マッチアラーム

モテ 雑学

【彼女獲得論】アイツは彼女とどうやって出会ったのか?

投稿日:2017年11月8日 更新日:


彼女の作り方がわからないという方、暗中模索でがむしゃらに頑張ってもなかなか成果に結びづらいものです。そんな時は、先駆者の成功事例を参考にしてみましょう。

社会人になると出会いは減るもの。その中でも成果を得ている男性もいるのです。3ケースを紹介しますので、ぜひ参考にして自分に合ったアクションを起こしましょう。 

ケース1.合コン

王道中の王道かもしれませんね。見方を変えれば「知人からの紹介」「異業種交流会」等も含みます。その特徴は以下のように整理できるでしょう。 

仲間内で連携できる 

合コンの神髄はここでしょう。同性側メンバーが気心の知れた身内であるという点が最大の特徴であり有効に活かすべきポイントです。同性だろうと異性だろうと、初対面であれば距離感をつかむのにある程度の時間と会話のキャッチボールが必要となります。その場にいる複数メンバーのうち半分は気心の知れた間柄というのは非常に大きなメリットです。

もちろんこれは自分の身が受けるメリットではなく全員がそうなのですが、活かせるかどうかは違いが出ます。要約すれば、チームプレーにより「場の空気」を創り出せるということです。合コンの目的である異性側メンバーと打ち解けるためには、和む場の空気をつくることが大事です。初めまして、の状態だと口を開きづらいのは全員同じですね。

そこから、最初の切り出しを行う人、それに対して合いの手を入れる人、異性側メンバーにも話を振る人と、複数人がスムーズに回すことで、話しやすい「場の空気」が生まれます。話しやすいということは、楽しさを感じやすい状況なので、次のステップにつながる可能性を高めることができるでしょう。 

競争が多い 

上記と矛盾すると言えばするのですが。1対1ではなく複数対複数という状況を真摯に受け止めましょう。チーム連携するのはある一定ラインまで、そして一定を超えれば後はライバルと化します。 

往々にして人気は集中するものですから、意中の異性に思いを寄せる同性メンバーが複数人数要る可能性は高いのです。その時に、時間中に効果的に相手にアピールをしていかないと、印象に残らない又はあまり印象にならない、という結果になります。限られた時間で、かつ複数人数というシチュエーションで上手く自分を演出するのは、慣れと経験値とスキルが必要になります。 

ライバルといっても客観的に見て友人同士です。異性側から見て蹴落とすような狙いの言動があってはマイナス効果です。同性同士でも仲良くて、女性に対して気配りのできる男性が、合コンでモテる可能性の高い男性像と言えますね。 

相手のことが分かりにくい 

なかなか悩ましい点ですが、結局相手のことが限られた時間の飲み会ではよく分らないというそもそもの課題があります。”見た目”以外の要素が複数人での会話で薄まった状態では、人となりがいまいち分らず、会が終わった後に振り返った印象が薄いという状態になります。 

この点は、もはやそういうものだと割り切った方が良いでしょう。あくまで合コンは入り口に過ぎず、相手をよく知るための場は次回以降の個別のデートだと割り切りましょう。 

ただ、この観点は相手の目線で見たときのリスクとして解釈しておくべきと考えられます。結局よく分らなかった…となるのは相手も同じ。”それとない好印象”が残るように、時間内で上手く立ち回りましょう。 

ケース2.婚活パーティ

最近は婚活パーティも盛んに開催されています。中にはテーマ性を持たせているものもあり、マッチング率を高める工夫もされているようです。テーマ性の例としては、「年上男性年下女性を好む人」「インドア派の男女」「高身長の男性、高収入の男性」などといったものです。そもそもニーズで入口を絞り込むことで、当日本番でのミスマッチ率が低減できる狙いがありますね。 

