マッチアラーム

エンタメ 男磨き

男一人旅。旅を彩る出会いを勝ち取るための工夫

投稿日:2017年11月20日 更新日:


幾つになっても旅とは良いものです。男性なら誰しも「男の一人旅」に憧れますよね。観光を楽しむもよし、秘境の温泉を巡るもよし、ふと思い立って海へ車を走らせるのも良いです。旅と言えど、小旅行と呼ばれる気軽なものや、国内、或いは国外旅行といったものまで選択肢は様々です。

そして、一人旅の醍醐味と言えば、旅先での出会いではないでしょうか。道中で、宿で、観光地で、レストランで。何処に出会いのチャンスがあるのかは分かりませんが、素敵な出会いに巡り合うための工夫というものが男の一人旅にはあります。今回は旅先での女性との出会いにフォーカスして、様々な出会いの工夫、きっかけをご紹介します。

宿泊先にはゲストハウスやドミトリーを選ぶ


宿泊施設というのは出会いの宝庫です。単身旅行のバックパッカーや貧乏旅をしている人の多くはこういった施設を寝床として利用します。最近は国内旅行の宿泊先としてもゲストハウスが人気ですね。

海外でも当然そういった傾向が強いです。そして旅先のこういった宿で同じ日本人と会えば、自然に会話が弾むものです。幾ら好きで一人旅をしている人でも、慣れない異国では寂しさや不安を感じるものですからね。

そしてゲストハウスやドミトリーには共有談話室などが備え付けられていることも多く、関係を深めるチャンスが結構存在するのです。完全個室のホテルや旅館は落ち着くかも知れませんが、コストは勿論のこと、出会いという面では圧倒的に弱いのです。

旅での出会いを求めている男性は、次の旅から宿泊施設の見直しをしてみてはどうでしょう。

一人でのツアーは出会いの穴場


国内ツアー、国外ツアー、体験ツアー、ガイドツアー、様々なツアーの格安販売が激化している旅行業界ですが、ツアーもまた、出会いのきっかけとしては人気です。やはりツアーに参加するとなると男性一人で、というのは少々気恥ずかしさのようなものがあるかもしれません。

しかしそれは女性も同じです。同じようにひとりでツアーに来ている女性に、それとなく話しかけて仲良くなれれば、そのままデートのような雰囲気になることもあります。ただし、難しいのが、あまり旅慣れしている女性には話しかけないということです。そういう女性は一人でのツアーを楽しんでおり、外野に邪魔されたくないという風に考えています。

でもそれを見分けるのって結構難しいですよね。ポイントになるのは、ツアーの概要です。例えば旅やツアーに慣れていない人がいきなり「ヨーロッパ1週間旅行」や「アジア10ヶ国を巡るツアー」といったものに参加する確率は低いでしょう。

反対に国内の、例えば日帰りの体験ツアーなどでは結構女性の一人旅もいますから、女性との出会いを重視したい男性にとっては比較的得るもののありそうなツアーとなりそうです。

勿論そういうことの楽しみは出会いではなく、第一にそのツアー、旅行を楽しむことにあるので、優先順位は間違えないようにしましょう。

アクティビティのある旅行先を行き先に選ぶ


旅先のアクティビティがどれくらいあるかというのが、現地での出会いの有無に大きく関わってきます。充実した観光施設、街並み、交通の利便性に優れた土地というのは旅をする上では快適です。しかし、反面刺激的な旅行、自然の満喫という意味では少し弱いのです。

人は自然が豊かな場所でこそ心が開放的になれるのです。都会の街中で知らない人に話しかけられたら怪しむかもしれませんが、自然豊かな場所だと心を許してしまう。日常から少し離れることでそういう気持ちになるのかもしれません。

また、そういうアクティビティが豊富な場所はフォトジェニックでもあり、カメラや写真という話題で話を始めることもできるので、コミュニケーション能力に不安がある人でも安心です。

国外ならば台湾やベトナムといったアジア、国内おすすめスポットとしては、北は北海道がオススメです。自然の宝庫ですし、日本なのに何処か海外のような壮大さを感じられます。それでいて札幌や知床、釧路、函館など旅に適した地域も沢山あるので、何度でも訪れたくなる場所です。

九州は福岡や長崎といったベタな場所をあえて避け、大分や、海を渡って沖縄に行くのが良いでしょう。女子旅などもブームですから、一人旅ではなく、二人旅をしている女性に会うことも珍しくありません。

