【連載】もっと私をじっくり見て♡~官能に火をつける~3,682 views

「秘すれば花」のオンナのカラダ? こんにちは、ラブコラムニストのラヴィンみやです。 「ねぇ、私をちゃんと見て」 すれ違う胸の大きい女性を目で追ったり、見えそうで見えないミニスカートの太ももをチラリと見たり、本能の従っていきている男性のみなさま? 男性は、視ることで興奮する生物です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「秘すれば花」のオンナのカラダ♡
こんにちは、ラブコラムニストのラヴィンみやです。

「ねぇ、私をちゃんと見て」


出典:http://weheartit.com/

すれ違う胸の大きい女性を目で追ったり、見えそうで見えないミニスカートの太ももをチラリと見たり、本能の従っていきている男性のみなさま♡
 男性は、視ることで興奮する生物です。そこを手伝って男性向けのポルノは大盛況。
さらに、男性は性的な想像力も逞しく、好きな女性の裸やセックスをイメージするだけで興奮できるステキな習性をお持ちです。
 では、女性はどうかというと、自分が性的な対象として認識している男性に視られると興奮する生き物です。
大切なのは「『自分が性的な対象として認識している男性』に視られた時」だけ興奮するということ。
ここが、大きな違いです。
ですから、女性を見つめるときには注意が必要ですが
見つめることをキモチいいセックスに応用することができるのです。

女性の官能に火をつける


出典:http://weheartit.com/

ということで、男性のみなさま♡
好きな人とセックスするときは、とにかく「視る」こと。
そうすることで女性の官能に火をつけることができるのです。
そんな簡単なことで官能に火をつけられるの?と思いました?
そうなんですよ♡
見つめる力を侮るなかれ!

でも、多くの女性がセックスの時、目をつぶってしまうんですよね~!もったいない!
ではどうしたら「見つめる力」を最大限に活用して女性の官能に火をつけることができるのか♡

見 つ め る♡

「官能に火をつける」ためにできることは、「デート中からとにかく見つめる」こと。
目の前に座ることが多いことと、食事とセックスは密接に繋がっていることから
特におすすめなのが、食事中。
口にモノを入れる、人間の欲求を満たす、というその根底は同じところからきています。
好きな人に見つめられて恥ずかしがったとしても、嫌な気持ちになる女性はいません。
「どうしてそんなに見るの?やだー♡」と言われたら、こう答えましょう。
「見てたいから。」「かわいいなーと思って。」
決して、「見つめると興奮度が高まってこのあとするセックスが盛り上がるんだって」と言ってはダメですよ♡
それくらい言える関係なら、面白いかもしれませんが。

とにかく「見つめる」

食事中に限らず、話をする時、聞く時、街を歩く時、いつでも隙あらば見つめてみましょう。
先ほども書きましたが、好きな人に見つめられて嫌な気持ちになる女性はいません。
「目は口ほどにモノを言う。」
ですから、目には彼女への思いが明確に現れるでしょう。
もし本気で嫌がられたら、女性はあなたに対して心を閉ざしている可能性と、関係性がうまくいっていない可能性があります。
その時は、はっきり言ってキモチいいセックスができない可能性が高いので見つめて感度を高めるどころの話ではありません。

目には力があります。
思いを伝える力があります。
あなたの興奮の炎を宿した目にも、女性の官能に火がつきます。
何でもない男性に見つめられたら、恐怖ですが好きな男性に見つめられたらとろけます。
どうぞ「見る」ことを官能的な行為として大切に扱ってみてください。

肝心のセックス中の「見つめるお話」は次回に♡
ではでは、キモチいいセックスを♡

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ラヴィン みや

ラヴィン みや

1日で97000PVを集める人気の性愛コラム、「東京ラブコラム」を執筆するラブコラムニスト。
女性の性や生を表現する水彩画家でもあり、30年に渡り、絵や文章で自分を表現し続けている。女性が、自分らしい女らしさに目覚めて 幸せにキモチよく生きていくことは 男性にとっても歓び。女として生きること、そして セックスが 女性と男性をつなぐものであり 心と体を満たすものであるように日本のセックスが悦びだらけになりますように。

【活動履歴】
◆日刊ゲンダイ「私のヰタ・セクスアリス」掲載
◆東京ときめきアカデミー恋愛セックス担当講師
◆「Rebirthing〜Love My Vagina」を花と絵のコラボ展として、代官山のUPSTAIRS GALLERYにて開催
◆個展「密やかな戯れ」を東京雑司ヶ谷のBar Tsujiyaにて開催
◆「聖なる性の性教育講座」のためのイラストを提供。
◆女性向けセクシャルセミナー「女神のたしなみセクシャル講座」開催
◆女性向け恋愛セミナー「女神のたしなみラブ講座」開催
◆女性向けセミナー「魅たされ女子のつくり方」コラボ開催

カウンセラー メンタルケア心理士 恋愛/セクシャル講座講師 インナーチャイルドワーク アートWS講師

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る