見た目も性格も悪くないのに・・・なぜか女性にモテないのはどうして?1,082 views

見た目は悪いくないのに、なぜか女性から人気のない男性っていますよね。もちろん顔だけではないのは分かっていますが、女性に人気がないということはそれなりの理由があるはず・・・。自分当てはまっているところがないか今一度チェックを。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

回りの男性と比べて顔も悪くないのに・・・なぜかモテない人っているものです。
確かに自分より、顔もスタイルも悪い男性が良い女を連れて歩いていると、ちょっとヒガミみっぽい気持ちになってしまうかもしれませんね。
どうして自分がモテないのかを追求すれば、改善策も見つかりモテ男に変わる事だって可能!
今回は、見た目も性格も悪くないのに・・・なぜか女性にモテないのはどうして?をお届けします。

収入が少なく、デート代をケチっている

お金が無い男がモテないのは、残念ながら事実。
イケメンだったらお金なくても良いなんて言っている女はダメンズウォーカー。
いわゆるサゲマン女なんです。
どんなに格好よい顔をしていても、アラサー男性であれば貯金もある程度あり、デート代も自由になる人でいて欲しいというのが女性が求めている本音です。
お金がなければ、自然とデート代をケチることになり、会う回数が減るということに繋がります。
出会いがあってもお付き合いになかなか発展しないという状態になってしまうのです。

会話の引き出しが少ない

顔が良くても話しが面白くない男性って魅力が半減します。
女性は「イケメン」ってだけで、相手へのハードルを高くするもの。
イケメンは話だって面白いだろう!イケメンはモテてきたのだから女性への扱いが上手いだろう。そんな風に勘違いしている女性も多いんですよね。
自分がちゃんと相手に合わせた会話が出来ているのかをもう一度チェックすることで、確実にモテるイケメンに変わる事ができるかも!
本屋さんで、女性への接し方のハウツー本などを寝こそ読みまくり女性心理を勉強するとより効果があがるでしょう。

消極的すぎる

顔が悪くない男性って、女性に若いときからモテたりする人も多いんです。
ですから、自分が積極的に誘わなくても、女性の方から声が掛かったり、飲みに誘われたりなんて事も沢山あったのではないでしょうか?
でも、アラサー女性は消極的過ぎる男性に魅力を感じません。
もっとガツガツ来て欲しいと本心では思っているのです。
「デートしよう」「俺は可愛いと思っているよ」「次はいつ会えるの?」という言葉をデート中に必ず言ったりするのも必要かも。
顔が良い人が何も言わないと「私に興味がないんだわ」と引いてしまう女性も多いもの。 好意を伝える時は、大げさくらいで丁度良いと考えてもっと積極的に行動しましょう

一人暮らしじゃない

30代男性は結婚適齢期だと世間では言われます。
そろそろ結婚のタイミングじゃない?と思われている男性がいつまでも実家暮らしをしていると、この人は結婚しても何もしてくれない人なのでは?と敬遠されます。
共働きをして結婚を続けるカップルが多いですが、何も出来ない男性と結婚すると自分が苦労するから嫌だなと思う女性もいます。
また、マザコンなんじゃない?いつまで甘えているの?大人のクセに・・・と結構酷いことを心で思っている女性も沢山います。
一人暮らしをしないだけで、顔が良くても全くモテなくなるのは、こういった女性の本音があるからかもしれませんね。

いかがでしたか?
今回は、見た目も性格も悪くないのに・・・なぜか女性にモテないのはどうして?を見ていきました。
若いときは顔がよければモテる事もあったかもしれません。
ですが、年齢を重ねたアラサー男性は、色々なポイントをある程度全てこなせる力を持つ事が求められ、基準に達していない男性は女性からあからさまに切り捨てられてしまいます。
自分にとって何が足りないのか、どこを補えば寄りすばらしい人になれるのかを研究する事も忘れずに!
素敵なアラサー男性になれるように頑張って行きましょう。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

亀ぱんだ

亀ぱんだ

朗らかおおらかいつもニコニコ!亀ぱんだです。
色々な人と知り合うことで人生をジェットコースターのように生きてきました。
色々な考えを持つ人がいて、だからこそステキな出会いが会って。人間っていいなって心から思います♪貴方の心を癒せるようなそして、ステキな恋に導けるようなそんなライターになりたいなと思います。よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る