節約

スマホ代高くない?格安SIMに乗り換えるだけで5,310円も節約!格安SIMが絶対に良い理由とは?

投稿日:2017年8月8日 更新日:


大手キャリアよりも低価格で提供される注目の通信サービスである格安SIM。毎月の携帯料金が安くなるなら乗り換えたいけど、どんなものなのかよくわからない…という方も多いかと思います。

今回は今、携帯電話業界で注目を集める格安SIMとは何か?メリットやデメリット、各社のおすすめプランなどをご紹介したいと思います。

格安SIMとは?

そもそも格安SIMが何なのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか?

格安SIMとは、LINEモバイルDMMモバイルmineoなどのMVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれる事業者が大手通信キャリア(ドコモ、au、ソフトバンクなど)よりも低価格で提供しているSIMカードのことです。

簡単に説明すると、格安SIMと格安スマホは同じものと思っていただければ大丈夫です。(格安SIMカードで使うSIMフリーのスマホ=格安スマホということなります。)

なんで大手キャリアよりも安いの?

では、なぜ格安SIMは大手キャリアに比べて低価格でサービスを提供できるのでしょうか?

それは、大手キャリアから回線をまとめて借り受け、通信設備を維持したり、サポートするなど、様々なコストを抑えているからです。また、データ通信料や、通信速度も制限をすることで低価格を実現しています。

つまり、無駄なサービスをつけない代わりに安い料金で提供できるということです。ここでは分かりやすく電車の移動で例えてみましょう。

あなたが仕事や旅行などで東京から地方まで移動するとします。

もし、あなたが移動にかかる時間や快適さ、その他移動中の飲食サービスが重要だと考えるなら、サービス内容が幅広く整った新幹線のグリーン車を選ぶと思います。

しかし、あなたの目的が移動することだけにあり、移動さえできれば時間がかかっても良いし、他のサービスは必要ないと思うなら、新幹線ではなく値段の安い鈍行電車を選びますよね?

鈍行電車でも、もう少し早く移動したいと思ったら特急券を買って特急電車に乗り換えるなどサービスを付け足していくはずです。

この例えで言うと、新幹線のグリーン車が「大手キャリア」です。格安SIMは鈍行電車や特急電車と考えると分かりやすいと思います。グリーン車のように自分にとって必要のないサービスを無くす代わりに安いのです。

お分かりいただけましたでしょうか?これが格安SIMの大まかなな概要になります。では、格安SIMに乗り換えた方が良い人はどんな人なのでしょうか?

格安SIMに乗り換えて得する人はこんな人!

  • 電話をあまりかけない人(目安は通話時間が月に1時間未満)
  • WEBサイト(インターネット)をスマホで見ない人
  • キャリアメール(@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jp)を使わない人
  • 仕事ではスマホを使わない人
  • スマホの通信速度はそれほど重要ではないという人

上記の条件に当てはまる人は、格安SIMに乗り換えることで毎月の携帯料金が断然お得になるハズです。また、格安SIMには色々な会社や様々なプランがありますので、ちょっとでも当てはまると感じたかも、乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

格安SIMのメリットとデメリット

メリット

  • 月額料金が安くなる!(※例えば1ヶ月5GBまで使う場合、5,310円もお得に!)
  • インターネット・通話回線の品質はキャリアと同じ!
  • 最低利用期間が短い!(※2年縛りがない)
  • 今使っている電話番号をそのまま引き継げる!

格安SIMは音声サービスの有無、データ通信料に関する選択肢が豊富に用意されているので、自分に必要なサービスを選ぶことができます。

先ほどの新幹線と普通電車の移動手段の例で例えると、通信速度(移動時間)だけは速い方がいいから、グリーン車(大手キャリア)ほどのサービスまではいらないけど、鈍行列車ではなく特急列車の方が良いなぁ…など、自分の使用用途・目的にあった料金プランを選ぶことが可能です。

デメリット

  • 支払いがクレジットカードのみの会社が多い
  • 大手キァリアのような端末価格の割引を受けられない
  • キャリア関連サービスが利用できなくなる
  • 相談は来店ではなく電話かメールが基本になる

プランによりサービスは上乗せできるものの、キャリアメールや年齢確認などのキャリア関連サービスは受けられなくなるケースがあります。

重要なメールをインターネットメール(Gmailやyahooメール)ではなく、ドコモやauなどのキャリアメールを使っている為、変更が困難な人は事前にしっかりと準備をしてから乗り換えをした方がよいでしょう。

格安SIMに乗り換えて損することは、ほとんど無い!

格安SIMのメリットとデメリットについてお話をしてきました。結論から言うと仕事上、携帯で電話をかけることが多い人以外、すべての人は乗り換えたほうがお得です。

学生や主婦はもちろん、個人用のスマホを使っている社会人の方は、価格が圧倒的に安くなる格安SIMが絶対におすすめです!