さてそんな婚活パーティは、どんな特徴があるでしょうか。概要を俯瞰してみましょう。 

ファシリテーターがいる 

婚活の場合は婚活企画会社がイベンターとして運営を担っていることが多いです。専門サイトなどがあり、利用者はそこから内容を確認して申し込みます。男女それぞれの人数はイベントごとにかなりばらつきがあるようです。数名規模のものもあれば、20名対20名など大規模なものもあるようです。 

概ね1.5時間ほどでイベントを進行するケースが多いようで、全てイベンター側のファシリテーターが取り仕切ってくれます。その点では、流れを作ってもらえるので気楽に参加できるでしょう。婚活パーティの流れとしては、順々に全員と数分ずつ話をして、男女ともに希望の相手を申告して2週目の会話タイムに流れていきます。 

人数は多いが一人当たりの時間が短い 

婚活パーティは多くの異性と接点を持てる効率性が特徴と言えます。ただ逆を言えば、限られた時間で多人数と接点を持つため、一人あたりの会話時間がかなり短めになる傾向があります。例えば20名規模の場合であれば、一人当たり数分で会話をクローズしなければならないでしょう。 

そのため、予めの準備が重要になってきます。30秒から1分間程度の自己アピールがスムーズにできるよう、伝えるべきことをしっかりと整理しておきましょう。 

第一印象が最重要 

上記とも重複しますが、一人あたりの時間はかなり限られます。会話で相手の印象に残るという正攻法もありますが、それ以上に第一印象のウェイトがかなり大きくなるでしょう。会話で挽回できる余地が小さくなってしまうからです。 

もちろんイケメンのみが勝つ場である、という意味ではありません。最低限の清潔感、身だしなみが必須ということです。ファッションについても気を配りましょう。第一印象で「NGではない」ラインを遵守し、あわよくば好印象を狙う必要があります。 

ケース3.マッチングアプリ

SNS時代である現代では、新たな出会いの形が生まれています。 

気軽な出会いのチャンス 

いまやSNSは極めて多くの人が利用しています。スマートフォンの普及でその利用人口は一層増加しているようです。その状況下、SNSと連携したマッチングアプリサービスが始まっています。 

少し前は「出会い系」と表現されていましたが、今やその垣根はかなり低くなっています。男女ともに20代~30代が主な利用者層となっているようですので、心理的にも気軽にし利用することができるでしょう。 

趣味や希望条件が事前にわかる 

マッチングアプリでは、プロフィールを登録して広く異性に見てもらうことでマッチングを促進します。ここで、自分がどんな人物かを上手く表現することで、PRを兼ねることができます。

受け取る側も、気になる異性を探すときに、写真など外見だけではなく、趣味や嗜好、希望する条件などを事前に知ることができるので、自分との相性を確認しながら相手を探すことができます。 実際に会うことになった場合でも、事前情報があれば話のネタに困ることも少ないでしょう。 

婚活への本気度 

マッチングアプリを利用している段階でそれなりの本気度があることは伺えるでしょう。ただ、中には気軽な気持ちで利用されている方もいるので、男女間の温度差が問題になることもあるのが婚活です。

マッチングアプリにおいては、プロフィールなどで自分のスタンスを表明することができます。その中で、結婚に対する本気度を伺い知ることができるでしょう。効率的に婚活を進めていくうえで、入り口でミスマッチが生じることを回避できるという点は、大きなメリットと言えるでしょう。 

まとめ

如何でしたでしょうか。異性との出会いの場は、多様化しています。行動をまずは起こすことが大事ですが、心理的ハードルが小さなものから順に試すことも有効です。気軽に試せるマッチングアプリなどは、物は試しで挑戦できる方法です。 

色々な方法を試して素敵な出会いを手繰り寄せましょう。


彼女が欲しいと嘆いているのであれば、「こりゃダメだ…彼女ができない人とイケメンじゃないけどモテる人の違い」を読んでみてください。

女性が男性に対して求めている理由がきっとわかりますよ!これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

あなたにおすすめの他の記事



-モテ, 雑学
-

Copyright© ORETTE.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.