どんなダイエットも挫折したメタボ男子の引き締め計画2,234 views

昔は割れてた腹筋も今となってはどこへやら。ダイエットは色々試してみたものの失敗&挫折の連続・・・。そして今となってはまんまるお腹。今回はそんなメタボアラサー男子が、ちまたで噂の着るだけダイエット効果「TEKKINシャツ」を着てみた記事をお届けします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぽっちゃり&メタボ男子なら、「引き締めながら、ダイエットをしたい!」と思うはず。でも、忙しく働いていると、筋トレもなかなか続けられません。ちょっとぽっちゃりしてきた私。「春は健康診断もあるし、夏までには引き締めしたい!」と思っていろいろ試したんですが……。

2年で10kgの激増!?

現在、168cm76kgのぽっちゃり男子、28歳です。

私は大学卒業後、4年間は肉体労働の現場で働いていました。当時の体重は63~64kgくらいだったかな。でも、「せっかく大学を卒業したんだから」と、周囲からの勧めもあって、26歳でデスクワークの仕事に転職してから、体重に異変が……。2年間で13kgも増えてしまいました。体重が増えたことは仕方ないのですが、衝撃を受けたのは春の健康診断。医師からキツ~い一言を浴びせられました。

「ちょっと体重が多いですね。メタボかもしれないので、ウエスト測りますね。あ~、85cmか……こりゃ痩せなきゃダメですよ。」

“グサリっ”と、ハートに言葉が刺さったような気分になりました(泣)体型の変化は少し止むを得ない気もしますが、健康に害があるとなると話は別。しかし、私の意志の弱さが邪魔をして、なかなかダイエットには結びつきませんでした。

TEKKINシャツなら無意識で引き締め!?

私の弱点は意志の弱さ。たしかに、「ダイエットに必要なのは強い意志」と言われます。でも、「ラクして健康的に引き締めながら痩せたい」という思いもあり、頭の中で葛藤が始まるんです。そんなときに、引き締め効果が期待できる「TEKKINシャツ」に出会いました。

補正シャツを着ることで着圧しながら姿勢を整えて筋肉を刺激し、常時加圧トレーニング状態になる。これがTEKKINシリーズの魅力だそうです。カラーは、より痩せて見えるブラックと、Yシャツの下から着られるホワイトをセレクト。

早速着てみると、お腹と胸の下あたりに圧迫感がありました。オフィスで使うときは少し苦しいのですが、トイレの鏡で自分の姿を見ると、いつもよりも引き締まって見えます。「これが着圧パワーか!」と驚いてしまいました!

筋トレ効果が得られる!?

TEKKINシャツですが、慣れてくると着心地も自然になってきます。長時間着ていても違和感がなくなってきました。腹筋や大胸筋が持ち上げられている感覚は、まるでトレーニングの一環のような感じになります。

実は、筋肉を意識するだけでも少しトレーニング効果があるらしいです。TEKKINシャツで引き締めが期待できるのは、脳も関係しているのかなと思いました。いつも通り働いているだけでちょっと強くなれそうです。

また、TEKKINシャツに着慣れてきてから、加圧トレーニングと同じ効果が得られるかと思い、ちょっとだけ腹筋運動を始めました。普通のシャツで鍛えるよりも、腹筋に効いているような感覚があります。「トレーニングしなくちゃ!」という気持ちにさせられるだけで、十分に効果が出ているようにも感じました。

通気性もよい!?継続して使いたい

TEKKINシャツに加圧される感覚はありますが、下着としての使い心地も悪くありません。涼しげな感じもあるので、通気性の面もよいと思います。また、臭い対策も施されているからか、汗の臭いも気になりません。「スメルハラスメント」が気になり、普段からデオドランドスプレーを使う私ですが、夏場を乗り切るためにも困らなそうです。

ちなみに、TEKKINシャツを着始めてからは同僚からの印象も変わったようです。まだ着用し始めて日も経っていませんが、「猫背直った?」「ちょっと痩せた?」と同僚からも聞かれるケースも。実際に体重が減ったわけではないのですが、姿勢が良くなればダイエット効果もアップするはず。引き締まった男子を目指し、今後も続けていきたいです!

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ORETTE.jp 編集部

ORETTE.jp 編集部ORETTE.jp編集部

女心を掴みたい男性を応援するメディアです。自分を磨いて、パートナーとの楽しい時間を過ごせるリアルで価値ある情報を提供していきます。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る