しつこいようですが、格安SIMにすることで携帯料金の大幅な節約ができます。大手キャリアのサービスは普通にスマホを使っている人がすべてにおいて必要なサービスではありません。

もう一度、デメリットを見返して考えてみてください。

まず、LINEなどのコミュニケーションアプリやInstagram、Facebook、TwitterなどのSNSの普及により、メッセージでのやり取りが基本となり、以前のようにスマホで電話を掛ける機会は少なくなったと思います。今ではLINEで電話をする人がほとんどという時代にもなってきましたよね?

LINEモバイルという格安SIMはLINEやTwitterなどのコミュニケーションアプリをデータ通信料の消費なしで使えるので、SNSを多く使う人にとっては大手キャリアよりもサービスは整っていると言えるでしょう。

また、クレジットカード払いしかできませんが、むしろ固定費をクレジットカード払いにすることでポイントがたまり、実際に節約上手な人が実践している方法でもあります。速度制限に関しても、一般的な使い方をしているユーザーにはそれほど影響を感じない程度です。インターネットの閲覧は2~3秒くらいあればつながります。

動画やアプリのダウンロードに関しては、不便を感じてしまうかもしれませんが、頻繁にダウンロードをする方は、すべての格安SIMの中で一番速度が速いUQ モバイルがおすすめです。UQ モバイルは、au系の格安SIMなのでauユーザーには特におすすめです。

大手キャリアによる本体価格の割引きは受けられませんが、毎月の月額料金のことを考えればトータル的に安く済むので問題ないでしょう。このように、機能の面からみても、料金面からみても、一般的な携帯(スマホ)の使い方をしている方であれば、格安SIMは十分に満足できるお得なものなのです。

各社の格安SIM 料金プラン比較

先ほどいくつか紹介いたしましたが、一口に格安SIMと言っても各MVNOによって個性がありますし、プランも多様にあります。データ量を優先する人、通信速度を優先する人、通話料金を優先する人で選ぶプランは変わってきます。

料金プラン選びは、固定費の無駄を排除して必要なものを必要な分だけ消費するための節約の準備のようなものです。自分が何を必要とし多く使うのか、何が使えないと不自由で困るのかを判断し、自分にぴったりの必要なものがそろったプランを選びましょう。

au系やソフトバンク系の回線はそれほど多くはありませんが、auユーザーなら「mineo」「UQ モバイル」、ソフトバンクユーザーなら「b-mobile」がおすすめです。

それでは実際に各社の料金プランを見ていきましょう。

DMMモバイル

プラン名 月額料金 高速通信容量
データSIMプラン ライト 440円 不可
データSIMプラン 1GB 480円 1GB/月
通信SIMプラン ライト 1140円 不可
通信SIMプラン 1GB 1260円 1GB/月

DMMモバイルは、すべてのプランで業界最安値水準に挑戦しています。深く考えずに、とにかく安く済ませたい!という方には最もおすすめです。

DMMmobile

LINEモバイル

プラン名 月額料金 高速通信容量
LINEフリープラン (データ) 500円 1GB/月
LINEフリープラン (データ+SMS) 620円 1GB/月
LINEフリープラン (データ+SMS+音声通話) 1200円 1GB/月

今では使っていない人を見かけないほど、多くのユーザが利用するLINEが提供するLINEモバイル。コミュニケーションアプリによる通信料がカウントされないのが大きな特徴です!

LINEモバイル

mineo(マイネオ)

プラン名 月額料金 高速通信容量
auプラン シングルタイプ500MB 700円 500MB/月
auプラン デュアルタイプ500MB 1310円 500MB/月
ドコモプラン デュアルタイプ500MB 1400円 500MB/月

ドコモ回線とau回線の両方が選べて価格も安く、機能が充実しているMVNOです。auプランはSMSの基本料金込みでこの値段なので、コストパフォーマンスは抜群です!

mineo

格安SIM まとめ

今回の記事で格安SIMについて理解していただけたでしょうか?携帯(スマホ)などのサービスは使わないにもかかわらず、毎月料金だけかかってしまっているものが沢山あります。そこで、自分の必要なサービスにのみ料金を支払えるのが格安SIMです。

特に多くのMVNOがドコモ回線を使っているので、ドコモユーザーは選択肢も沢山あり、多くのプランが用意されています。どれにすれば良いかわからないかたは、今回ご紹介した中で、SMS(ショートメッセージサービス)料金まで含まれている、コスパ抜群のmineo(マイネオ)を選ぶのが良いでしょう。

月々の携帯料金を安く抑え、浮いたお金で好きな洋服を買ったり、好きな女性をデートに誘ったりすることもできますね。そんな格安SIMに乗り換え毎月の携帯料金を少しでも安くすることをおすすめします。


彼女が欲しいと嘆いているのであれば、「こりゃダメだ…彼女ができない人とイケメンじゃないけどモテる人の違い」を読んでみてください。

女性が男性に対して求めている理由がきっとわかりますよ!これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

-節約
-

Copyright© ORETTE.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.