食べ歩きデートにおすすめのエスコート方法! ~女性のキモチ~1,761 views

食べ歩きデートにおすすめのエスコート方法! ~女性のキモチ~
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食べ歩きデートでは彼女と美味しいものを沢山食べられる上に会話も弾み、お互いの距離を縮めやすくなります。
そんな理由から、付き合いたてのカップルには特におすすめのデートです。
そんな楽しい食べ歩きデートですが、ただ美味しいものを沢山食べて満足するだけではいけません。
彼女がときめくようなエスコートをしてさらに2人の距離を縮めましょう。
今回は食べ歩きデートでのエスコート方法と女性の気持ちを合わせてご紹介します。

女性の好みにあった物をチョイス


出典:http://weheartit.com/

デートでの食べ歩きの際は、できるだけ食べやすいものを選びましょう。
彼女が大口を開けないと食べられないようなものやガッツリ系の食べ物は出来るだけ避けた方が無難です。
特に女性はデートをする際メイクをしているので、リップなどが取れないような食べ物を多めにチョイスしてもらえると助かりますね。
あとは、食べる物を勝手に決めてしまう人がいますが友達同士なら良くてもデートでは気を付けて頂きたい事です。
食べたい物があれば、お店の前で「これなんてどう?」と一言彼女に聞くようにしましょう。
1回ごとに確認してくれるのは女性からすると嬉しいですし、自分の意見が言いづらい女性にとってもありがたいです。

食べ歩きの際も些細な気遣いを心掛ける


出典:http://weheartit.com/

デートでのエスコートはなんといっても相手への気遣いが大切です。
彼女が歩き疲れていないか、お腹がいっぱいになっていないかなど些細な部分に気が付くととても良いかと思います。
細かい気遣いが出来る男性は素敵です。
あと、食べ歩きの会計の際には男性が払うようにした方が良いでしょう。
どうしても細かい金額の支払いが多くなるので、そこまで割り勘にすることはしない方がベターです。
女性は男性にデートで奢ってもらいたいと必ず思っているので、そういう部分で男性らしく支払うと女性はときめきます。

座れるお店を事前にリサーチする

これは特に大事なポイントです。
食べ歩きのスポットを決めたら、その中で座ってお茶が飲めるようなお店を前もってリサーチしておきましょう。
歩くデートになると男性が思っているよりはるかに女性は疲れるものです。
女性は体力もないですし、少し食べて満足したら座れるようなお店に男性から向かうようにしましょう。
ポイントは疲れた後に休むのではなく、完全に疲れる前に休憩を入れることです。
そうすることによりデートが終わった後も、疲れた印象より楽しかった印象の方が強く残るようになります。
しっかり休憩をとりつつも美味しい物を楽しむ事がベストです。

距離が縮まるような行動をとる

食べ歩きでせっかく距離が縮まるようなチャンスをものに出来ないようではいけません。
人込みが多いような通りでは自分から手をつないだり、可愛い食べ物があれば顔を近づけて写真を撮ったり距離はいくらでも縮めることができます。
ハンカチを持って行き、彼女の口元に食べ物が付いてしまったら彼氏が拭き取ってあげるのも良いかもしれませんね。
デザートはシェア出来るものが多いので1つの物を2人で食べるのがおすすめ。
せっかくのデートなので彼女をドキドキさせることも忘れずに楽しみましょう。

まとめ

以上がおすすめのエスコート方法です。
意外と注意すべきポイントがありましたね。
食べ歩きデートの目的は、満腹になるまで食べる事でも歩き疲れるまでお店を巡ることでもありません。
楽しむために大事なことは相手を思いやる気遣いと、シェアするドキドキ感を楽しむ事です。
あくまでもオシャレに大人の食べ歩きデートを心掛けましょう。
しっかりとエスコートすれば2人の距離が縮まることは間違いありません。

また、もしあなたに彼女がなかなかできないのであれば「彼女ができない原因とイケメンでなくてもモテる男の特徴」もあわせて読んでみてください。
彼女ができなかった原因がわかって、今までの人生が大きく変わるきっかけになるかもしれません。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ORETTE.jp 編集部

ORETTE.jp 編集部ORETTE.jp編集部

女心を掴みたい男性を応援するメディアです。自分を磨いて、パートナーとの楽しい時間を過ごせるリアルで価値ある情報を提供していきます。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る