SEX

高速ピストンは痛いだけ!本当に使えるAVテクニックとは?

投稿日:2017年8月5日 更新日:


色々とお世話になることが多いAVですが、加藤鷹やしみけんさんといった伝説のAV男優が、AV女優を責め立てている技を見て、あの方法ですれば女性はイクんだな、潮を吹くんだな、電マで責めればいいんだな、と参考にしたくなる気持ちが男性には必ずあるはずです。

しかし詳細は本文でご説明しますが、そのようなAVテクニックは本当の上級者がするのであれば別ですが、中級者以下の人がした場合は、女性は感じるどころかほとんどはただ痛いだけなのです。

あれは、男性から見た理想のセックスのあり方で、いわば「ファンタジー」です。

それはネットで販売している「AV男優とAV 女優が教えるS級セックス教材」なども同様で、ほとんどのものは「勘違いセックス教材」でしかありません。

ですので、本当に彼女とセックスを通じてよい恋愛関係を築きたいと思ったら、AVテクニックは基本的には「見るだけ」にしておいた方が無難です。

とは言え、その中にもほんの一部は実際のセックスで使えるAVテクニックもあることはあります。ここではそのような使えるAVテクニックをご紹介します。

あぁ勘違い!女性が嫌がるAVテクニック

まず最初に、男性が勘違いしてしまいがちな、「これで女はいちころ」的に思っているのに、実は女性は嫌がっているAVテクニックを指摘しておきます。

ディープキスは唾液交換するのがベスト?

最近のAVは正常位で挿入しながらディープキスをする演出が多いようです。それも、舌を絡めながらお互いの唾液を交換するようなディープキスです。中には全編120分、そればかりを追っている作品もあるくらいです。

しかし、実際にこれをされた方の女性は、それが彼氏だからこそ我慢しているものの、心の中では気持ち悪くて吐きそうになっているのです

さらに、相手の口の周りを唾液でベタベタにするのもAVの中ではよくありますが、あれも唾液の臭いで女性は辟易しています。

高速ピストンでガンガン突くとイキまくる?

AVではAV男優が、正常位でもバックでもガンガンと高速で恥骨と恥骨が当たるくらいの勢いでペニスを突いています。

しかし、高速というだけの効果でイクということはほぼありません。むしろ女性の膣内は非常にデリケートなので、女性からすれば、よほどうまくしてくれない限り痛いだけの場合も多いのです。

Gスポットの刺激で、潮を吹かせるのがイカセ技?

また結構前からですが「潮吹き」というのが女性の「イッタ」時の象徴的な位置づけになっています。

そしてそれは、膣内のGスポットを刺激することでできる、ということになっていて、AVの中ではいとも簡単にAV男優がAV女優の膣内に指を挿入し、ものすごい勢いで手マンして、まるで噴水のように潮を吹かせています。

確かにGスポットを刺激することは、女性がイクことと直結していますが、しかしGスポットと潮を吹かせるポイントは全く別なのです。したがって潮を吹いたからといって女性がイッているわけではありません

特に、潮を吹くのは女性の体質やその日の体調に左右されるので、いくら刺激されても潮を吹かない人は吹かないのです。

仮に男性が何とか潮を吹かせようと必死になっていても、女性は感じもしませんので、演技で声は出していても実は冷めた目で見ているだけです

本当に使えるAVテクニック3選

いかがでしょうか。いくつかは実際にやった経験がある人も多いのではないですか。

しかしそれらは今日からは止めた方が無難です。そしてその代わりに、AVからは以下のテクニックを拝借しましょう。

1 胸への愛撫はアンダーバストから

胸は第2の女性器であることは確かですが、いきなり乳首を舐めてもダメです。最初は、アンダーバストの愛撫から始めましょう。

実は、胸の中でもアンダーバスト周辺には性感帯があるというのをご存知でしたか。ですので、まずはアンダーバストを手で包み込むように外から内へ、下から上へ持ち上げるようにもみましょう。

アンダーバストを入念に愛撫するメリットはもう1つ、女性が「じれて」くることです。

この「じらす」というのが非常に効果的なのです。その上で次は乳首です。乳首への愛撫はまず手で行いますが、その際には

  • 優しくつまむ
  • 指の腹で刺激する
  • 手のひらで刺激する

の3つの方法を使いましょう。

それをしながら、次はいよいよ口での乳首愛撫です。方法は、まずは唇で優しく乳首を包み込みます。そして舌先で乳首を転がすように愛撫し、さらに舌で舐めあげます。

イメージとしては、胸のやや下の部分から乳首を通過して舐め上げる感じです。感じやすい女性はこれだけでイキそうになるはずです。そのうえで軽く吸ってあげても効果的です。

2 クリトリスは初めから剥かない

次にクリトリスへの愛撫です。最初はクリトリスを覆っている陰核包皮をメインに指で責めましょう。

ただしここは非常に敏感なので、強い刺激はNGです。方法は、愛液を中指の腹に塗って、陰核包皮の上からクリトリスを上から下へ撫で下ろします。感じてくればクリトリスが充血して大きくなってきますから、それまでは上から下へで責めましょう。

