筋肉をつけるなら、筋トレ後に長時間走ってはダメなの知ってた?1,995 views

こんにちは! パーソナルトレーナーのゆきやです! あなたは筋トレした後に長時間走ってはいませんか? あることを知っていないと、せっかくついた筋肉も元の筋肉に戻ります。 筋トレしてもただ疲れるだけです。 このことを分からなかっただけでせっかく筋肉を増やしたのに、減っていきます。

ルームランナー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは! パーソナルトレーナーのゆきやです!

まず最初に質問です。

あなたは筋トレした後に長時間走ってはいませんか? 

あることを知っていないと、せっかくついた筋肉も元の筋肉に戻ります。 筋トレしてもただ疲れるだけです。
このことを分からなかっただけでせっかく筋肉を増やしたのに、減っていきます。
でもこれを知っておくと、何も心配なくいつものように鍛えることができます。
予防するだけであなたの筋肉は増え続けます!

世の中には、筋トレしていてもなかなか筋肉が大きくならない方もいます。

筋トレ後に長時間走っているあなた!聞いて下さい。

筋トレしてついてきた筋肉をエネルギーに変えるのはもったいないです。
どういうことかと言いますと、長時間走るというのは、無駄な脂肪をエネルギーに分解して、体脂肪を落としたり、肺活量をあげたりする効果があります。
痩せている人にはあまり脂肪がついていません。ですから痩せている人が長時間走るとエネルギーに変える脂肪がないので、筋肉を削ってエネルギーを作ってしまうということです。
走るときは全身の筋肉を使いますのでそれだけのエネルギーを必要とします。

長時間走るマラソン選手にゴツい体をした方を見たことありますか? 多分いないと思いますよ!
ですから痩せてる人は、せっかく鍛えても、長時間走ると筋肉を削りプラマイゼロになります。
でも足腰を鍛えるには走ることも必要ですよね? 必ずしも「走るな」とは言っていません。短時間で負荷をかけることをお勧めします!
それと毎日走るのではなくて、週に1回程度でよいです。 そうすることで、安心して筋トレをすることができます。
心配することなく筋肉を増量させることができます。 鍛え上げた筋肉を削ることなく、楽しく筋トレできるでしょう。
これはあまり知っている人が少なく、これで体作りに失敗してる方もいます。
これを認知できないと、いつまでたっても細いままの筋肉です。

モテる体、厚い胸板、大きい背筋を つけたいなら是非知って欲しいです。
必ず理想な体に変わると思います!
最後まで読んでくださってありがとうございました!

TRAIN ONESELF公式メルマガも始めました! もっと、詳しく肉体改造の仕方、筋トレの方法、 私の食生活を配信しております。
興味がある方はこちらより登録できます!
http://nomadiater-style.jp/url/lnk/train-oneself/

また、もしあなたに彼女がなかなかできないのであれば「彼女ができない原因とイケメンでなくてもモテる男の特徴」もあわせて読んでみてください。
彼女ができなかった原因がわかって、今までの人生が大きく変わるきっかけになるかもしれません。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

儀保幸哉

儀保幸哉パーソナルトレーナー

儀保幸哉 沖縄県出身 1994年9月生まれ(20歳)

《「諦めない」「継続」「正しい情報」「健康」「男女の美ボディ」「食事」》

自分の体格が醜いと思っている方は、世界中にたくさんいると思います。
男性も女性も。

男性なら厚い胸板、広い背中、バキバキの腹筋、シルエットのある腕、がっちりとした脚。

女性なら、美しいボディライン、美尻、美脚、クールな腹筋、正しい姿勢、カッコイイ体。

男女それぞれの目標としている理想なボディを、パーソナルトレーニングと僕のブランドで、必ずや手に入れて欲しい。そのためにお客様に全身全霊をかけてサポートします!

その手に入れたボディで素晴らしい人生を送ってほしい!
カッコよく、健康的であってほしいです!

それをふまえて決して曲げれない夢

「世界No1シェアを誇るプロテインブランドを作ること!」
質もよく、コスパもよく、肉体改造、健康維持、老若男女に貢献できるブランド。

「世界のフィットネス界で有名なトレーナーになる!」
正しいトレーニング、ストイックに、お客様が最高の体を手に入れるまで完全サポートします。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る