウンにある人気サロンでの本格エステティックやスパの体験をプレゼントしましょう。

自分がお姫様のように扱ってもらえ、かつそれで美しくなれるのですから、満足度は非常に高いです。

2人の写真の入った記念アルバム

2人の記念日を象徴するような写真をおしゃれなフォトフレームに入れたり、ブック型のきれいな記念アルバムに入れたプレゼントは、オンリーワンなものですし、彼氏が記念日を大切にしていることが伝わって喜ばれます。

そこに誕生日メッセージを入れたりすればさらに印象度アップです。

商品や店によっては名入れギフトサービスや名入れグッズもありますので、それをすればさらにオリジナルなプレゼントになります。

特に最近はアナログなフォトフレームではなく、スライドショーや音楽再生などもできるデジタルフォトフレームもたくさん売っていますのでそれもよい選択です。

一緒にショッピング

プレゼントの予算を前もって決めて、その予算内で2人で1日、2人のための記念アイテムをショッピングで探す、というのも企画性があり、なおかつ2人でショッピングをすること自体がイベントになって楽しめるよいプレゼントです。

特にペアリングなどはきっと彼女も喜んでくれるでしょう。

プレゼントの価値はモノだけじゃない。こだわりのサプライズ演出アイデア

また、具体的な品物ではない、渡し方や内容にこだわったプレゼントも、毎回ではなければ、サプライズ感があって彼女は喜ぶでしょう。たとえば以下ようなことです。

サプライズムービー

彼女を主人公にしたムービーを制作してみましょう。動画の制作は難しいと思うかもしれませんが、今はスマホアプリやPCソフトで比較的手軽に作れます。

彼女と出会ってから今までの軌跡、そしてこれからのことを予感させるような内容だったり、普段照れくさくて言えないようなメッセージのこもった内容など、自分の思いがこもったものを作りましょう。

ただし、サプライズ性が大切です。その動画をYouTubeなど中でのURLを知らないと見られないところにアップし、メールなどで彼女にその場でURLを送って、自分はキッチンやコンビニなどへ行き、その間に気づいて見てもらうようにしかけましょう。

そして見終わったころを見計らって、花束などを持って再登場、というような演出をすれば完璧です。

告白した場所で再告白

付き合いの長い彼女には、関係性が当たり前すぎて、つい改めて愛の言葉などを言ったりしなくなります。

しかし女性は意外に初めて告白されたこと、そしてその時のうれしかった気持ちをしっかり覚えているものです。ですので、普通のデートの行く先として思い出の場所を選び、1日デートを楽しんだ後に、折り目を正して告白した同じ場所で改めてきちんと再告白をしましょう。

彼女の感動の涙が見られるに違いありません。

奇跡の一枚撮影会

女性は基本的に自分のきれいな姿を残したいと思っています。

アイドルならプロのカメラマンが撮影する写真集などが出されますが、一般の女性にはなかなかそういう機会はありません。そこで、記念日に彼女の奇跡の一枚撮影会をプレゼントするのはいかがでしょうか。

女性写真が得意なプロのカメラマンとヘアメイクに依頼し、本格的なスタジオと機材を使って、写真集のような写真を撮影するのです。

そして撮影後は、そのメークとファッションのまま、ちょっと豪華なレストランを予約しておいてそこでディナー、というコースであれば確実に彼女は喜んでくれるはずです。

もちろん、できあがった写真は、大きくプリントしてフォトフレームに入れてプレゼント、で完璧です。

まとめ

いかがでしたか。

女性は自分と彼氏のことを細かいところまで記憶にとどめ、それに特別な思いを持っています。それがプレゼントのブランドや金額=自分への気持ちの強さ、という認識になったりするのです。

その気持ちを分かってあげて、彼女が喜ぶプレゼントを何とか考え、贈るようにしましょう。

もちろん中で書いたように、それはモノだけではなくコトでもいいのです。彼女の喜んだ顔を見れば、かけた費用が高かったという気持ちも、そこまでに至る苦労も吹き飛ぶはずです。


彼女が欲しいと嘆いているのであれば、「こりゃダメだ…彼女ができない人とイケメンじゃないけどモテる人の違い」を読んでみてください。

女性が男性に対して求めている理由がきっとわかりますよ!これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

あなたにおすすめの他の記事



-モテ
-

Copyright© ORETTE.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.