転職

30代男性が取得しておくとお得な資格とは?

投稿日:2017年1月15日 更新日:


30代に資格を取ってみようかなとは思うのは、スキルアップをしたい人が多いのではないでしょうか。実際に資格を取得することにより大きく向上することが可能になるのです。

興味のある資格なら、どんどん調べて情報を得ていきたいですね。

30代の男性が転職のために取得しておくと便利な資格は色々とあります。資格や免許についてあまり普段から興味の無い人もいるかもしれません。

でも自分の中で、子供の頃から実は憧れていた…というような職業もあるはずです。様々な資格や免許がある中でも、特におすすめしたい資格や免許についてご紹介していきますので、参考にしてみてください。

資格や免許を持っている人が意外と少ないわけ

資格や免許を持っている人は意外と少ないものです。自分自身のステップアップのために、免許や資格を取得する必要があります。

でも、免許や資格を取得している人は、30代ではあまり多くありません。それにはどのような理由があるのでしょうか。

資格を取得する必要がないと思っている

https://www.shutterstock.com/

https://www.shutterstock.com/

専門職であれば、必ず資格を必要とする場合もあります。でも専門職でなければ、資格が必要ない場合もあるでしょう。

わざわざ資格を取得してまで、転職をして面接を受けたくないという思いもあるので、大学を卒業したら、免許や資格を取らずに就職を試みようとする人もいるのです。

免許や資格が無くても受かるような就職先も多数ありますので、そういう就職先を一番に選ぶような人もいるでしょう。

技能さえあれば大丈夫

就職してから技能を得る人もたくさんいます。逆に言うと、就職してみないとどのような資格や免許が役に立つのかわからない場合もあるでしょう。もし、無駄な免許や資格を取ってあとから後悔をするくらいなら、就職してからでもいいかなと思う人は多いのです。

就職してから資格を持っていて収入がもらえなければ意味がない

https://www.shutterstock.com/

https://www.shutterstock.com/

資格給のように、就職をしてから資格を持っていることで給料が増える場合があります。これをあてにしているため、先に就職してからどの資格を取ろうか考える人もいます。

もしくは、自分の意思とは反して上司に言われて仕方なく取るような資格もあるでしょう。

転職をするつもりがない

最初から今いる企業でずっと働いていきたいという人は、転職の必要がないと考えます。転職をしないのであれば、免許や資格は特に必要ないと考えるのも当然でしょう。

このままの自分で十分だと思っている人からみれば、免許や資格の取得は必要ないと考えるものでしょう。

転職に有利な資格とは?

転職に有利な資格というものがあります。これを持っていることにより、今後の将来にも大きく役立つことでしょう。免許や資格を取るのは面倒だと思うかもしれませんが、免許や資格を取得することも考えておく必要があるのが30代の男性でもあるのです。

海外で人気のすし職人

https://www.shutterstock.com/

https://www.shutterstock.com/

日本ですし職人になろうと思うと、とても大変なイメージがありますよね。でもこれは民間資格であり、そんなに難しいものではないのです。

海外では日本のすしはとても人気があり、日本で民間資格を取って海外で仕事をする人も増えています。

30代なら、これからどんどん腕を上げていくことも可能ですから、元々すしに興味のある人でしたら、自分の好きなことが自分の仕事になるというメリットもあるでしょう。

盆栽士は海外の富裕層に人気

https://www.shutterstock.com/

https://www.shutterstock.com/

海外では盆栽の人気がとても高く、特に富裕層の間では盆栽に興味を持つ人は増えています。元々日本を愛している外国人は多いので、盆栽を自宅に持ちたいという気持ちが強いのでしょう。

海外にあまり行ったことのない人でも、盆栽を通じて外国人との交流をすることが可能になるのです。手に職を持つともいえますので、日本でも役立てることができる資格といえるでしょう。

パティシエ

スイーツがブームの現代において、パティシエはとても需要が高いです。女性だけではなくて、男性パティシエもとても増えています。特に、人気パティシエとして、実績を積むことができれば、起業をすることも可能でしょう。

パティシエになるためには、高校に出て製菓学校に通う人が多いでしょう。でも製菓学校に通わなくても、独自のセンスがあればパティシエになるのが可能です。関連資格として「製菓衛生師」と「菓子製造技能士」がありますが、必須の資格ではありません。

でも、これらの資格を持っていることにより、自分の勤めたい場所に転職がしやすくなるでしょう。

年齢を増すごとに素敵なスイーツを作ることも可能かもしれません。最先端の流行を取り入れていくのも大切なことでしょう。

国家資格を取るにはどんな種類があるのか?

https://www.shutterstock.com/

https://www.shutterstock.com/

国家試験を受けたいと思っていても、自分ではもう無理かもしれないと諦めているような人も多いのではないでしょうか。

でも世の中にはたくさんの国家資格があり、自分で考えているよりも簡単で取りやすい資格もあるのです。国家試験を受けるためには、それぞれの国家資格に対しての条件があるでしょう。

特定化学物質作業主任者について

労働安全衛生法で決められた作業主任者です。特定化学物質や技能講習を修了した人の中から選ばれます。事業者によって選ばれなかった人は、技能講習修了をしたというだけであり、特定化学物質作業主任者だと自分で言うことはできません。

工場などの特定化学物質を使っている場所にて、作業する人が物質に汚染されないように作業の方法の仕方を教えたり、装置の設備の点検をしたりします。受験資格は18歳以上です。

宅地建物取引士

宅地建物取引士とは、宅建士とも呼ばれています。国家資格であり、建物を売る時や買う時、交換したり、借りたりする時の取引に関連する資格です。

建物を買う人の利益を守るために、公正な事務処理をするものです。言ってみれば、不動産取引の専門家です。

小規模ボイラー取扱者資格

ボイラーを取り扱うための技能の講習を終えた人。小型ボイラーの特別教育を修了した人をこのように呼びます。就業制限に関係なく、小さな規模のボイラーやそれに関する作業を行うことが許されています。

講習は2日間です。簡単な試験をしますが、ほとんどの人が合格します。普通に講習を受けていれば、落ちることはまずないでしょう。

まとめ

https://www.shutterstock.com/

https://www.shutterstock.com/

30代から取れる資格は、まだまだあります。今現在の仕事に不満を感じていたり、憧れの職業があるような人は、転職のためにも新しく免許や資格を取ってはいかがでしょうか。

いずれ自分の将来において、無駄だと思うような資格はほとんどないはずです。まさかこんなところで役に立つなんて!と思うような資格や免許も案外多いものです。


それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

-転職
-

Copyright© ORETTE.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.