彼氏に「可愛い」と言われたい!そう思う女性が見せるサインとは2,812 views

可愛いと言われたい女性は多いです。彼氏や好きな人に対しては、特に女性はそう思うでしょう。そのためにサインを見せるようなこともあるのです。女性が可愛いと言われたいからこそ見せるサインとは、どういうものなのかについてお伝えしていきましょう。

出典:http://weheartit.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

可愛いと言われたい女性は多いです。彼氏や好きな人に対しては、特に女性はそう思うでしょう。そのためにサインを見せるようなこともあるのです。女性が可愛いと言われたいからこそ見せるサインとは、どういうものなのかについてお伝えしていきましょう。

腕ギュウをする

出典:http://weheartit.com/

出典:http://weheartit.com/

好きな人や彼氏に対しては腕ギュウをして甘えるようなことをします。これにより可愛いと思ってもらいたい気持ちが女性にはあるのです。可愛い!と男性が口に出すことはあまり無いかもしれませんが、そう思ってもらえたらいいな…と女性としては思うでしょう。
好きな人や彼氏に対しては、近付きたい気持ちもありますので腕ギュウをして出来るだけ可愛さをアピールしようとします。守ってあげたいと思われるように、自分なりに演出をしていることもあるのです。
男性としても腕ギュウをしてくる女性を可愛いと思うことはあるでしょう。「○○ちゃんって可愛いね」と言うようなこともあるかもしれません。そうなれば、女性としては狙い通りになりますので、嬉しい気持ちになるのです。

「声が聞きたくて」と電話をする

好きな男性や彼氏に対して電話をした時、男性の方から「どうしたの?」と言われることもあるでしょう。そういう時には女性の方から「○○くんの声が聞きたくて」と言うこともあるでしょう。
これを言うことにより、女性らしさを感じて男性は、可愛いと思うこともあるでしょう。そして「可愛いね」と言われたい気持ちを女性としては持っていますので、それを言われたいという願望から「声が聞きたくて」と伝えるのです。
女性としての可愛さを見せるには、こういう言葉を言うといいということを分かっている女性もいるのです。これも一つの作戦と言えるでしょう。こういう言葉を言うことで、可愛いと言われたいという思いを持つ女性は多いです。

自分のドジ話をする

自分がドジをしてしまったという話をすることもあるでしょう。好きな人に対してそれを言う事で「可愛い」と言われたい思いもあるのです。ドジをしてしまった話をして、ただ「ドジだなぁ」と笑われてしまってもいいという思いを持つ女性もいます。
そう言われることが嬉しいようなこともあるのです。自分のドジ話をするのは、どうでも良い男性だからではなく、好きな男性や彼氏相手だからこそです。そういう相手には自分のドジなところも知ってほしいと思うのが、女性心理です。ギャップを見せたいという思いもあるでしょう。
ギャップを見せて自分の魅力をアピールするという思いもあるのです。自分のドジ話にをすれば、それにより相手と近付けると思う気持ちもあるでしょう。

そっと肩にもたれる

いわゆる肩ズンと言われるものですが、映画館や電車などでもこういうことを男性にさりげなく出来る女性がいます。これをされると男性は頼れられていると感じて、とても嬉しい気持ちになるのです。
素直に甘えてくれていることに対して、幸せな気持ちを持つでしょう。甘えてくれる女性に対して可愛いと思うこともあるのです。可愛いと言われたいからこそ女性としては甘えるようなことをするのでしょう。
女性がこのようにしてくれた時には、「○○ちゃん、可愛い」と男性が言ってあげると、女性はかなり心を許してくれるでしょう。

まとめ

好きな人や彼氏には可愛いと言われたいのが、女性の心理としてあるのです。それを分かって、言うべき時には言える男性は自然にモテることも出来ますので、ぜひ女性がそう言って欲しそうな時には、可愛いという言葉を伝えてあげるようにしましょう。
欲しい言葉をくれる男性は、女性から見て魅力的です。そして、それにより二人の距離も近くなり、今まで以上に仲良くなることが出来るでしょう。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

香月 みほ

香月 みほ

B型の好奇心旺盛なライターです。
恋愛や男女の心理についての文章を書くことが好きです。
日々様々なことを吸収しながら、お役に立てる情報をお届けしていきたいと思っています。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る