移動中を大切にする


旅行中は移動時間も無駄にはできません。効率的な旅を目指すのであればレンタカーを借りて、行きたい場所に行って終わりです。しかし、あえて移動の手段に現地のものを使うことで、女性との出会いのチャンスを引き寄せることもできます。

オススメの移動手段、観光手段としては船があります。先ほど名前が上がった知床でも、知床観光船という船が出ており、多くの旅人が利用しています。また、船で行く離島ツアーなどもオススメです。

普段の生活において、船を頻繁に使う人は多くないです。気軽に非日常感を味わえますし、目的地までは必ず一緒の場所に居られる船という空間は、人との距離を縮める乗り物としては最適です。

移動をどうするかで旅のスピードは変わってきます。しかし、せっかくの旅なのですから、たまにはゆっくりと移動してみても良いのではないでしょうか?

プレゼント用の小物を持つ


外国人の旅人、観光客がよく使う手段がこれです。小さなキーホルダーや故郷のものを沢山持ち、旅先でお世話になった人にプレゼントするのですが、これが結構喜ばれます。

故郷のものであればそこから話も弾みますし、小物であれば貰った相手も旅の邪魔になりません。また、連絡先の交換にもプレゼントというのは有効です。

男性側がいきなり連絡先だけを渡したら、普通の女性は警戒してしまいます。ですが、プレゼント用の小物を小袋などに入れ、それと一緒に連絡先もさり気なく入れておけば印象も変わるでしょう。

現地で人との出会いを満喫するのも大切ですが、一期一会と言わず、どうせならその後も良い関係になれたら素敵ですよね。キーホルダーの他にはマグネット、お菓子、手作りのお守りといったアイテムなども喜ばれます。

SNSを利用してみる


最近は殆どの人がSNSを利用しています。旅をしている人もその例外ではありません。そしてこのSNS、旅先での出会いのツールとしてはとっても優秀です。自分が現在滞在している地域、側にある観光地などのキーワードで検索すると、同じように旅をしている人の投稿がヒットします。

そういった人との交流にも使えますし、最近は現地でフェイスブックページを作成して旅先での交流を図るということも流行っています。

このように、出会いの最先端はSNS上にあり、旅先で出会いを求めるのであれば、事前にその地域の近くで組まれているフェイスブックページがないかなどを調べておくと良いでしょう。

別の旅人と食事を共にしたり、美酒を酌み交わしたりという素敵な思い出ができるかもしれません。

積極的に声をかけていく


何と言ってもこれが大事です。旅先で気分が最高になっていて、色んな女性や、発見との出会いを求めていても、行動を起こせなければ何も始まりません。

旅の恥はかき捨て、ではないですが、普段は出せない自分を表に引っ張ってきましょう。一言何気ない挨拶をすることから、全ては始まります。出会いの場所はゲストルームかレストランか、はたまた世界遺産か。

何にせよ、自分がその縁を大切にしたいと感じたのであれば、迷わず最初の一言を口にできるようにしましょう。気の利いたことを言わなくてもいいのです。ただ自分が、旅を楽しんでいるということを素直に話せば、相手も自然に会話をしてくれます。そういうことの積み重ねで、素敵な会話が生まれるのでしょう。

終わりに

今回は旅先での女性との素敵な出会いのきっかけについてご紹介しました。一人旅の目的はそれぞれですが、自分が旅に出たいと思ったのならば、荷物を纏めるところから始めましょう。

誰も助けてはくれないし、もしかしたら思わぬアクシンデントに見舞われるかもしれません。しかし、一人旅は多くのことを学べますし、経験も積めます。一つの旅を終えると、一歩人間としても成長することができる。その中で、忘れられない出会いが一つでもあれば、とても素敵なことですね。

まとめ

  • 宿泊先にはホテルではなくゲストハウスやドミトリーを選ぶべき
  • 国内ツアーは出会いの穴場
  • 移動中も出会いのチャンスを見逃してはいけない
  • 観光船など、非日常を手軽に味わえる移動手段も有効
  • 旅の邪魔にならない小物を用意しておく
  • SNSでの情報収集は必須
  • 先ずは一言、声をかけることから全てが始まる

恋愛したい!彼女が欲しい!そんな方は、「彼女欲しい!!と思ったとき、「出会いの場」どうしてる??」を読んでみてください。

出会いは作る時代!少し意識を変えるだけであなたの求める恋愛はスタートできるんです!

合わせて「こりゃダメだ…彼女ができない人とイケメンじゃないけどモテる人の違い」も読んでみると女性が男性に対して求めている理由がきっとわかりますよ!これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

あなたにおすすめの他の記事



-エンタメ, 男磨き
-,

Copyright© ORETTE.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.