なぜアイツだけ・・・飲み会のお誘いが多い男性の特徴934 views

アイツだけやたらと飲み会の誘いが多い・・・俺とそんなに変わらないはずなのに、何でだ!?と思うこと、時々ありませんか?それはその人が飲み会に欠かせない存在になっているからです。では、どういう人がよく誘われるのでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲み会や合コン!
女性とお近づきになりたいと思う男性にとってチャンスの場ですよね。
でも、女性から声が掛かる男性と、全く誘われない男性というのがいるのも事実。
女性から飲み会の誘いが掛かる男性と、そうでない男性との間に一体どんな違いがあるものなのでしょうか?
今回は、なぜアイツだけ・・・飲み会のお誘いが多い男性の特徴をお届けします。

話が面白い男性

いわゆるギャグ専ですね。
周りの人を笑顔に出来るような男性を女性は好みますし、一家に1台じゃないですが、飲み会に一人は欲しい存在です。
エロトークや下ネタで笑いを取るのではなく、言葉尻をいじったりしながら楽しいトークを繰り出せる男性をつい誘いたくなってしまいます。
「面白い話が出来ないんだよな」と思う男性でも、明るく笑顔を忘れず会話に参加するようにするだけで、女性から「この人いるとなんだか楽しい」と思ってももらう事が出来るので、次の飲み会にも積極的にお誘いされるようになります。

引き出しが多い男性

色々な物事を浅くても広く知っている男性を飲み会に誘いたいと思う女性は多いものです。
男性は、どうしても得意な話題がスポーツや、政治、仕事というちょっぴり難しい会話を好みます。
でも、女性が好きな話題は、ダイエット、芸能、恋愛、占いという男性が最も苦手とする分野の話題なのです。
そういった話題にも、嫌な顔をせずに楽しく付き合える男性だと女性は話しやすいと好感を持ちます。
こういう男性は、次の飲み会にも誘われやすく自然と出会いも増えるものです。

女性の会話に共感する事が出来る男性

女性は、集団で生活する生き物です。
そのため、共感力が男性よりもずっと優れています。
たとえ、自分の考えてちょっと違うと思っても「わかる~」と言うのが女性なのです。
飲み会での会話で、自分の知識を披露したいと人の会話に口を挟みながら反論する男性も居ますが、女性には良く思われません。
飲み会では基本的に全ての話しに笑いか同調でやり過ごす事。
これが飲み会に誘わる男性になるためのポイントですよ!

誘っても害がない男性

こういう書き方をすると「冴えない男」を想像してしまうかもしれません。
女性の中には出会いを求めている人も居れば、そうでない女性も居ます。
楽しい話をして、一緒に飲めれば良いなと感じれ居る場合もあるのです。
そういう女性に対してガツガツ前向きな恋愛行動を起こしてもただの「害」にしか捉えてもらえません。
ですから、女性は飲み会に1人はそういう害の無い男性を呼ぼうとするワケです。
口数も多くなく、静かに話を聞いてくれるだけの存在。
一見つまらない男性に見えますが、こういう男性も女性の飲み会に誘われやすい人なのです。

フットワークが軽い男性

女性から誘われる男性は、フットワークが軽い人が多いです。
「今、○○で飲んでいるんだけど」と一言声が掛かれば、迷いも無く「いけるよ~」と答える。
女性からするとそういう男性ってとてもありがたいんです。
女性も男性と話がしたい日もあります。そういう時に携帯の履歴の中から飲み会に誘えそうな男性をチョイスするわけですが、誘っても断ってばかりの男性は「この人誘ってもどうせ来ないから」と連絡をすることもやめてしまいます。
どうしてもの事が無い限り、女性の飲みのお誘いを断らない方が誘われやすい状態を作る事ができるでしょう。

いかがでしたか?
今回は、なぜアイツだけ・・・飲み会のお誘いが多い男性の特徴を5つお届けしました。
出会いが無いという男性は、もしかして誘われにくい男になっているのかもしれません。
お誘いが多い男性の特徴を頭に叩き込み、飲み会の席で使ってみましょう。
今よりずっと誘われる事が増えて出会いもドンドン舞い込んでくるはずです。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

亀ぱんだ

亀ぱんだ

朗らかおおらかいつもニコニコ!亀ぱんだです。
色々な人と知り合うことで人生をジェットコースターのように生きてきました。
色々な考えを持つ人がいて、だからこそステキな出会いが会って。人間っていいなって心から思います♪貴方の心を癒せるようなそして、ステキな恋に導けるようなそんなライターになりたいなと思います。よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る