このいきなりクリトリスではなく、陰核包皮を責めるのも「じらし」です。

さらに、陰核包皮の上から指で円を描いたり、軽くノックをしたりしながら、包皮の外周を責めます。ポイントは優しくリズミカルにすることです。

仕上げは、陰核包皮の上から人指し指と中指で膨らんでいるクリトリスを挟み、全体に圧力をかける感じで揉みます。ここまでで完全に女性は早くクリトリスを触ってほしいと狂おしく思っています。

さて、いよいよクリトリスを責めましょう。やはり1番よいのは指ではなく、舌で刺激を与える、いわゆるクンニです。

指で小陰唇を開き、舌で舐め回すのが1番効果があります。さらに真ん中を縦に舐めるだけでなく、左右の小陰唇の内側やクリトリスまでまんべんなく刺激しましょう。

次に舌先をとがらせて、触れるか触れないかくらいの刺激で、陰核包皮とクリトリスの境目を舐めます。そしてクリトリスに舌をあてて上から下へ舐め下ろし、下から上に舐め上げ、左右にクリトリスを舐め、こねくるようにして愛撫していきます。

最後が吸引です。ここまでの責めでクリトリスは充分すぎるくらい充血して勃起しているはずですので、いよいよ一点集中でクリトリスを責めましょう。

まず充血して勃起しているクリトリスを包皮からむき出しにします。すぼめた上唇と下唇をクリトリスに被せます。最初は軽く吸い付き、同時に舌先をリズミカルに上下左右にクリトリスを責めます。

ぺ―スを一定にしたほうが、女性はイキやすいです。これでほとんど女性は、まず1回目の絶頂を迎えるはずです。

3 高速ピストン不可!挿入はゆっくりの方がいい

1回イカセたら、いよいよ挿入です。まずはペニスの先端だけをを膣口付近に挿入し、軽く動かします。これも「じらし」です。そして次に、ゆっくりと奥まで入れていきます。

ゆっくりの理由は、どんなに濡れていても挿入が痛い女性が一定の割合でいることと、ゆっくり挿入することでここでも「じらし」効果があることです。ペニスが入りきるまでに1分くらいかけてもいいくらいです。

奥まで入ったら、今度はゆっくりとペニスを手前に引きましょう。このペニスの往復を、30秒~1分してからだんだんペースを上げ、いわゆるピストン運動に移ります。

ピストン運動は、3~4回浅くめにピストンして1回奥まで突くというサイクルです。このときは女性をイカせるよりもペニスと膣内を馴染増せることが目的です。これをしておくとGスポットあとでを責めるときの効果が高まります。

つい興奮すると高速ピストンをしそうになりますが我慢しましょう。奥まで突くときも、当てるというよりは膣内の奥を押すようなイメージです。

また、実は突く時よりもよりも「引く」時の方が膣壁への摩擦が大きいので女性は感じます。ですので、突くのは多少速いスピードでも、引く時はゆっくりを心がけてください。

そして最後にいよいよ待ちに待ったGスポットへの刺激です。ここで大切なのは挿入する角度です。

Gスポットはご存知のように膣口から3~5cmあたりの上側の壁周辺です。そこを刺激するには、初心者のうちはやはり正常位がよいでしょう。

Gスポットに当たっていると一気に身体の力が抜けたり、喘ぎ声の質が変わるので、それを見ながら、うまくあたっていないと思われたときには、少し女性の腰を持ち上げたり枕を腰の下に敷いて、挿入角度を変えてみましょう。

ピストンの仕方もGスポット付近を擦りあげたり突いたり工夫してみてください。

Gスポットに当たり始めたと思ったら、ピストンをそこに集中させます。基本は一定のリズムである程度続けたほうがイク確率は上がります。ただし、クリトリスではイケても挿入ではなかなかイケない女性もいます。

そういう場合でも焦らずに、少しつず開発して行くことが大切です。挿入でイクのに慣れていないと、その強い快感が怖くなって腰を引いたり、ピストンをやめさせようとしたりする場合があるので、やや強めに腰を固定してピストンし続けると、しっかりイカせることができます。

まとめ

いかがですか。

アダルト動画のシリーズの中にAV女優のプライベートセックスを撮ったものがあります。あれ自体ヤラセの可能性もありますが、しかし見ていると、同じAV女優なのにほかの作品での仕事のセックスの時と明らかに反応が違って、声もあまり出しませんし、体位も頻繁には変えていません。もちろんピストンもゆっくりです。

しかし、確実にそのAV女優が本当に「イッタ」というのが分かるのです。

ですので、本当に女性を自分のセックスで感じさせたいと思うのであれば、演出のAVテクニックはファンタジーとして鑑賞するだけにして、上でご紹介したような使えるAVテクニックだけを駆使ししてください。

きっと彼女の反応も、そのあとの態度も変わってきますよ。


彼女が欲しいと嘆いているのであれば、「こりゃダメだ…彼女ができない人とイケメンじゃないけどモテる人の違い」を読んでみてください。

女性が男性に対して求めている理由がきっとわかりますよ!これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!



-SEX
-

Copyright© ORETTE.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.