SEX

みんな週に何回してる?30代のオナニーベストな回数と方法

投稿日:2017年4月14日 更新日:


オナニーは間違った方法で行うと、勃起不全を起こし、膣内でイケなくなる射精障害を引き起こすことが報告されています。それでも、オナニーをまったくしないのも考えものです。オナニーをしなさすぎると性機能の低下をまねく恐れもあるのです。30代のための最適なオナニーの回数、方法を考えてみましょう。

30代にとって最適の回数は?

理想は週2回

連続でオナニーをした経験は男性ならば誰しもあるものでしょう。連続したオナニーをする場合、どうしてもペニスをにぎるグリップの力がだんだんと強くなってしまいます。こうした強い刺激になれてしまうと、快楽の度合いが落ちてゆきます。

一方で、オナ禁を経たのち数日ぶりにオナニーをした時に、普段より精子の量が倍増して、気持ち良い経験をした記憶は誰しもあるでしょう。このことからわかるとおり、オナニーのベストな回数は数日に一度だといえるでしょう。おおよその割合としては、ベストなオナニーの回数は、週2回くらいにすべきでしょう。

30代はどれくらいしているのか?

それでは世の中の30代の男性はどのくらいの頻度でオナニーをしているのでしょうか。ある統計によれば、30代の男性のオナニーの平均回数は週2~3回となっています。

もちろんこのほかにも、性風俗店を利用するのか、恋人や奥さん、あるいはセックスフレンドなどのパートナーがいるのかどうかによって、その頻度は変わってゆくでしょうが、恋人がいない独身男性の場合は週に2~3回となっています。週に2回、多くても3回が、30代のベストなオナニーの回数だといえるでしょう。

オナニーをめぐるデメリット

オナニーしすぎのデメリット

オナニーは、正しい方法で適度に行う分には問題ありませんが、間違った方法で行うとデメリットを引き起こします。

一番大きな障害が性器の変形や、色素沈着です。オナニーをする際に、強い力を加えることによって性器が変形してしまう可能性があるのです。その場合、射精障害などを引き起こす可能性もありますし、何より見栄えもよくありません。さらに亀頭に皮をかぶせて行う、いわゆる皮オナニーも、変形の原因となります。オナニーの回数を繰り返すことによって、皮が伸びてしまい、仮性包茎の原因となります。

さらに、仮性包茎は、亀頭が皮の中にくるまれているために雑菌が繁殖して感染症を引き起こし、あるいは恥垢がたまることによってにおいの原因ともなりますので注意が必要です。さらに皮に刺激が加わることによって、色素が沈着してしまう可能性もあります。

射精障害も

さらにオナニーを繰り返すことによって、射精障害を引き起こす危険も報告されています。手による刺激はどうしても、膣内で得られる刺激よりも強くなっています。そうなると、いざセックスをしようとする時に、弱い刺激の女性の膣内ではイケなくなる勃起障害を引き起こしてしまいます。

さらに挿入は可能であっても、途中で中折れを引き起こしてしまい、勃起継続力に問題が生ずることもあります。さらにやっかいなのは、これらの勃起障害、射精障害は一度そうなってしまうと、元に戻すのはなかなか大変だということです。オナニーの回数によってはこうしたデメリットが生ずることは念頭に置いておくべきでしょう。

性機能が低下する?

これまでオナニーのしすぎのデメリットを紹介してきましたが、オナニーをしなさすぎるのにもデメリットが生じます。その最たるものが性機能の低下でしょう。

男性の体の中においては精子は常に製造されています。これは生存本能というべきものでしょう。ある程度、精子がたまってくると、性欲が巻きこることになるので、精子を定期的に外へ出だす必要があります。それが自慰行為です。

自慰行為、つまりはオナニーを繰り返すことによって、男性ホルモンの分泌が活性化され、勃起継続力などへもつながります。いわば性欲はごく自然な欲求であり、どんどんと生産される精液を常に出す必要があるのだといえるでしょう。こうした行為を行わないでいると、男性ホルモンの活性化がなくなり、最終的には精力減退につながってゆくのです。

もちろん、年齢を重ねていくうちに勃起力が弱まり、勢力が減退していくのは自然の摂理ではあるのですが、自らの行動次第、オナニーの回数を減らすことにより、場合によっては精力減退につながることもあるのです。

大人のオナニーを楽しもう

オナホも充実

間違ったオナニーは、手を使った強い刺激によって起こると述べました。そのため、最近では直接手を使わないオナニーも登場しています。代表的なものはオナホールでしょう。

セックスとは違った快楽を得られるアイテムが沢山あります。さらに、オナホールは直接手でやるよりも刺激が弱いため、膣内射精障害などに至る危険性が低いです。オナホールはローションを用いるため、強い刺激よりもじっくりとした快楽を味わえます。

オナニーの回数は週2~3回がベストですから、せっかくのオナニーを手で簡単にすませてしまうのはもったいないでしょう。せっかくならばじっくりと楽しみましょう。30代は経済的にも余裕が出ている世代ですから、オナホールを使って新感覚のオナニーを体感してみるのも面白いかもしれません。

動画を楽しむ

オナニーのオカズとなるものは、メインは動画でしょう。現在はインターネット上で多くの動画が出回っていますが、近年はいわゆるアダルト動画だけにはとどまりません。

最近では、VRを用いたアダルト動画も登場しています。専用のグラスを装着することによって、前の前に動画の世界が広がります。女性がたくさんいたり、あるいは局部のアップなどを体感できるなど、よりリアリティのある感覚を楽しめるようになっています。臨場感たっぷりのVR動画で、新しいオナニーライフを満喫してみましょう。オナニーの回数が増えてしまうかもしれません。

ペニス以外の刺激も

さらにオナニーをするにあたってペニスに刺激を与えるだけがすべてではありません。お尻の穴に挿入して前立腺を刺激することによって快楽を高めるエネマグラほか、ペニスだけではないオナニーグッズもありますので、興味がある人は試してみると良いでしょう。オナニーは回数を重ねていくうちにどうしてもマンネリ化が生じがちですから、新しい快楽に挑戦してみるのも良いでしょう。

あくまでノーマルに

回数をこなしていくことによってオナニーを極めていくのはもちろん良いことです。ただ、オナニーばかりに偏りすぎると実際のセックスがうまくいかないこともあります。さらにオナニーに偏りすぎてセックスレスとなってしまうこともあります。

間違ったオナニーの方法としてありがちなものとしてはAVと同じことをしてしまうものがあります。AV男優やAV女優の動きはあくまでもバーチャルなものです。オナニーはオナニー、セックスはセックスとして楽しむようにしまよう。

マニアックな動画、変態な趣味の動画を観すぎてしまうのも考えものです。30代の平均的なオナニーライフを楽しむために、その点は注意すべきです。

週2,3回はオナニーをしよう

30代のオナニーの回数は週に2~3回が理想です。オナニーのしすぎは勃起不全を招きますが、しなさすぎの場合も精力減退を招くデメリットがあります。適切な方法で適度にオナニーをするのがベストです。最近はオナホールや、VR動画など、オカズなどが進化していますので有効活用していくと良いでしょう。

まとめ

  • オナニーの理想の回数は週に2~3回程度
  • オナニーのしすぎは強い刺激による勃起不全、性器の変形などのデメリットがある
  • オナニーのしなさすぎも精力減退のデメリットがある。
  • オナホールや、VR動画など新しいオカズの活用もオススメ
  • マニアックな動画の見すぎは良くないので注意



-SEX
-

Copyright© ORETTE.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.