彼女 思いやりがない

恋愛

男が嫌う思いやりがない彼女の特徴と直し方5つ

投稿日:2016年10月26日 更新日:


付き合っている彼女に思いやりがないと悩んでいる男性は意外と多いようです。時代は変わり、女性がどんどん強くなっています。しかし「強さ」という定義をはき違えている人がいるのも事実です。本当の強さは、優しさです。
恋愛のうちはいつでも別れることができますが、結婚を前提にお付き合いをしている人などは、少し考えた方が良いかもしれません。では、思いやりがない彼女の特徴を挙げてみましょう。 

店員などへの態度が横柄 

飲食店で食事をしているときに、店員に対して必要以上の要求やクレームをつけたり、横柄な態度を取る彼女は思いやりがないと言えます。大抵そのような場合には、周りの人に聞こえるような大きな声を出しますので、一緒にいる男性も同じような目で見られます。

女を見る目がないとか、よくあんな彼女と付き合えるなと思われているかもしれません。一緒にいる方は、恥ずかしくて穴に入りたい気分になることでしょう。でも実際、そのような彼女を選んだのはあなたなのです。

もしこの先も一緒にいたいのなら、彼女の思いやりがない態度を注意すべきです。聞く耳を持たないかもしれませんが、それから先はあなたが決めることです。

約束を平気で破る 

デートの約束の時間に平気で遅れてくるような彼女は、思いやりがないと言えるでしょう。連絡がないのは論外ですが、連絡すれば良いと思っている場合もあります。また二人で決めた約束を破るのは、あなたとの関係を甘く見ている証拠です。または、あなたが甘やかし過ぎなのかもしれません。

女性に優しくするのがイイ男だと思っているのかもしれませんが、彼女すらコントロールできない男は、はっきり言ってダメ男です。注意しても直らないのなら、別れるしかありません。

逆ギレする・謝らない 

彼女 怒る

喧嘩をした時や欠点を指摘した時などに、逆ギレしたり謝らないのは、人間として未熟です。甘やかされて育ったのか、言い訳で許してもらえると思っているのか、いずれにしても相手に対して誠実な態度ではないし、思いやりがない彼女だと言えます。

このような女性は、直そうという意思がない限り、その性格が直ることはありませんし、人間としての成長もそれ以上は期待できません。それでも愛情が変わらないという覚悟がある以外は、お付き合いを続けない方が良いでしょう。

自分の欲望を優先する 

相手の生活を考慮せずに夜中でも連絡をしてきたり、連絡に応答しないと「どうして出てくれないの」と責めたてたりするのは、思いやりがない彼女と言えるでしょう。いくら親しい仲とはいえ、それぞれに都合があることを考えていないのです。

また、彼女の過失による出来事だったとしても、謝りもせずに「だって仕方ないじゃない」と開き直って済ませようとしてしまう態度はやはり思いやりがあるとは言えません。

人の気持ちがわからない 

人の気持ちがわからない

相手の立場に立って物事を考えることができない彼女は、思いやりがないと言えます。そもそも人の気持ちがわからないということが、思いやりがないということです。しかしこのような彼女の場合、自分が同じようなことをされると激怒することが多いのが特徴です。

もし自分が同じ目に遭っているような場面を見つけたら、「あの時の人も同じ気持ちだったと思うよ」とたしなめてあげましょう。もしかしたら、自覚がなかっただけで、その性格を直そうと努力するかもしれません。人は変われないと言いますが、本人の意識次第では変わることもできるのです。 

本当の強さというのは、優しさや思いやりのことなのに、人に優しくすることは、弱さのあらわれだと信じている人がいます。このような場合、本当は心が弱く、心の弱さを隠すために強く見せかけていることが多いのです。それは自分ですら気づいていないのかもしれません。

もし彼女を本当に愛しているのなら、彼女を本当のイイ女に変えてみてはいかがでしょう。そもそも男が甘やかしすぎるから、女はどんどん調子に乗るのです。男こそ本当の優しさを見せつける時なのです。

また、もしあなたに彼女がなかなかできないのであれば「彼女ができない原因とイケメンでなくてもモテる男の特徴」もあわせて読んでみてください。
彼女ができなかった原因がわかって、今までの人生が大きく変わるきっかけになるかもしれません。

男性がエッチしたくなる!フェロモン香水の効果を信じますか?


それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

-恋愛
-, ,

Copyright© ORETTE.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.